猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏!筏も暑い(2013年夏)

しばらくぶりの『猫の夫婦のおさかな釣り』の更新です。
もう秋風が吹いていますね。
へへへ…。
今年の夏はとにかく慌ただしかった(それにめちゃくちゃ暑かった…)。032_2013091716361460b.jpg
092fc20130721.jpg
我が家は徳島に来て、二回目の引越しをしました(昨年10月15日に東京杉並から転居してきました)。
今度は今まで住んでいたところから1キロくらい山側に移動しました。
近くですが、引っ越し荷物は遠近関係なく同じですもの。
まあ、家の中のものは、なるだけ捨てていくことを旨とはしてますけど。
夫婦二人と2匹の猫とはいえ、やっぱり荷物は相当ありました。

当初引越しは5月ぐらいかな?と思っていたのですが、何とこの暑いさなかに引越しをすることになりました。
おまけに猛暑!この猛暑に引越しをするなんてね、少し無謀でしたか。
右の写真、何だか変でしょ。
まだ建設中の家を覗く、主人と子供、それを撮っている私…です。

そんなことなので、釣りには行っていないかって?
それでも行きましたよ。
息子のXAMPが引越しの手伝いと自動車教習所に通う為に一ヶ月間居ましたから、やっぱり家族で釣りです。

【2013年8月5日】
鳴門といえば筏釣りなんですね。
一番上の写真は早朝の鳴門ウチノ海です。
真ん中の橋の向こう側に海峡があって、淡路島がうっすらと見えています。
このわずかな隙間の外は鳴門の渦潮が巻いています。
こちら側はこんなに穏やかです。

026_201309171636137c1.jpg 
まだ薄暗い夜明け。
ボートの灯りが点っています。
車から荷物を降ろしてこのボートに乗り込みます。
本日女性客多し。

024fc20130805.jpg 
夫と息子。
何だか目の部分隠したものだから、恐ろしい風貌です。
おまけにこの2ヶ月位で息子はぶーちょになっていました。
元々私似なのでしょうか、太り易い?
若いのに運動しないとね。

なんだ?君はサビキですか。
ルアーをせんかい。
せっかくシーバスロッド持っているのに。
ルアーを投げていれば少しは痩せるかもしれないのに。
052fc20130805.jpg

そして私ことshinnrikoはこの日もサヨリを釣っていますか。
047fc20130805.jpg
このお魚はたいそう美味しいのですが、釣れすぎるのもね。

見てください。綺麗な魚体でしょ。
046_20130917163638f5d.jpg
オッと、私の右手が写ってしまいましたか。
この手は肥っているだけではないのですよ。
浮腫で膨らんでしまっています(水分です)。
リンパ浮腫といいます。
これは治らないそうです。
マッサージを毎日繰り返して行わないと、本当に真ん丸くなってしまうのだそうです。

こちらのおぼっちゃまもまん丸ですね。
033fc20130805.jpg 
小さい時にドラえもんののびた君にそっくりだったのだけど、このところまた似てきたような気がします。

むむむ座って釣りをするな~。
059fc20130805.jpg 

かろうじてお腹以外は肥っていない父親は立って釣りしてるのに。
041fc20130805.jpg 

それでも夢中になってくると身包み剥いじゃって、こんな格好!
本当に暑い日でした。
002fc20130805.jpg 
日影に入らないと…と言っているのに。
相当に暑かったですよ。

汗で塩分が失われると、体が欲してくるのか、体に悪いけど無性に食べたくなるコレ。
このラーメン、癖になるのですよ(危険なラーメンです)。
デコレートされた具材から言って、徳島ラーメンではないです。
shinnrikoが去年から住んでいる吉野川市の地元では有名なラーメン屋さん。
このラーメン屋さんに行くと、何故だか判らないけれど、来るお客さん、ほとんどぶーちょの人(店の人は肥っていない)。
我が家もご他聞にもれず、ぶーちょであります。
006_201309171636106f9.jpg

秋になり、少し落ち着いてきたので、過去の釣り記事をボチボチと。
放置状態でしたので、心配してくださった方もいた?
またよろしくお願いしますネ。

息子ですが、自動車教習所は2週間で卒業し、試験も難なくクリア。
緑色の運転免許証を持てることになりました。
事故だけはしないでね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー
スポンサーサイト

鳴門ウチノ海の筏…2013年7月小鯵とサヨリ

すみませ~ん。
釣りブログをしばらく放置しておりました。

7月に入ってね。
すぐに胃腸炎をやりまして、それはそれは酷かったの。
何が原因か…急に暑くなりましたからね。
持病もある私です。いろいろあるでしょ。

165fc20130701.jpg

それに、先日のこと。
これは大いに泣けた。
まあ、おいおい説明していきます。

まあ、いろいろあるのですが、釣りにはちゃんと行っておりました。
大物は釣れませんが、美味しい魚はたんまりとゲットしています。

二回分の釣行をやっと本日記事にさせていただきます。

2013年7月22日 鳴門ウチノ海筏釣り

003_20130728121150.jpg 釣り物、できればサヨリを釣りたい。
何故なら、美味しいから…に決まっているでしょう。

世間は夏休みに突入、参議院選挙も終わり、ちょっとの間だけ世間を離れたくなった、釣り好き夫婦。
海の上だったら、清清しい空気に満ち溢れている…と思ったのが間違いだったな。

今年は梅雨がやたら早く明けました。
家にいたって、エアコン効かせないと、生存すら危うくなる最近の夏です。
原発が再開していないこれからの電気料金、やたら高い電気代になりそうです。とにかく、高い電気代をかけなくて、楽しいところ、海の上へ避難です。
関東ではゲリラ豪雨があるらしいですが、ここ徳島は雨が一向に降りません。
いつも暑い。
8月に入ったら絶対に取水制限だな、きっと。

暑い暑いと言いながら、深々とマスクをしている私(右写真、渡船の中です)。
おまけに何となく浮腫んでいるでしょ。
遡ること、4日前。
病院の帰りに寄ったスーパーでやたらと買い物をし、買い物袋を持って、車から降りたところで、前のめりに転倒。
そのまま顔を強打してしまいました。
あまりの出血に恐れをなし、すぐに夫に電話して、病院にとって返し、救急外来で診てもらった私の顔半分です。
さすがに顔を隠さないと…。
それにしても朝早い時間なのに蒸し暑いこと(顔を隠さないといけないし)。

湿気が多そうな早朝の海です。
005.jpg 
太陽が雲の中。
夏の日差しはない方が良いので、少々雨が降っても良いのです。

と思ったけど甘かったみたいです。
昼前にはこの通り。
それでもうす曇りです。
029.jpg 
ギラギラした太陽が降り注いでいるの判ります?

周りの筏からは元気な子供達の声が聞こえます。
033.jpg 031_20130728121220.jpg 
楽しそうですね。
夏休みですよ。
子供達だって魚釣りですよ。
筏は堤防よりも安全だと思っています。 おまけに他の人のストレスがないので、子供と親の釣りに集中できますね。

そろそろ小鯵の季節です。
我が家もサビキでものの5分でこのとおり。
014.jpg 
子供は喜ぶな。
でも今日のターゲットはこの子達ではなく、
やっぱり、この美しいお魚です。
015fc20130722.jpg
026fc20130722.jpg 誰ですか?サンマだと言っているいるのは。
サヨリですよ。

しかしあっという間にダウンでした。
あまりに暑い。
それでも屋根のある筏なので、何とかなりましたが、すでにヨレヨレ。
暑いのに、長袖2枚着ております。
日焼けは禁止と言われております。
ははは、今年も超ベリーベリーショートの髪なので、これは助かりました。
去年よりもクリクリしているのが気になるところですが…。
顔は全治2週間の傷がありますので、モザイクです。

夫のベストもホレこのとおり、暑くって付けられないようです。
112_20130728121224.jpg

帰りの渡船で最後のお茶を飲み干す夫。
035_20130728121223.jpg
よっぽど暑かったのね。
最後の一滴まで飲み干しています。
なんかヨレヨレです。

それでも、サヨリはこんなに。
118.jpg
鯵だって、セーブしながら釣って、こんなにあります。
123.jpg
133cook20130722.jpg
小鯵を釣りすぎると、下処理が大変になります。

帰ってから、半べそをかきながら、処理をしてツミレにしました。
このくらい育ってくると、そのまま揚げても、骨が気になってしまいます。

思い切って、ミンチにしてしまうのですが、骨を残しすぎるとじゃりじゃりの揚げ物になります。

サヨリは夫の担当、高級食材はいつでも天ぷらにできます。

遡ること、3週間前。

2013年7月1日 鳴門ウチノ海筏釣り

まだ梅雨の中にいた頃です。
220.jpg
アオサギが早く釣ってくれと言っているみたいですね。

小鯵がいっぱい湧き出していますので、こんな時にはサビキを出してくれば、美味しいアジフライが食べられます。
230_20130728140324.jpg
こんな吸い込みバケツはたぶん関東にはないはずです。
いえ、この頃は地域おかまいなくあるかもしれませんが…。

関東のサビキ釣りはコマセを入れる網の袋をサビキの上に付けます。
サビキの下にはナス型錘です。
コマセはキチンとザルにあげて網の中にコマセスポイドや割り箸で入れます。

関西ではコマセを入れるカゴをサビキの下に付けます。
海水でチャプチャプにして、カゴの中にコマセが入るように上下させます。

扱い易いのは断然、関西の方ですね。
とみるみるうちに小アジがサビキについてきます。
232.jpg
アジはこのくらいのサイズが一番美味しい。

257.jpg
この海はサヨリがまだまだ釣れるのですね。

このとおり、ウッホホー!
255.jpg 
この時には顔を怪我してませんです。
おまけに、一番上の写真のようにセイゴも釣れていましたよ。

夫のこのところの拘りはこの竿とリールです。
233.jpg
新品ではありません。
一応『Abu Garcia』の両軸リール。
扱いづらいでしょうにね。
徳島に来て、尚も関東の釣りに拘っています。
姿形はとても綺麗。
飛ばす姿もなかなか様になってきました。
248fc20130701.jpg
いつも100mは飛んだかなあ、と言っております。
しかしこの竿から大物は未だ釣れていません。
ウキは一向に沈まないのですよ。
静岡だったら今頃はイナダが釣れているかもしれません。
ソウダは確実かなあ。

関東とは条件が違うと言っているのですが…せめて夏の鱸くらい釣ってくれたらねえ。
234fc20130701.jpg
ウキもビシも手作りというのに…トホホ…釣れないとは気の毒なことです。

264.jpg 
153fc20130701.jpg梅雨が明けていなかったのに良い天気でしたねえ。
帰りの渡船は我が家だけでした。
筏のおにいちゃんです。
なかなかカッコよいおにいちゃんです。
いつも「何釣れた?」と聞かれるので、せめて「イナダ」と答えたいshinnrikoではありますが、この海を知っているお兄さんにはバレバレですね。

ああッ!まだ団子釣りでは赤い鯛が釣れるらしいです。
『紀州釣り団子』という釣り方だと釣れるそうですが、私にニギニギができるだろうか。
右の夫。
ちょっとしぶい。

この日から何日かして胃腸炎にやられたshinnrikoです。
アッチコッチ、負傷してます。

038_20130728162749.jpg 
これがいちばん美味しい小鯵の唐揚。
骨は柔らか、とても香ばしいですヨ。
カレー味にしても最高です。

小鯵ですが、九州、大分ではゼンゴと呼んでいました。
ウロコのゼイゴから名づけられたのでしょう。
あの頃はゼンゴちゃんと呼んでいたのに。
徳島では小鯵としか呼ばないみたいですね。
鯵はこれから大きくなってもっと美味しくなります。
楽しみですね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー

ナント!!大鯛ダ…鳴門ウチノ海

徳島に引っ越してきて、やっと徳島らしいもの釣りました。
鳴門の大鯛

大鯛がどのくらいの大きさから大鯛というのかよく判らないですが、我が家にとっては充分に大鯛ですよ。
045fc20130618.jpg
見てくださいナ!!
天然鯛ですよ。
美しいですねえ。

2013年6月18日(月)。
とっても早起きして、筏釣りの渡船が出る船付きまでやってきました。
079.jpg 
霧が出て、海上は何だか幻想的。
こんな日には何か出そうな…?
004_20130622163258.jpg
海の様子もとてものぺ~としています。
鏡のような海ですね。
ここは内海ですので、普段でも大波が立つことはありませんが、それでもこんなに池みたいな水面は珍しいです。
006_20130622163300.jpg
夜が明けてきました。
幻想的なオープニングはそろそろいい?

…と湧き上がる海面。
015_20130622163303.jpg
ネッシーが出てきたのではありません。

これは普通にナブラです。
何だろうと釣り上げると。
084.jpg
きゃきゃきゃッなんだ、コサバかあ。
この子は煮ても焼いてもいけません。
大きくなってから来てください。

しばらくすると夫が待望のものを釣り上げてくれた。
095fc20130618.jpg 
チヌだと思ったら、キビレ!!(キチヌ)
エラが黄色いのが判りますか?

いえ、これだって我が家にしては大物でありますが、今日の本命から比べたら小物も小物。
014fc20130618.jpg 
夫の快心の笑みであります。
キビレというのは関西に多いらしいですね。
shinnrikoはそもそも、黒鯛ですらまともに釣ったことはありません。
いえ、チンチンカイズ(黒鯛の幼魚)くらいなら少々。
黒鯛(チヌ)よりも泥臭くないということで、美味しいお魚ゲットです。
それに鳴門でしたら、綺麗な海ですのでどんなお魚でも美味しいのですよ。

大物といったら、こんなものもアレ~!
025_20130622163304.jpg 026.jpg 
椅子でした。
筏から落としたのでしょう。
磯竿のトップを換えたばかりなのに、折らないでよ~。

034_20130622173848.jpg 
shinnrikoがいつもののお友達と遊んでいると、夫が大騒ぎを始めた。

また小物なのに、タモタモというのかしらん。
メンドクサイワネ~。
038fc20130618.jpg 
何だか真剣なやりとり。
両手で竿を持っているところからして、いつもとちょっとちがうでしょう。
どうやら本当に大物らしいですが…。
筏を固定しているロープに魚が巻きついたみたいです。
写真だと静かですが、相当叫んでました。

実はこの少し前にshinnrikoの竿に大きな当りがありました。
こんな引きは初めて!というほど大きな当りが…。
夫が側に寄ってきて、
「レバーブレーキや!!竿をもっとたてるんや」
(shinnrikoのリールはちゃんとレバーブレーキが付いていますが、ほとんど使ったことがありません)
まあ、うるさいこと。
「エッナニ???」と言っている間に道糸がプツンと切れた。
shinnrikoの目の前には5Bのウキが漂っているだけ…。
どんな大物がかかっていたのやら。
夫が騒がなかったら、冷静にやりとりできてたんとちゃうの…と悔いが残るshinnrikoではあります。

そんなことがありましたので、すこ~し遠目に見ていたshinnrikoですが、どうやら筏のロープの罠を潜り抜けて、お魚が見えて来ました。
白い魚体!
鯛ですよ~。
shinnrikoもタモで参戦。
041fc20130618.jpg 
ううう、重~い。
今まで釣ったことがないような大きさです。
タモと魚の比較で判るでしょう。

サイズを測ってみます。
116fc20130618.jpg 
ゲゲゲ57センチ。
写っている角度では55センチくらいですが、確かに57センチですよ。
ビックリサイズです。

043fc20130618.jpg 
何だかぎこちなく持っている夫です。
重くって持ち上がらないと叫んでおりました。

shinnrikoは何を釣ってたかって?
053_20130622163349.jpg 055.jpg 
この子(アオサギ)の晩御飯ですね。
サバコがやたらと釣れました。
サバも大きくなったら美味しいですが、小さいとどうしようもありません。

帰りの船でイヒヒヒ…と笑っている夫でした。
058fc20130618.jpg 

クーラーボックスに入れられた鯛…存在感!!
062_20130622163353.jpg 

少々イワシが釣れましたので、これは2ヵ月後のお楽しみ。
071_20130622163355.jpg 
994813_467979733286126_726293163_n.jpg何をするかって、アンチョビを作ろうと思っています。
只今、塩漬けにされて冷蔵庫の中で発酵中です。

さて、この大きな鯛ですが、我が家で食すにはこの大きさは持て余します。
たぶん、我が家の包丁では刃が立たないでしょうね。
考えた末、どこかに進呈することにしました。

鳴門にある聖地四国正心館で引き取ってもらいました。
経験を積んだ和食料理人さんがおられるからです。

姿造りで出されたみたいです。
大皿のほとんど見えてませ~ん。
カメラウーマンさ~ん!
研修の昼食で出されたらあっという間になくなっちゃったみたいです。
友人が写真を撮ってくれた時には、お顔くらいしかお見せできない状態に…。
でもまあ、大勢の人に食べてもらったて、この鯛も本望というものですね。

031fc20130618.jpg

今度はshinnrikoが釣りあげますよ、道糸を新調しなくっちゃ。
アッそれからね。
イワシを付けて置き竿にしていた投げ竿に大きな当りが…取り逃がした針を見たら、なんと針が折れ曲がっていました。
さては、座布団ヒラメか…。
鳴門の筏釣り、これからも何かが起こりそうな…。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー

スズキ釣れたよ…亀浦

2013年5月20日漫然と釣りにやって来ました。
で…ですが、大物釣りが…やっとできたので、お魚さんの登場から…。
凛々しく、美しいですねえ。
031_20130602165732.jpg

鳴門で一番釣りがしやすいだろうと思われる堤防、亀浦観光港。
計画性がない我が家は、しばしばこの釣場に来ています。
トイレも水道もあるしね。
shinnriko的には申し分ないのですが、ただ我が家が漫然と行くというのは、他の人もそういう事情の人は一杯いるわけで、大概混んでいます。
この日も平日にもかかわらず、堤防は一杯の人。
安全そうな所は、隙間なし。
ということはこの幅だけが、私の居場所ということですか。

狭い…堤防。
前も後ろも高さあり。
工事現場みたいな所に座っている私。
…それでも、メバルが釣れた釣れた。
017fc20130520.jpg

可愛い子です(メバルが…です)。
022.jpg 

ちょっとスリリングな堤防ですが、小物は釣れます。
海タナゴ。
025_20130602165730.jpg 
ウワ!落ちそう。

この御仁、良い引きですがねえ。
164.jpg 
私にはどう料理して良いか判らない。
このトゲ!
怖いなあ(*_*)
ということで(ToT)/~~~サヨナラ~になるワケです(徳島のアイゴは美味しいのだそうです)。
海を挟んだ和歌山ではこれをターゲットにしたバリ釣り(関西ではアイゴをバリと呼びます)が有名なんでしょ。
九州でも有名らしいけど…アイゴちゃんは遠慮だなあ。
そういえば、三浦(神奈川県三浦市城ヶ島)(記事はコチラ→)で良く釣れた、それもデカイの。

今日も大物なしですか。
144fc20130520.jpg 
と思っていたら、強そうなひきですねえ。
タモが必要らしい。
shinnriko必死(何せ狭い)でタモで参戦。

ふ~う、かろうじて掬えた。
034_20130604161729.jpg 

足元が危ういので下におりてもらった。
夫…横向いてるけど、ちょっとうれしそう。
162fc20130520.jpg 
りっぱなフッコ。
セイゴかなと思ったけど、りっぱなサイズ。
スズキの子供ですね。
スズキは出世魚ですから、大きさで名前が変わります。
関東ではフッコだけど関西ではハネというのだそうです。

167.jpg
家にもって帰って測ったら、58センチ。
久しぶりにまな板が小さい。
うれしいな。
夫が釣ったのだけど。
美味しい料理を作ってあげましょう。

小さいお魚とスズキのアラで作るブイヤベースです。
046.jpg 
出汁が何ともいえず美味しい。

そして、本命のスズキのアライ。
これは酢味噌でいただきます。
077_20130604163504.jpg 
スズキは綺麗な海で釣れると、そのまま刺身でいただけますが、少々澱んだ海でもこうやってアライにすると美味しくいただけます。
鳴門は綺麗な海ですが、暑くなってきました、アライにして酢味噌が良いですねえ。

さて、暑くなって、釣りに行くと、一番気になるのが日焼けですが…。
004fc20130520.jpg 
この緑萌えの山を見てくださいね。
こんな綺麗な山と海、そこには吸血鬼です。
今年もやられました。
ソックスの間から入り込んだブヨに点々と噛まれました。
ついでにお顔にも。
このブヨにやられると、一週間は痒いです。
ブヨに刺されると、市販薬ではまず効きません。
shinnrikoは病院で処方してもらっている、ステロイド剤のリンデロンか好ヒスタミン剤のベナパスタを塗ります。
両方とも医師の処方が必要です。
それでも一週間は痒いです。

006_20130602165712.jpg

きれいな海ですね。
こんなきれいなところにブヨは出現します。
特に梅雨前に出てきます。
噛まれないように厳重に衣服をまといましょう。

昼間は日焼け防止の為に、朝夕はブヨに噛まれないように、厚着です。
これから暑い季節になるのに、服はしっかりと着なくてはね。
短パンで釣り…綺麗な海ではやめた方が良いです。
そういえば、遠くフィリピンではローストしておられた方がいましたねえ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー-

ありえない…小物…鳴門ウチノ海

またまた、半月も遅れたブログ記事を作っています。

でも我が家の釣りの記録ですから、遅れてもしっかり載せます。

2013年5月13日(月)夫婦で鳴門のウチノ海の筏釣りに行ってきました。

徳島の釣りといえば、釣り番組でもよく筏が出てきます。
関西は筏がとても多いのですが、特に徳島のウチノ海は筏が美しく海に点在し、島に囲まれた海は何ともいえず美しいです。
 
ウチノ海から出ると、そこは鳴門の渦潮。
潮流渦巻いているのですが、ウチノ海に入るとまるで鏡のような海です。
お魚達もホッとできる場所なのでしょうね。

筏は5時から?5時半から?良く判りませんが、兎に角夜が明けたら渡してくれるようです。
ということで、いつも相当なお寝坊釣り師の我が家なのですが、筏に行く時ばかりはこんな時間です。
002_20130529190121.jpg
まだ夜が明けきっていません。
ですがそろそろ東の空が明るくなってきました。
こうなると、早く付かなくてはと焦る夫です。

渡船に乗り込むと朝日が昇ってきました。
020fc20130513.jpg 
夫もシルエット。

筏に着いた頃には、朝ですよ。
まるで鏡のような海です。
この海には鯛が一杯泳いでいるはずです。
021_20130529190124.jpg 
焦る気持ちを抑えて、フカセの準備をします。

鯛よコイコイ。
026fc20130513.jpg 
撒きまくる。

しかしねえ。いつまで待っても引きがない。
夫がボウズ逃れに仕掛けておいた投げ竿に、可愛い来訪者が…。
032fc20130513.jpg 
ヒラメだって、左向いてるし(この写真はお腹が上)。
それにしても小さい。

のぺーとした海は小波が立ってきました。
小波をうれしがるように、小イワシの群れ。
海の中は渦巻くイワシで水族館状態なんだろうな。
shinnrikoは小さいサヨリの針に付け替えると、ボチボチこんなのが釣れてくれます。
088_20130529190200.jpg 
カタクチイワシ。
普段だったらもって帰ることはないお魚だけど、何せ渡船代がかかってるし。
我が家の猫のラッキはメザシが大好き!
もって帰ってやろうじゃないの…。

と鯛の事はもう忘れてしまった?
いえ、忘れちゃいませんよ。
だけど、真下を泳ぎまくる魚を無視するのもどうかと思うし。

こんな魚じゃ、タモで掬ったほうが…と思うだろうけど、ドッコイ!イワシは無理だな。


そして、ボウズ逃れにかかったのがイカ君。
094fc20130513.jpg 
それもチッチャイ。

あまりに低次元の釣りになってきました。

そんな釣りしてますので…ここで筏の施設紹介。
049_20130529190138.jpg 
二人では広々すぎですね(贅沢です)。
真ん中に写っている小屋がトイレです。
用を足したら、バケツに汲んである海水を流します。
そうすると、重さで海の中にポチャンと入ります。
いつも掃除をされていて、とっても綺麗です。もちろんトイレットペーパーも付いています。
風除けのシートもありますので、強風が吹いても何とかなるのでしょう。

こんな綺麗な設備で男2,000円、女1,500円(渡船代込み)は安いでしょ。

これで釣れれば、言うことなしなんだけど。
どうもこの筏(たぶん6番筏だったと思う)は前にも乗ったけど、我が家とは相性が悪いみたい。

朝は鏡のような海だったのに、風も出てきましたし、波も立ってきました。
059fc20130513.jpg 
それでも最後まで粘った(終了時刻は16:30)、この夫婦。
帰りの船、今回もちょっと悲しそう。

船から降りると、必ず聞かれるのですよ。
何が釣れましたか?って。
筏のHPに『本日の釣果』というのを乗せているのですよ。
しょうがない、こう載せてください
「shinnriko夫妻小物…クスン(;O;)」
062_20130529190141.jpg 
船から降りて筏の並ぶウチノ海を見学。
遠くに、さっき乗っていた筏が見えます。

今日の釣り物って全部ミニサイズ。
本当に有り得ない…です。
065.jpg 
こんなお魚達。
イワシはメザシにして、我が家の猫の食料にと思いましたが…考え改め。

おご馳走にしましたよ。
111cook20130513.jpg 
自家製オイルサーディンです。
これが、また美味。
作り方は『猫の家の料理』で説明します(→コチラからどうぞ)。
117_20130529190204.jpg002 (2) 
こういう風に瓶詰めにして、空気を遮断しておくとしばらくもちます。
右の写真のように、パスタに入れてもいけますねえ。
りっぱにイタリアンです。
085fc20130513.jpg 
なかなか釣りに根性が入らないshinnrikoではあります。
ウチノ海で鯛が釣れるのはいつの日か~。

まだ溜めている釣り記事有りです。
トホホ…頑張って更新していきますヨ。


ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。