猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川、ちょっとハードル高し

9月11日と12日、泊りがけで外房の鴨川へ行ってきました。

お泊りの様子は別部屋の『猫の額ほどの話』(手術前リゾート)を見てくださいね。

夫の夏休みは9月11日~13日までだったのですよ。
せっかくの休みだし、shinnrikoの入院・手術の前だし、楽しい事いっぱいしたいですもの。

それに、やっぱり釣果を狙うとしたら、外房に行けば大物が釣れるだろう!
と、すごい期待感で行ってきました。

九十九里の海岸はサーファー達がワクワクするような波が押し寄せています。
少しうねりもあり、サーファーは良いかもしれませんが、釣り師にとってはどうなのだろう…。

11日に下見をした鴨川港の弁天島です。
キャー恐ろしいところで釣りをしてますね。
カゴ釣り師の人です。
少々うねりが入っています。
009fc20120911.jpg 
竿を出すには、少し遅い時刻です。
何故なら、ホテルの食事が待っていますから。(ホテルの食事は『猫の額ほどの話』を見てくださいね、実に実に堪能しました)

ホテルの食事を済ませたら、夫婦で貸切露天風呂に入ろうと予約をしていたのに、夫は妻とお風呂に入るより夜のアジ釣りに行きたいと言い張る。
まあ、しょうがないです。
中年夫婦、今更二人でお風呂に入ってもね。

003use20120913.jpg ということで、夫はカゴ釣り仕掛けとアミコマセを持ってホテル近くの堤防に釣りに行ってしまいました。
私…1人では大きなお風呂、とっても贅沢に入らせていただきました。

ところが、私をおいて、1人で釣りに行くものだから、天の怒りだな、雷が鳴ってきたではないですか。
竿が避雷針になる釣りには、雷は天敵ですぞ、すぐに電話をして撤収させました。
とっても名残惜しそうに帰ってきましたけど、しょうがないでしょう。
雷には勝てません。
釣果は大アジ一尾。
写真?撮るの忘れていました。
帰ってから食べた天ぷらの中に入っています(右写真) 。

次の日の朝は昨日の雷がウソのような良い天気。
空は少し秋の雲になってきましたか?
鴨川港の弁天島は昨日よりましてうねっています。
233fc20120912.jpg 

実は今日も夫はまたもや独走。
夜明け前から弁天島の端でルアーを投げ続けていたらしい。
ご苦労なことです。
ショゴ(カンパチの子)が釣れるかと頑張っていたらしいですが、はみ出し行為はやっぱり駄目なのですよ。

何食わぬ顔で朝食に戻っていましたが…。
その後、ホテルをチェックアウト。
なもので、夫は今朝からこの場所は二度目です。

それでも今度はフカセ釣りですので、また新たな気持ちで釣るのでしょうかね。
219fc20120912.jpg 
shinnrikoも自分の仕掛けを用意します。
この時間がいつもとっても楽しいのですよ。
何が釣れるか判らない、とってもワクワクと期待しながら、仕掛けを作ります。

だけど、海面はコレです。
相当にうねっていますね。
シラス(泡のたっているところ)だらけですよ。
シラスの向こうにウキを飛ばすわけですが、ウキはすぐに手元のシラスの中でモミクチャ。
012fc20120911.jpg 
こういう時には、ガン球ですよ。
2Gを二つ付けてみました。
う~ん、それでも難しいなあ。

夫も場所を変えながら粘りますが…。
232fc20120912.jpg 

なんと、釣れたのは、この子。
021fc20120912.jpg 
バリバリバリのアイゴです。
この子は関東一円にいるのでしょうか。
和歌山あたりでは、アイゴ狙いの釣りが盛んらしいですが、このトゲトゲは我が家には手に余ります。
危険な君は海に帰ってもらいました。

相変わらず海はこの通り、時折やってくる大波に、なんとshinnrikoさん、頭から足まで波をかぶってしまいましたよ。
ふ~、海にボチャンしなくて良かったこと。
048fc20120911.jpg 
やっぱり、この海の様相ではハードルが高いか…。
まず、ウキのアタリが判らない。
お魚が銜えて少々沈んだのか、波にもまれて沈んだのか、どっちだ?

こういう時には、釣る前の期待感が大きかった分だけ、何だかつまらなくなってくる。
もちろん、こんな場所で大物を釣り上げたら、私の釣り人生の最も貴重な宝になるはずだけど…。

やっぱり場所移動だな。

鴨川から南下して、何箇所かの波止を回ったけど良い場所が見つからず、結局館山まで下りてきてしまった。
そして、房総半島のフラワーラインをぐるっと回って、落ち着いたのは、いつも行く州崎灯台下。
何のことない、内房じゃない。
117fc20120912.jpg
でもここはさすがに波はなし。
あまりにノペーとした海なので面白みに欠けますが、まあ良いでしょう、安全第一ということで、
うっすらと島が見えますが、伊豆大島ですよ。

遠くに見えるのが三浦半島。
何となく、落ち着く風景です。
121fc20120912.jpg 

すでに夕日。
夫の姿がシルエットになってしまう時間になりました。
118fc20120912.jpg 

それでも、こんな風にノンビリ座って釣りができるのは、波がないおかげでしょうかね。
018fc20120912.jpg 
何だか小物を釣り上げていますが、これはベラ。
夏の時期の内房はやっぱり、コッパが沸いています。
餌を投げると、バシャバシャバシャと寄ってきます。
小さいのが次々に釣れるので飽きませんけどね。

今度外房に行った時には、あの弁天島を攻略しますよ。
あんなにうねっていなければ、素敵な釣場です(いつもうねっているのかなあ)。
とにかく今度行く楽しみができました。
何を狙っているのかって?
イ・サ・キ。

入院・手術の為、またしばらく釣りには行けませんが、1ヶ月のガマンです。
今度こそ憎っき病巣ともおさらばですゾ!

どうやら秋の釣りシーズンには間に合いそうです。ワクワク。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

海の日の大サバと極小イワシ

009fc20120716.jpg本日は日本全国が休みの日。
海の日』です。

関東地方は海の日にふさわしいような晴天。
少々風があるので、釣りにはよろしくないですけど。
風速8メートルだって。

海の日には海に行こうなんていう酔狂な人は…我が家にとっては極力少ない方が良いのですよ。
夫さ~ん、何で、平日休みの人が祝日に休みになるの?
釣場が混んでいるじゃない。

あれやこれや考えて、三浦は観光客で混んでいるだろうから、少し遠いけれど館山まで足を伸ばすことにしました。
先日、40オーバーのサバが爆釣でしたから、気分の良い釣場、自衛隊堤防に行くことにしました。
途中の釣具屋で館山近辺の釣果を聞くと、富浦漁港でアジが釣れているということです。
夫の目がキラリ
こんな目をした時には気をつけなくてはいけない。
夫の血液型はB型、変なところで意地になるのよ。
最近は年をとったのでしょう。
それでも、少しはまともになってきましたけどね。

010fc20120716.jpgさあ、自衛隊堤防に行きましょう。
この間と違って、風がありますから、水面がザワメイテいます。 
それに、三連休の最後の日、混んでいますよ。 

我が家は混んでいる釣場は苦手。
変なところを気にするものですから、周りの方々にご挨拶。
横に入ってもよいかお聞きして、釣りを始めます。
要するに、小心者です。

仕掛けを準備して竿を出してみますが、先日とは違います。
なかなかウキは沈みません。
それでも夫のウキが先に沈みました。
グイーっと横に引っ張るこの引きは…。
013fc20120716.jpg 
サバですよ。
タモで上げると、なかなか立派なサバです。
これはホンサバ、美味しい方のサバです。
023fc20120716.jpg 

綺麗な空と海です。
入道雲が遠くに出ています。
夏の海です。
でも関東地方はまだ梅雨明けをしていません。
九州では大雨であんなに被害が出たのに、こちらはこんなに良い天気で申し訳ないです。
017fc20120716.jpg 

と物思いにふけっていたら、shinnrikoのウキもズボッと沈みます。
夫ったら、shinnrikoの魚とやり取りしている場面を撮ってくれないものですから、しょうがない、タモで上げたサバの写真しかありません。
でも、夫のサバより数段大きいホンサバです。
027fc20120716.jpg 
おみごと、shinnrikoさん(自分で言っています)。

大きなサバを二匹ゲットしましたので、食べる分はこれで良しと夫は思ったのでしょう。
実は先日釣ったサバがまだ冷凍室に残っています。

場所を変えたいと言い出した。
ホラね。
 
返事をする前に、またshinnrikoのウキが沈みます。
やったッ。
ドラグがギーギー鳴ります。
緩めては巻いて、緩めては巻いて。
やっと魚体が…。
なんだ?あのウロコは…。
大きなボラ。気分消失した瞬間に、ボラの勝ち。仕掛けごと切って、サヨナラです。
切られたのが運のツキかな?ここで、仕掛けを作リ直すより、場所を変えてみるのも一興です。
別に自衛隊堤防に拘る理由もないです。
アジ釣れるだろうと言われた富浦漁港まで行くことにしました。 

自衛隊堤防から北へ車を走らせると富浦漁港です。
なかなか美しい漁港です。 堤防でも何か釣れそうですね。
 035fc20120716.jpg

堤防そばに筏があります。
釣堀があります(わかりずらいですが、写真の中央あたりが釣堀です)。
釣りブロ友のネクラさんが行ったのはここのことでしょうか(ブログはコチラ)。
042fc20120716.jpg 

041fc20120716.jpg堤防ではチヌ狙いの団子釣り師が数名います。
団子釣りかあ。
この釣り方だと、絶対に何か釣れそうですが、少し勇気がいります。
だって、手で団子を握らないといけないでしょ。
私はアレルギー体質、絶対に手がアミかぶれになりますよ。
真横の団子釣り師のおじさんの竿が曲がります。
何だと思ったら、ヘダイを釣り上げましたよ。
ヘダイがいるんだ。
ということはマダイもいるにちがいありません。
俄然やる気が…shinnrikoはタナをグーッと深くします。
先ほどの自衛隊堤防ではカゴ釣り仕掛けでしたが、ここではフカセで勝負です。

右の写真の夫のお尻あたりに見えているビキニの女性が判ります?
ビキニで釣りですかあ。

こっちは焼けてはなるものかと長袖に長ズボン、顔にはホッカムリしているのに、今時の 若い者は大胆だな。
将来恐るべし。
全身シミお化けになるわよ~ン!!
それにね、こんな綺麗な海にはブヨがいるのよ。
おへその中ブヨに噛まれちゃうから。
…とおばさんが妬っかみ半分でツブヤク。 
038fc20120716.jpg
こんなにいい場所なのに、釣れませんねえ。
西日がまともに顔に当たる時間になっても、我が家はマダイどころか、ヘダイも黒鯛もメジナもウミタナゴもスズメダイさえも釣れません。
アレ…ココはアジが釣れるんじゃなかったっけ?

フカセだと、大概魚が寄ってくるのに、珍しい日だなあ。
来るのは、小さな小さな極小イワシだけ。
あまりに寄ってくるので夫がタモですくいだした。
恐れを知らない大胆行動に周りの人はビックリ、大笑いしていた。
よかった…怒る人がいなくて。
釣れないと、何するか判らないB型夫。

右隣で釣っていたおじさんがジャリメを持ってきてくれた。
「イワシはジャリメで釣れますよ」だって。
イワシ釣りにきたんじゃないのだけど…。
おまけに団子釣りのおじさんまで、ハリにスレガカリしたイワシを持ってきてくれる。
ホントに久しぶりに恥ずかしい釣りだわ。
釣れないと意地になる夫、こういう日はなかなか帰るって言わないのよね。
西の端に日が沈んでくれて、ようやく諦めてくれた。

帰り道の首都高環状線で、青く光るものがあると思ったら、いつもは赤い東京タワーが『海の日』の特別ライトアップ。
青い東京タワー。
053_20120717145830.jpg 
惜しいかな、デジカメで撮っていませんので(iPhonで撮りました)、手振れをおこしていますが、走っている車の中からよく撮れました。

帰ってから自衛隊堤防で釣ったサバを測ると、43センチ。
062fc20120716.jpg 
下の立派なサバがshinnrikoの釣ったサバ。
釣りブロ友のガキおやじさんがサバの刺身がウマイとおっしゃるので、明日は生で食べますか(ブログはコチラ)。

夫の釣った小さい方のサバは干物にすることにしました。
071fc20120716.jpg 069fc20120716.jpg
朝になって、できあがりを見てみると、美味しそうなテカリが出ています。
右側が意地になってすくっていたイワシです。
本当はメザシにするのですが、手抜きをしました。
アミの上に載せて干しました。
イワシの干物の完成です。
我が家の猫達の大好物です。
075fc20120717.jpg 
干しアミを風呂場で洗おうと思ってバスタブの中にいれておいたら、我が家のハピとラキが愛しそうにクンクン匂いを嗅いでいます。
君達にもイワシの一夜干をプレゼントするからね。
意地になって採った貴重なイワシよ~。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー 

普通にスーパーサバです

朝から良いお天気です。
西日本は大雨で困っているというのに、こちらは快晴。
釣りに行こうとする時刻はとうに過ぎていましたが、こんな良い天気に家の中で蒸し暑いといってエアコンをつけているよりましです。
さあ出かけましょう。

030fc20120705.jpg 本日は房総方面。
もう、三浦は釣れない!今回は見切りを付けちゃいました。
釣ブロ友のbambooさんの言うとおり、千葉はやっぱり魚影が濃いかな?
諦めて、足を伸ばしました。
でもきっと、三浦も負けない時期は来るわよ。

相変わらず、首都高は混んでいます。
もう少し早かったら、こんな渋滞はなかったかもしれません。
首都高4号をトロトロ走ります。
ちょうど三宅坂にさしかかっとき、前の車が急ブレーキ。
夫は判断力よろしくブレーキを踏んだのですが、後ろの車がボーっとしていたらしい。
ガシャッだって…。

事故の話は長くなるので、『猫の額ほどの話』のブログに書き込むことにします(記事はコチラです)。

とにかく、shinnrikoも夫も無事ですよ。
さっさと釣りに行くことにします。
東京湾ベイブリッジの木更津方面。
青空に雲、すっかり夏ですねえ。
さっきの事故なんて吹き飛ばそう。
010fc20120705.jpg 

途中のハイウェイオアシス富楽里に植わっているパッションフルーツです。
もう実がなっていました。
 パッションフルーツは南国の果物。
日本では沖縄や鹿児島が有名ですが、房総だって暖かい、ちゃんと実がなるのですね。
013fc20120705.jpg 017fc20120705.jpg
我が家の種から育っているパッションフルーツはまだ50センチくらいなのに…。
我が家はなりそうにありません。
昨年、鹿児島の鹿屋でいただいたパッションフルーツの種から芽がでました。
花は時計草の種類ですので、写真のようにこんな感じ?
真正面から撮ればイエス様の受難の花がよくわかるのに、shinnrikoの背が足りなかった。

富津館山道路の最終地点の富浦インターから高速を出て海岸沿いを車で走ると、空中が賑やかになってきます。
ヘリコプターがひっきりなしに離着陸しています。
自衛隊が近くなったせいですね。

その自衛隊の前の堤防が自衛隊堤防と呼ばれていて、このあたりでは有名な釣場です。
020fc20120705.jpg 
途中の釣具屋さんで「一日座っていればサバが釣れるよ」と聞きましたので、我が家の夕ご飯の食材の調達をすることにしました。
釣り師さん達がいっぱい並んでいますね。

今日はココデ釣りをしましょう。
サバですので、フカセではありません。
カゴ釣り仕掛けを用意します。
023fc20120705.jpg 
shinnrikoのウキです(半手作り品)。
左側にチョコットあるのが夫のウキ。

こんな体制で待ちます。
033fc20120705.jpg 
ですが…のんびりしている暇はなかった。

すぐに当たりが…大きいサバです。
これだけ大きいと力が強い。
久しぶりにドラグがギーギーなります。
今日はいつもの竿ではなく、2号の飛ばせる磯竿です。
リールもshinnrikoには重い4000番。
021fc20120705.jpg 
仕掛けは先日作ったはげ皮サビキの下に餌用の針を付けたものを仕様しています(ハゲ皮サビキの作り方はコチラ)。
とにかくサバ君ったら、一生懸命泳ぐなあ。

釣れましたよ、マサバです。
重いはずですよ。
040fc20120705.jpg 

shinnrikoが使っているカゴはコレ。
夫がカゴの下にハンダで錘を付けてくれました。
そして、臭いコマセを触らずにカゴに入れるのはこの注射器状?スポイド状?のものは必須です。
大概女性で釣りが嫌いなのはコマセが臭いから。
これなら、手に付かずに入れられますよ。
049fc20120705.jpg 

購入時はこういうパッケージです。
525円はこんなものでは高いのですが、私にはなくてはならないものですねえ。
P1001158.jpg 

ボーっとする間もなく、またもや釣れます。
このサバは点々があるので、ゴマサバかな?
それでも大きい。
057fc20120705.jpg 

海の様子はこんな感じ?
やっぱり夫の方が飛ばせるのですよ。
夫が50メートル、shinnrikoが30メートルくらい?
035fc20120705.jpg 

解説している暇はないですよ。
またもや竿がしなります。
062fc20120705.jpg 

これも大きいサバです。
061fc20120705.jpg 

サバは釣れたら、すぐにサバ折にします。
我が家はエラと内臓をその場で取ります。
ですので、夫は今日は大忙し。
shinnrikoは手が臭くなるので、そんな野蛮なことはしません。
釣るのと写真撮るのみに徹するのであります。
065fc20120705.jpg 
ばたばたと暴れるサバ君です。

ひさびさにクーラーが満タンですよ。
これ以上釣ったら、我が家は食べ切れません。
ここらで止めておきましょう。

取り過ぎないのもまっとうな釣り師ですよ。
shinnrikoが4尾、夫が3尾。
本日shinnrikoの勝ちですよ~♪
067fc20120705.jpg 

夕飯のおかずが釣れたので、自衛隊堤防を後にすることにしました。
それでも、まだ日は高いままです。

自衛隊堤防から沖ノ島方向へ行ってフカセ釣りをすることにしました。
076fc20120705.jpg 
釣り座から見た風景です。
真正面が三浦ですね。
右側には帆船が浮かんでいます。
船の名称?調べていないので判りません。

ここはコッパグレしかいません。
ですが、こんなにウキグレだと、フカセ釣りの練習にはなりそうです。
072fc20120705.jpg 

こんなにのんびりとした釣場です。
車を横付けできる関東では珍しい釣場です。
この右横が自衛隊です。
このくらいの石の堤防だとshinnrikoでも足場に恐怖を感ぜず釣りができます。
最近は足腰を鍛えていますからね。
写真に写っているのは投げ釣りの人です。
キス釣りでしょうか。
077fc20120705.jpg 

海辺のどこにでもいる可哀相なノラの猫ちゃんがやってきました。
083fc20120705.jpg 
この子は毛並みがいいですね。
大きな(猫から見たら)メジナをもらえて大喜びです。

1日早かったのでよかったのですが、次の日からトライアスロンの大会があるみたい。

087fc20120705.jpg 

日暮れ前に帰ることにしました。
ここからは、首都高が混んでいなければ2時間で帰れます。

帰ると、このお魚達をどうにかしなければ、三枚におろして、明日食べる分を残して、冷凍にすることにしました。
もう少し保存状態が良ければスジメにしましたが、ゴマサバが多いので煮炊きする方がよさそうです。
料理をしたら、またご紹介します。
090fc20120705.jpg 

大きいのを計ると40cmオーバーです。
095fc20120705.jpg 
やったね。
これでしばらく晩御飯のおかずはゲットです。

スーパーに並ぶぐらいのサイズのサバということで、スーパーサバ。
すごいという意味じゃないのよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン 
GyoNetBlog ランキングバナー

わははの大漁in館山 外道でも

わはは、大漁だって…。
我が家にしては…ですけど。

前回の釣行が完全ボーズとなった、我が家の釣り。
おまけに夫の大事な磯竿まで折ってしまった。
熱海くんだりまで、竿を折りに行ったなんてね。
 
今回も懲りない釣り好き夫婦。
西がダメなりゃ、東へ行くさと館山まで足をのばしました。
おかげで、じゃ~ん!

尾長ですよ。
エラブタのところが、完全に黒い線が入っています。
047fc20120525.jpg 

家に帰って計ると、32センチ。
クチ太メジナに比べて細かいウロコ、少々はげてしまいましたが、りっぱに茶色の雄雄しい魚体です。
097fc20120525.jpg 

shinnrikoだって、手のひら~足裏サイズは山ほど釣りました。
子供達はみんな海にお帰り願いました。
以上が本命。
005fc20120525.jpg 

そんな太っ腹な釣りをしたのも、美味しい外道が、これもお子様は海にお帰り願うほど一杯釣れたから。
002fc20120525.jpg 

ジャーン!ウマヅラハギ
shinnrikoが今持っているサイズで30センチ強。

007fc20120525.jpg 
これは本家カワハギ
嬉しさのあまり、変な顔で笑っています。
 
そんな外道が何匹も…。
107fc20120525.jpg 

外道中の外道も何匹も…アイゴ、それも特大です。
関西特に和歌山あたりではアイゴを沖漬けにして食べる、とシロモッチ城本 尚史プロ)が言っていました。
shinnrikoは恐ろしいので、こんな下の方でしか写せません(怖いので腰が引いています)。
これは眺める間もなく速攻帰っていただきました。

009fc20120525.jpg 

ということで、スカリの中は外道だけど高級魚の獲物で一杯。
久しぶりだあ。
 
帰還させた魚を入れると、何十匹釣ったのだろう。
079fc20120525.jpg 

ここは館山、『州崎灯台下』という釣り場です。
当然地磯。
管理してくれている場所ですので、1000円の駐車料金を払いますが、綺麗なトイレもあります(これが重要なのだ)。

写っているのは、州崎灯台
053fc20120525.jpg 

こういった、岩礁のかけあがりが、あるところです。
いかにも...いそう…でしょ。
036fc20120525.jpg 

こんなに平たい岩ですので、shinnrikoでも釣ることができます。
岩肌は滑りますので、磯シューズは必要です。
手元に岩や海草がありますので、油断すると、ひっかかります、ちょっとコツはいります。
021fc20120525.jpg 

平日ですが、釣り師さん達はそこそこいました。
でも土日ではないですから…。
夫は勇んで、配合餌を混ぜています。
029fc20120525.jpg 

ここは、フカセ対象魚よりもある魚を釣る場所として有名なのかもしれません。
...イシダイです。

隣で釣っていたおじさんに、「お金のかかる釣りだよね、餌はサザエですか?」
と聞いたら、トコブシだって。

「四年に一回しか釣れないのに、餌代が一回4,000円かかるんだよ、帰って餌を食べろって言われちゃうよね」
だって。
イシダイといえば、餌はサザエにアワビにウニにイセエビ。
われわれ平民ではめったに食べられないのに。
たいした魚だなあ。

今日は上の写真方向の人がイシダイ50センチオーバーを一匹あげたらしい。
それを見たら、やめられないのかもね。
釣りなんだから、どういう釣りをしようが、その人が満足すれば良しだけどね。

031fc20120525.jpg 
そんな釣りを見ていたら、我が家は外道中の外道だな。

ところで、前回の釣りで竿の先端を折ってしまった夫。
竿を折ったのが悔しかったのか、ボーズが悔しかったのか、帰ってからYahooオークションで竿をポチリット押したのはお知らせ(別部屋のブログ→コチラ)しました 。
昨日それが届きました。
本日早々に竿おろしのDAIWA銀狼パワートルク
竿先がメガトップといって、非常に硬いカーボン。それもしなやかでねばり強いらしい。

夫の勇士???
072fc20120525.jpg 
この竿はしばらくは折らないでほしいものだ。

102fc20120525.jpg 夫が魚のやりとりするたびに、「折るなよ~」と叫ぶshinnriko。
ところがだ、こういうことは因果応報。
あまり人を責めちゃダメなんだな。

shinnrikoが自分の竿をしまおうとしたら…なんとトップがポロリっと折れてしまった。
ワオ!ナントイウコトダ
やっぱり因果応報だ。
夫を責め過ぎたぞ。
すこ~し反省がはいった。

でもですね、shinnrikoは新しい竿は買いません。
帰ってから夫に直してもらいました。
傷物になった私の磯竿…ちょっと不安ではある。
まあ、本日大漁だったからいいとするか…。

帰ってから我が家の猫達(ハピラキ)に見せてあげました。
おそるおそる、突いているのが男の子のラキ。
遠くで見守るのが女の子のハピちゃんです。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン

館山の釣りとリゾート・・・その2

 昨日から千葉房総半島最南端の館山に来ています。
 
コテージが並ぶホテルです。
 バブルの時代に建てられたホテルは少し老朽化が目立ちましたが、リゾートホテルのゆったりした空間はとても癒しです。

 昨日はエステもしていただいて、温泉も入って、朝目が覚めてから、時間を追うごとに昨日までの曇り空がだんだん晴れてゆきます。
朝食メニュー  
 ゆっくりとホテルの朝食をいただくことにします。
 丁寧に焼いたプレーンオムレツが嬉しいですね。
 ウワッ!フレンチトーストもついています・・・大好きです。
 
 気分上々!今日はご機嫌な釣りを満喫しましょう。

 州崎灯台
 釣り場は昨日海岸べりを気分が悪くなるほど回りましたので、探索する必要はありません。
   
釣れるベストポイント・・・流れ速し  


大きな地図で見る 
 本日の目的地は州崎灯台下。
 上の写真中央に灯台がありますね。
 白くてとても美しい灯台です。

 ここは有名な釣り場ですよ。
 平たい岩が連なる磯です。
 
 昨日は日曜日でしたので、釣り人が何人かいましたが、本日は独占状態。
 
 夫が居る場所にフジツボの巨大化したような人工的構造物はなんでしょうね。
 イワシなどを入れておく場所(房総半島東側の勝浦ではもっと大きいプールみたいなイワシの保管場がありました)?もしくは砲台の基礎部分?不明です。
  
shinnrikoの磯シューズ  こんな日の為に買っておいた磯シューズ。
 靴底にはピンが埋め込まれていて、磯でも滑りません(スパイクシューズです)。
 有名メーカー品ではありませんよ。
 女性アングラーにとって最低限の条件・・・サイズが合うこと。
 この用件を満たしています。
 これがなかなか難しいの。
 釣具店に並ぶものはほとんどが男性用。
 SSからSのサイズになると見つけたら即履き、即買いしないと今度自分に合う釣りウェアーは無いと思っても良いくらい。
 もちろんインターネットではありますが、靴って履いてみないと判らないでしょ。
 特に外国メーカーのものは小さいか大きいかどちらかですから。
 ということで、何処の釣具屋さんで買ったかも忘れるくらい、突然即買いした磯シューズです。
 (こういう買い物は衝動買いとは違います・・・と自分に言い聞かせましょう)

 さっそくシューズを履いて岩場に下りると、良いではないですか、shinnrikoでも岩場の磯釣りができそうです。
 
 ですが・・・この場所流れが速い。
 夫が静かな流れの場所に移動しようと言い始めた。
 しょうがないので、百メートルほど場所を移動。

 ところがですよ。
 磯の難しいところは小さいエサ取り君達がワンサといること。
 ベラにクサフグ・・・この二種類しかこの磯にはいないのか・・・。
 
 先ほどの場所に戻ろうとしたら、もう釣り人がその場所を占拠。
 割り込むには足場が悪いです。

 猫の夫の焦りが始まった。
 昨日は竿を折るし、場所が決まらずに来るまでグルグル回るし。
 
 どうやら本日も諦めが早いらしい。
 shinnrikoは昨日から夫唱婦随でついて回っているものだから、あっさりと移動を認めてしまった。
 それが良かったのか悪かったのか・・・。

透き通る海  
 館山湾に入るあたりの小さな堤防。
 水の色を見てください。
水族館ダ!!! 
釣れない・・・  まるで水族館の水槽みたいでしょ。
 熱帯魚がうようよいます。


大きな地図で見る
ここは千葉の最南端。
 館山湾沖ノ島付近には小さな珊瑚礁群があるほど。
 暖かい地域なのですね。

 こんなに透明な水ですもん。
 お魚達はshinnrikoのことをずっと見ているに決まっています。
 針は加えてくれず、餌だけ上手に食べてくれます。

 呆然とする猫の夫。
 本日はお魚の写真は載せられません。
 だって釣れなかったのですもん・・・。

 海に美味しい撒き餌を撒いてきてあげました。
こんにちは!! 今頃はお魚達、喜んで食べてくれているでしょう。

 しばらく釣りができなかった日々がつづきましたので、少~し焦りましたか。
 まあ良いのです。
 癒しのリゾートとプラス釣りの旅だったのですから。 

 お魚の写真がないので、しょうがないのでshinnrikoの顔、載せときます。

釣具店で撮影  そうだ・・・今回の釣行前にクーラーボックスを買い換えました。
  ダイワの新しいタイプ。
 エコノミータイプですけど。
 とても性能がよかったです。
 だって二日たっても氷が半分以上解けていなかったのですよ。
 今までどんなボロの使っていのって言われそうですけど。

 さすが・・・ダイワだなあ。
 
次回の釣行こそ釣れますように。
 でもいつ行けるのだろう。

 宿泊したリゾートホテル、バリエステ
 ホテルアクシオン勝浦 http://www.accion.co.jp/index.html

 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?
GyoNetBlog ランキングバナー blogram投票ボタンにほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。