猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖のデカバス釣り・・・猫の家の釣りの思い出

 我が家は2年前は琵琶湖のほとりに住んでいました。
 琵琶湖の湖西、堅田という地名です。

 有名な堅田水軍の町です。
 堅田水軍って?という人はじっくりと歴史を勉強してくださいネ。

琵琶湖 湖西 真の浜
 簡単にいうと全盛は室町時代、発祥はもっと以前の古代からから、琵琶湖西岸で漁師兼、運送業兼、武士兼を行っていた集団。
 織田信長や豊臣秀吉が重用した武装集団ですね。

真野浜水泳場看板  琵琶湖というのは、言わなくても判りますでしょうが、とってもとっても大きい。
 風の強い日には海のようにドボ~ンドボ~ンと波が押し寄せます。
 
 shinnrikoの家はその琵琶湖のとっく利がキュっと絞ったような地域、琵琶湖大橋近くのマンションに住んでいました。

 毎日朝日は琵琶湖から昇ります。
 その光景はそれはそれは美しいにつきます。
 
 本年のNHK大河ドラマは『』でしたが、琵琶湖の美しい映像が何度も出てきましたね。
 
 shinnrikoは小さい頃を京都で過ごしましたので、夏になって泳ぎに行くといえば琵琶湖でした。
 当然、海水浴とは言わずに湖水浴です。

 今でもね、琵琶湖の砂浜の各所には水泳場があります。
 当然夏は大混雑です。
 泳ぐとね、海水よりも浮力がないので、一生懸命に泳がないといけないのですよ。

 琵琶湖は美しくって、大きくって・・・でも淡水なの。

 海釣りを趣味にしていた我が家にとって、毎朝お日様が昇る度に、「なんで海水やないんや・・・」「なにとぞ塩分補給してください」と祈っていました。

 それでも目の前の水を見ると、釣りには行きたくなるものです。

琵琶湖キャラクターかいつぶり、小さくて判らない

 ということで、我が家のバス釣りが始まる。

 琵琶湖のバスはその湖の大きさに見合って大きい。

 

 ココで履くなよ! XAMPいざ出陣

 釣り方?

 上の写真のXAMPのようにウェーダーを履いてね、湖岸からウェーディングをして釣ります。

 もちろん一番上の写真のような橋げたを利用する手もあります。

  オイオイ!ウェーディングシューズを家の中で履くなよ!
  しょうがないですなあ。

 家からこんな恰好で竿持って出られるところが、永遠のオカッパリバス少年!羨ましいでしょう。!
50オーバー  
 琵琶湖は関東の湖とちがって、ワームでOK!

 琵琶湖では先住魚保護の為、バス、ギルは持ち帰るという、お達しがあるし、できれば食べれば!!というお達しもある。(禁止事項は滋賀県のHPを見てください)

 お腹の中にワームがゴッソリでもバスは可哀相だけど・・・良いのですよ。

 ヌルヌルのゲーリーヤマモト。 塩漬けのゲーリヤマモト

40オーバー 
 腕?関係あるのかなあ。

 なにせ貪食の琵琶湖のデカバス。

 普通に釣れてくれます。
 
 圧倒的数の多さを誇るブルーギルにいたっては、河口でウドンやソーセージで釣れるので、これは釣りの対象魚ではありませんねえ。

 このデカバス君が琵琶湖の在来種を食べてくれるのです。

稚鮎釣り  
こんな鮎が釣れる  琵琶湖の在来種のお魚で高級魚といえば、やっぱり鮎。
 
 ココは(上の写真)真野川、春になると、お弁当を食べながらお花見のすぐ近くで、竿を出している人が一杯出現します。

 稚鮎(小鮎)を釣っているのですよ。
 これって釣りをして良いの?と思ってはいるのですが、どうやら良いらしい?(詳しいことは滋賀県のHPを見てくださいね)
 我が家の家の前でしたので、小鮎サビキを使えばすぐに6~10センチの鮎が釣れるのですが、shinnrikoの味覚異常かなあ。
 ちょっと泥臭いのですよ。
 やっぱりshinnrikoは海のお魚が良いな。
  もちろんちゃんと料理をしたらOKに違いありません。

謎のクニマス  もうひとつ面白い写真を載せますね。
 御存知ですか?
 田沢湖で生息していたという『クニマス』です。

 近頃話題になりましたよね。
 おさかな博士のさかなクンが西湖で見つけられたマスをクニマスではないかと個体調査を依頼したという話題。

 右の写真は琵琶湖博物館に展示されている『クニマス』の標本もしくはレプリカ?
 
 次回の『猫の家の釣りの思い出』は田沢湖近辺です。

 琵琶湖の釣りのルールはこちらで確認してください。
 滋賀県水産課http://www.pref.shiga.jp/g/suisan/index.html

 shinnrikoが住んでいたマンションから見える風景。

 大きな観覧車は昔、遊園地があった為。
 この観覧車はいつ解体されるのだろう。
 左には琵琶湖大橋 。
我が家から

 ☆読まれましたら、どれかにポチリッと押してくださいますか?
GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。