猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いない魚をどうやって釣るんだい!

  「いない魚をどーやって釣るんだい!」
 
 こんな東京弁の勇ましい言葉はshinnrikoは言っていませんよ!

 shinnrikoのすぐ近くにいたおじさんが『本牧海釣り施設』のおねえさんに叫んでいました。

 ここは『本牧海釣り施設』古くからある横浜港近くの海釣り場です。
 入場料が大人900円・・・ずいぶん高くなった? (開所当初からこの金額だそうです)
 駐車場が一日500円。ということは我が家の今日の釣りにかかる費用2,300円也。

本牧海釣り施設、右が釣り場、左が駐車場 
 夫の真新しいBBX
 これに見合うお魚を東京湾で釣れるのだろうか・・・
 施設の入り口でおねえさんに「サバが爆釣ですよ」と言われた。

 サバねえ・・・カゴ釣り対象魚だわ。

 本当は本日外房にお泊りで釣りに行く予定だったのですが・・・。
 先日我が家にやってきた子猫のハピが気になって、昨日のお泊りをキャンセル。
夫のおさがりshinnrikoのBBX  
 千葉には他の用事で行きましたが、日帰りにしてしまいました。

 ということで、本日は近場の釣りを楽しむことにしたわけです。

 そうそう、右上の写真のリール。猫の夫はとうとう手に入れました。それも一ランク上のBBX-XGの方。
 誕生日プレゼントが半月も早いなんてね。
 右下の写真のBBXはおさがりでshinnrikoのものになりました・・・ううッなんか複雑。

 本牧海釣り施設桟橋

 我が家が土曜日に釣りなんて、久しぶりです。
 いつもはね、何処でも大抵空いている平日釣行なもので、このウヨウヨした人を見るだけで、ウンザリする。
 桟橋はまるで、混雑時の駅のホームじゃない。

横浜本牧海釣り施設桟橋-2

shinnrikoの新しいライフベスト  
 こんなに人が いるのに、何処に竿を出せっていうのよ。
 
 shinnrikoなら、臆するところですが・・・。

 猫の夫はB型。
 隙間を見つけて狭い場所に竿を置く。
 その後でshinnrikoが周りに居る人に「スミマセン、スミマセン」とお願いするわけで・・・ああしんど、気を使うわ・・・。
 
 右の写真、shinnrikoの新しい磯ライフベスト・・・J屋のRYOBIブランド・・・安い!・・・だけど機能は良さげだわ!

 猫の夫がシマノ・ダイワで揃えようと目論んでいるのだものshinnrikoだけでも「良いものを安く!」それがモットウ。
この日の昼食
 ということで、昼食も最もリーズナブルなカップヌードル。
 これって、時どきムショウに食べたくなります。海釣り施設の売店でお湯を入れてくれます。

 お腹も一杯になったのだから、釣りに集中!ですが・・・。

 ここで・・・フカセで釣れるのだろうか・・・。

 周りを見ると投げサビキですな。
 時どき、大きな声がするので、そちらを見ると、サバが釣れています。

 ここって一人竿二本までと決まっているらしいけど。もっと竿がありそうな気がする。
 そうこうしていると左隣のアベックがおまつりをしていると訴えてきた。

 とお隣の糸を見ると、我が家ではなく、我が家の右隣の親子連れの竿とおまつりをしている。

 見ると、PEライン

 それも小さいリールにPRを浅く巻いている。
 こんなもので、何が釣れるのだろう・・・。
 PEはおまつりするとやっかいなもの。

 それにどう見てもいつも釣りをしている人達ではないな。
 女の方「からんじゃって、どうしたらイイのでしょう・・・」shinnrikoに訴える?! 
 
 そこの男の方『手伝わんかい!!!』・・・なん・・・と・・・その男・・・何もしない。

 釣り場にきていちゃいちゃおしゃべりしているものだから、すぐにおまつり三昧。おまけにPE。

 こんなところにいたくないshinnriko・・・ヘ(´_`)ヘ。

 海釣り施設岸壁側

ウミタナゴ・・・こんなもの?
 こんなところにいても良いことはなさそう。
 桟橋を諦め・・・どうせ釣れていないのだし。

 岸壁側へ移動。

 やっと深呼吸ができるワ。

 これで・・・釣れればね。

 やっと釣れてくれたのがこのお魚。
 海タナゴちゃん。

 写真左に写っている付け餌を見ればその小ささが判るでしょう。
 我が家の釣りの歴史ワースト・・・何番目かなあ。

満月が昇る

 満月が昇るまで粘ってみたけど(ココは冬場17時閉門)。

 釣れませんねえ。
 釣り方のせい?

 帰りにゲートで側のおじさんが叫んでいたわ!

 「いない魚をどーやって釣るんだい!」
 
 サバを釣っている人もボチボチいたので、まるっきり釣れないとは言わないけどね。

 我が家は東京湾での釣りは止めよう!

 『フカセ』に見切りをつけて『投げ』でもやるようになったら、また来てやってもいいかな? な~んてちょっと偉そう! 
海釣り施設の外にかけてある大漁旗

 最後に大漁旗

 ココで大漁なんてことあるのかなあ。

 夕暮れになって、わけの解からん俄か釣り師がいなくなった頃・・・。

ハピです 落し込み短竿、太鼓リールイソメ桶を持った人達が現れた。
 そうよ、そうよ!このスタイルがここの釣りなのよ! 

 今もこのスタイルでやっている・・・なんか嬉しいな。
 これでスズキを狙う。

 それが東京湾風だな。

 shinnrikoもこの東京湾三種の神祇を持ってはいますが、今はフカセに夢中。

 今度はフカセのできるところに行きます・・・・トホホ(ToT)/~~~  
 
 最後におまけの写真・・・我が家のハピ・・・カワイイ!!

 我が家は釣れませんでしたが、ボチボチ釣れているようです。
 海釣り施設はコチラからhttp://honmoku.yokohama-fishingpiers.jp/
 
 ☆読まれましたら、どれかにポチリッと押してくださいますか?


GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

無・・・ボウズ 東扇島

 実は昨日、猫の夫婦始まって以来の貴重な体験しました。
 
 ボウズ!!!
 いつもはね、釣れなかった・・・とはいえ、shinnrikoと猫の夫のお友達のベラ君とか、クサフグ君とか、ハオコゼ君とか、巨大ボラ様とか、可愛いお友達たちが顔を見せてくれるのに・・・。

----------------------------------------


 猫の夫の休日、朝一番で歯医者の予約が入っていたので、今日は一日家に居るのかと思いきや、竿を出し始めた。
 「エっ行くの?」
 夫が家に居る日は朝、昼、晩と三食のご飯を作らなければならにでしょ。
 それって結構重労働。

 それより、おさかな釣りに行った方が良いに決まっています。

 本当はキレイな海に行きたいけれど、東京湾での釣りは引っ越してきてからまだ行っていないし・・・。 
 今日は東京の海に顔見世しておきましょうと思ったのですよ。
 
 場所は東扇島
 東京湾の昭和の埋立地、人工島です。
 shinnrikoが住んでいる杉並からは、環八をずっと南下して、川崎港海底トンネルを抜けると着きます。
 相変わらずの環八の渋滞で2時間かかりました。
 2時間だったら、三浦までは完全に行けました(後で悔やむ)。

 地図で見ると、羽田空港の西に位置するのが東扇島
 その島の西側にあるのが東扇島西公園です。扇島の工場

 真前に見えるのが、東扇島の西に位置する、扇島の工場(上の写真です)
 夜にみると工場の明かりで赤くきれいですが、昼間はどんよりとしています。

 この場所に来たのはshinnrikoは2度目ですが釣りをするのは始めてです。
 この公園ができてすぐの頃に散歩に来ました。

 東扇島はshinnrikoにとっては思い出多い場所です。
 昔、もう10年~12年ほど前になりますが、shinnrikoはまだ少年だった息子のXAMPを車に乗せて二人でよくこの島には釣りに来ていました。
 
 当然、この公園はできてなかったので、島の各所、いたるところで釣りをしている人を見かけました。
 その頃はまだ港湾全体釣り禁止とはいえ、港湾の車が回ってきているくらいで・・・。
 たぶん今(2011年)の東京湾では許されないでしょうね。
 という理由で当時のその場所はナイショにしておきますが、アジは回ってきていたし、shinnrikoは自慢のおニューのヘチ竿で30cmのメバルは何匹も釣るし、投げれば昼はキス、ワタリガニなんかも釣れましたし(地球を釣ったかな?と思ったらカニです)、夜はアナゴがニョロニョロと釣れていました。
 その頃住んでいた横浜の我が家からは渋滞もなく、すんなりと来れましたから、海が見たくなると息子をさそってよく来ていました。
 
 そんな思い出があったので、何かは釣れるだろうと高をくくって、このところハズレがないフカセ竿で撒き餌をしながら、釣りを開始しましたが、何とも釣れる気がしません。

  海の水は・・・油?
  この写真で見えますでしょうか。メラメラと光っているのは油です(中央はshinnrikoのウキ)
 渋い顔 この海ではこの釣り方は初めから適さなかったのですね、きっと。

  おさかなだって、海に潜っているでしょう。
  投げ釣りでないと、無理???。
  
  ということで、渋い顔の猫の夫(右写真、ボーゼン!!!)。
  
 しょうがないので海の写真を撮りました。
 写真中央部は浦賀水道です。
 
 記紀の時代、日本武尊様の妻の弟橘媛様が自ら命に替わって入水すると、波は凪いだと伝えられている場所です。

遠くに見える浦賀水道
 おにぎり今は巨大タンカーが行き交っています。  あんな狭い海峡でよく安全に運航できるものです。
 
 またまたしょうがないので、おにぎりを食べることにしました。
 最近のshinnriko、病の為、自ら塩分制限しているのでこのおにぎりの美味しかったこと・・・これを食しているということは制限を破っている行為なのですが、食べたからって、今すぐに、何とかなるわけでもないでしょう。
 
 しかし、この公園、前に来た時にはとてもキレイだったのに、どうしてこうゴミが落ちている? ゴミだらけ!!!
 
 地震で壊れた? 
渋い おまけにところどころ設備が壊れています。
 たぶん3月の大震災で、ここも地盤沈下がおこったのかもしれません。
 もっと先端に行くと大きく壊れた場所もあって、惨憺たるものらしいです(猫の夫が見に行きました)。
 
 ということで、このボウズのブログ記事にはお魚の写真が一枚もありません。
 
 しょうがないので、shinnrikoの顔・・・これも渋い。

真ん中東京タワー 帰りは環八を通るのはやめて、首都高を通り新宿インターから帰りました。
 渋滞が多くって、高い道路と悪名高いですが、それでも環八よりはましです。
 
 東京というのは、夜の明かりの方が綺麗なんだなあ。
 右の写真、ブレていますが真ん中が東京タワー。
 もうすぐスカイツリーにお株を奪われそうですが、やっぱりこのタワーの方が美しいのでは?
 
 今度は”釣れる釣り”をします。
 こういう日もあるさ。
 
 shinnrikoとしてはコレ↓書くのいやだったのですが。
 副作用の為に毛が抜けるのがいやだったので剃髪したのですが、だからって言って、ボウズはないわな。
 釣り用語でボウズって意味、毛がないからなんですって、shinnrikoの場合ちゃんと生えてきているので、心配御無用!
 って・・・自分で書くことないのにね。
 
 ちなみに仏教でも無というのはアルという意味ですよ

 釣りもボウズでなくなるのでまたブログを見にきてください。

 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
にほんブログ村 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。