猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯛料理…すべて食べてあげよう

せっかく釣った鯛だから、美味しく食べてあげましょう。
我が家なんか、一匹釣ったら何日もご馳走ですよ。
039fc20130108_20130116162416.jpg 
014fc20121220.jpg新年早々、1月8日に鯛を釣りに行ってきました。
結果はshinnrikoが一匹をゲットして、かろうじて、勝利モードかな?

でも我が家みたいに二人家族だと、一匹くらいが、感謝して食べられる量ですね。

ちょっとずつ、美味しく料理してあげて食べてあげましょう。
我が家の猫のハピラキにもちょっとご相伴させてあげました。
それからまあ、グルメな猫になっちゃって…。
右の写真のように冷蔵庫の上に載って、鯛が登場するのを今か今かと待つようになってしまった。

ちょっと贅沢な猫。
君達もおいしいものが判るのね。
実は右のトラのラキはメジナは食べないの。
これまた贅沢猫だなあ。

さあ、我が家の料理ですよ。
実はやっと食べつくしました。

鯛といったら、やっぱり刺身です。
それも、釣った当日の刺身ではなく、2日くらい置いた方が美味しいです。
まことに甘みが回って、イノシン酸が旨みを最大限に引き出しています。
でも切り方が…ちょっと素人。
『鯛のおさしみ、鳴門の若芽と』
001.jpg 
鳴門のワカメもトッピング。
先ごろ、中国産ワカメを鳴門産と偽って流通させている業者があったみたいですが、これはお土産店で買ったもの。
高いお刺身ワカメです。
スダチが黄色くなってしまって、これはマイナスですね。

次の日も刺身ですよ。
『鯛のカルパチョ』です。
エキストラオリーブオイルと岩塩と粒コショウのみ
フェンネルとあさつきもトッピングしてますけど。
009 (2) 
013 (2) フェンネルだけにした方が鯛の繊細さが伝わったかもしれませんが、まあ、それはそれで美味しかったですよ。
カルパチョと一緒に食べたパスタです。
どちらかというとパスタは、アッサリ系に作ってしまうのが我が家ですが、口内炎と舌炎に苦しめられているshinnrikoはレッドペッパーは控えています。
プチトマトのぺペロンチーノですね。チキンも少し入っています。
カルパチョのオイルを絡めても美味しいですよ。

そして、ワウォ~ンと美味しい『鯛の兜煮』です。
一番美味しいところですね。
009.jpg
012.jpg特に頬の下、エラの横の肉、よく動くところの肉ですから、美味しいこと間違いなしですよ。
うろこが少し残っていましたが、やっぱり鯛ですね、臭みは出ません。
この時に、一緒に作ったのが、一体中身は何目入っているの…という卵焼き。
普通は卵焼きは巻いて作りますが、これは卵焼き器に具を入れてじっと待つ。
とにかく待つ、待つ、待つ、固まるまで待ちます。
焦げやすいので、味付けはだし汁で、甘みは控えます。
中身の具材で(実はおせちの煮しめのあまりです)勝負して、後で醤油餡をかけます。
わーい料亭のようなもの…?を作ってしまった。
…と自賛。

最後は『鯛そぼろのお茶漬け』です。
三枚にした中骨の肉をスプーンでかいて、甘辛いそぼろを作りました。
もちろん、だしは鯛の骨のだし汁です。
030_20130116162416.jpg 
中身が…。
フィッシングセンターの人が上手に三枚におろしてくれたので、あまり肉が取れませんでした…ううう、あまりにも僅か。
我が家が三枚におろしたら、この『鯛そぼろ』でしばらくアツアツご飯にかけて食べられたのですが…。
丸い粒はご存知ですよね。
京都のぶぶ漬けあられです。白髪ネギとゆずを載せました。
shinnrikoの舌がやられていなかったら、ゆずコショウを載せるところです。

『猫の額ほどの話』で当日すぐに食べちゃったメニューも載せますね。
『鯛のとろろ』、『鯛のかまのあぶり』
 072.jpg 068.jpg   
『鯛の潮汁』、最後に夫が釣った『キスの天ぷらと骨せんべい』。
 074_20130116162426.jpg 066.jpg 
美味しかったです。
猫達も鯛の味を覚えちゃったし、今度は夫のリベンジ大会でまた鯛を釣らないとね。

鯛一匹で大ご馳走でした。
今度も釣るよ~!!

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

サバ料理 釣れたら作って!

 027fc20120716.jpg先日から房総半島館山でサバを爆釣した夫と私shinnriko。
7月4日から食べ続け、もちろん毎日ではないですよ。
昨日冷凍庫のサバも完食しました。

釣りに行った日は7月4日と7月16日。
釣りの記事も見てくださいね(7月4日の記事はコチラ)(7月16日の記事はコチラ)。

サバは大衆魚というだけあって、いろいろな料理で楽しめます。
大衆魚は値段が安いだけでは大衆魚にならないのですよ。
美味しいから多くの人に愛されて大衆魚になったのですよ。
下の写真は釣りあげたサバです。
どれも40cmオーバーです。
ホンサバゴマサバです。
062fc20120716.jpg 095fc20120705.jpg

サバはとっても美味しい魚。
サバは大衆魚といっても最近は高価なサバがデパートに並んでいます ね。
有名なサバのブランドは大分の佐賀関の関サバ、神奈川三浦の松輪サバです。
でも自分で丸々と太ったサバを釣り上げたなら、これこそ極上サバですね。

本日はドド~んと並べますので、目で食してくださいね。

一番シンプル、そして間違いなく美味しい『サバの塩焼き』です。
002cook20120705.jpg 
これだけ太って脂が乗っていると、グリルの中でバチバチいいます。
それはそれは美味しい音です。

たぶん、一番美味しい料理。
『シメサバ』
釣ってから一日経ちましたので、生ではなく、さっと酢水にくぐらせました。
ほとんど締めてはいませんので、舌の上で甘さがひきたちます。
030cook20120717.jpg 
皮をあせってむきました、ちょっと剥げたのが残念。
酢と水を半々にしたものに、生のサバを10分ほど漬けました。
ほとんど、お刺身感覚です。

世の頑張っているサラリーマンのみんなが好きな、『サバの味噌煮』。
味噌がトロトロです。
魚の身もトロトロです。
隠し味に生姜をたっぷり、白髪ネギとカイワレを添えています。
049cook20120707.jpg 

大分で覚えた料理、『サバの琉球』。
サバの切り身を甘い醤油に漬けて、すりゴマを振ります。
ヅケ丼とは根本的に違う料理です。
021cook20120717.jpg 
この料理、何故『琉球』というのか…。
琉球の漁師さんが船の上で食べていた?
諸説あるようです。
関サバの代表的な料理です。

『サバの干物』です。
自家製干物は一晩夜露で乾かし、朝日を浴びています。
それだけでおいしそうでしょ。
皮の部分が香ばしいです。丸かじりしたいほど美味しいです。
海水と同じ、3%の塩水に一時間漬け、外に干します。
035cook20120718.jpg   
 
これも定番料理。
『サバの竜田揚げ』
ポン酢をかけていただきます。
これを食べると鶏のから揚げが空しくなりますよ。
008cook20120711.jpg  
付け合せはズッキーニとピーマン、パプリカ。
一緒に揚げると簡単です。

これを知っていると本当のグルメ。
『船場汁』です。
三枚におろした残りのアラを使います。
塩を振った中骨の部分を熱湯にくぐらせ、臭みを取り、大根と煮ただけです。
サバの匂いを大根が取ってくれます。
味付けはコショウのみ。
物足りなさを感じたら、薄口醤油を足してください。
あまりに濃厚な出汁にビックリします。
上にかかっているのは、引きたてのコショウです。
026cook20120717.jpg 
我が家にある懐石料理『辻留』の辻嘉一さん(1907年~ 1988年)の料理の本にありました。
サバの骨と大根のみ、何も足してはいけない料理です。
 
最後にサバの蒲焼です。
今年は連日ウナギの高騰の話題です。
なら、蒲焼をサバで作ってしまいましょう。
トッピングに九条ネギと糸唐辛子を載せました。
サバの身と甘いタレがウナギとは違った美味しさを感じさせてくれます。
005cook20120721.jpg 

いかがでしたか?サバ料理。
釣り魚でこれだけできました。
我が家にお招きできなかったのが残念です。
ゴメンナサイ!全部食べちゃいました。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン
GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ

アジ料理 釣れたら作って!

このところ、お天気が悪いですね。
釣りができません。
若い頃なら少々の雨でも出掛けましたが、この年になったら無理は禁物です。

今頃の季節になると、小鯵がサビキでいっぱい釣れます。
東京近辺では少々難しい。
房総あたりまで足を延ばす必要がありそうです。

いっぱいのアジです。
こんなに釣れたら、どういう料理にしようかと悩みます。
P1000834.jpg
大分では小鯵のことをゼンゴと呼んでいました。
お腹の固いウロコのゼイゴから呼び名がきたのでしょうか。

とにかく最近はアジが食べたくてしょうがありません。
今まで作ったアジ料理を載せることにしました。
アジでもいろいろな料理が作れます。

ある程度大きいアジだったら、塩焼きが美味しいですね。
とてもシンプル。
P1003269fc20120624.jpg 

中アジだったら、アジフライ。
定番の料理です。
P1000748fc20120624.jpg 
このアジフライはパン粉にパセリを混ぜました。

小アジだったら、下処理が少し面倒になってきます。
でもアジのマリネだったら、そのまま揚げて骨まで食べられます。
P1000148fc20120624.jpg 
我が家は頭を取りますが、頭を残してもOK。
ゼイゴは取ったほうが良いですね。

小アジをお寿司にしても良いですよ。
P1000134fc20120624.jpg 
これはバッテラのように切って食べようとこんな形にしましたが、握りにしても良いですね。

小さいアジだったら、フリッターに。
これはカレー味のフリッターです。
P1000396fc20120624.jpg 

shinnrikoのアジを使った究極の料理はコレ。
アジのさつま揚げ。
まことに美味です。でもとても面倒です。
P100098720120624.jpg 
中身にゴボウ、玉ねぎ、紅生姜を入れて三種類作りました。
面倒ですが、一度作ると忘れられない味になります。
レシピのほしい方、どうぞコメしてください。

もう一つ究極はアジバーグ。
ここまで作ると、言う事なしでしょ。
P1000100fc20120624.jpg 
照り焼き風ソースをかけています。
笑うほど美味しいですよ。

こんなのはいかがですか?
アジのカルパチョです。
P1000475fc20120624.jpg 
ハーブのフェンネルとあさつきをかけています。

アジといえば、たたきですね。
生姜を混ぜています。
食べる前にカボスを絞ってください。

P1000594fc20120624.jpg 

上の写真は大分風。
だけど房総だったら、こうなります。
アジの『なめろう』です。
なめろうは味噌を入れて叩きます。
P1000874fc20120624.jpg 

なめろうが余ったら、サンガ焼きにしてくださいね。
P1000886fc20120624.jpg 
これははっきり言って美味です。
お酒を飲む人はたまりませんね。

汁物だって美味しいですよ。
アジ団子の潮汁です。
P1000315fc20120624.jpg 
大根を入れることで生臭さが消えます。

shinnrikoのオリジナル、アジのパスタ。
干物のアジを入れてトッピングはチコリです。
P1000374fc20120624.jpg 

最後は骨まで食べてあげてくださいね。
子供は大好きです。
ビールのお供にも。
やめられなくなります。
P1000480fc20120624.jpg 

いかがでしたか?
アジ料理。
新鮮なアジでないと、こういう料理はできませんね。
釣魚料理だからできること。

明日アジ釣りに行きたいなあ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン 
GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ

メジナ、カワハギの釣り魚料理、食べて!!

魚はガンの抑制、予防になるという記事を別部屋に書きました。
やっぱり魚は救世主です。

どんどん釣っては食べ、釣っては食べしたいですね。

他の方の釣りブログを見ると、一番は刺身でしょ。
そうです、釣り魚は刺身が一番美味しい。
だけどshinnrikoは主婦ですので、少々手を加えた料理を並べてみましょう。

先月末からカワハギメジナが釣れました。

【メジナとウマヅラハギの香草焼き】
イタリアンでいただきましょう。
美味なお味ですヨ。
ニンニクと香草で焼きます。最後に白ワインと熟したトマトでソースを作ります。
ポテトとベランダで育った自家製ベビーリーフを添えて。
006 (2) 

【メジナのアクアパッツァ
こちらもイタリアン。
本当は貝も入るのですが、入らなくってもよいでしょ。
ケッパーが味のアクセントです。
バジルも一杯かけてくださいね。
009 (3) 

【ウマヅラハギとそのまんまピーマンのフリッタータルタルソース添え】
アメリカン?フリッターは洋風天ぷらです。
ふんわり柔らかな衣が繊細なカワハギにピッタリです。
 ピーマンは丸ごと揚げます。
017 (2) 

和風です。
【ウマヅラハギの卵の煮付け】
こんなに大きな卵がお腹に入っていました。
醤油、砂糖、みりん、酒で煮付けます。
003 (3) 

【カワハギの湯豆腐】
カワハギの旨みがそのままです。
009 (2) 

【カワハギの雑炊】
湯豆腐が終わったらでしょう。
015 (2)  

【カワハギ、メジナ、ウミタナゴの干物】
究極はコレ、干物 !
海水と同じ塩水(3%)で一時間漬けてから夜干しします。
朝になって、ほんのりテカリがでたら、できあがり。
002fc20120608.jpg 

【メジナの一夜干と豆腐と野菜の揚げ出し】
一夜干だけではおかずにならなかったので野菜も…。
039_20120608182019.jpg 

機会があったら釣り魚料理載せますね。 

ガン、成人病、ボケ症状、あらゆる効能があるお魚です。
何だか魚に治せない病気はないのではないかとさえ思ってきましたよ。

一杯釣って食べたいものです。
釣れればね!!!???

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへblogram投票ボタン  GyoNetBlog ランキングバナー

05/20のツイート釣り魚料理

アジの塩焼き、大きいです
shinnriko

『猫の家の晩御飯』先日佐賀関で釣った27センチのアジ。大胆にも、グリルで焼いた。当然、皿からはみ出る。アジはどう料理をしても美味しい。作り方はいつかまた。 http://p.twipple.jp/D4NV6
05-20 21:10

Googleマップ コピペでブログに貼り付ける http://t.co/0MsjbOO
05-20 10:06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。