猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大在埠頭、サヨリが湧き出る。そして少年達

 暑いです(;`▽´lllA``
 この暑いのに、釣りをするなんて、釣り好き以外の人には到底理解不能でしょうね。
 釣りをしている本人達も理性的に考えると理解不能です。
 でもやっぱり釣りには行きたい。しかし暑い。
 ということで、早朝の釣行で少しでも涼しくと思ったのですが・・・。
水面をワサワサと泳ぐサヨリ。朝日もきれいです。 
 今日もやってまいりました大在公共埠頭。 (大きな地図で見る
 本日はこの前とは少し場所を変えてみました。
口の先が赤いサヨリ といってもちょっとずれた、埠頭の東側。
 エッ東側?午前中の日差しが燦燦になることを見通せなかったのかしらん。
  
 その場所は何やら得体の知れない、というか波音と共に心が躍るような音が・・・。
 ボイルナブラ)の音ですよ。
 さっそく猫の夫がジグを投げ始めましたが、少し様子が違います。
 エッナニ?「サヨリ?」
 海面を「ピシャピシャ、シャワシャワ」泳ぎ回っています。
  まるで海面だけ沸騰しているみたい。                   
 こんな日に限って、サヨリ仕掛けなんて持ってきていませんよ。  
けっこう大きい!! 仕方なく、フカセで、ボイルえびの小さいのを小さい針をつけて釣り始めると、釣れるハ!釣れるワ!!。
 あっという間に、数匹をゲット。
 そんなに我が家は食べ切れませんもの、そこまででストップ!!
 本日は鯛釣りが本命なのですよ。
 というのも、朝日が強烈に顔に当たり、暑いの何の・・・(;`▽´lllA`。
ボラを軽々と持つ少年
 いつもの埠頭の北側に場所を変え、釣り始めましたが、釣れませんねえ。
 場所を変えずに暑いのを我慢していれば良かったのか・・・。
 こういう時の選択って難しいです。
 おまけに本日は大潮。
 我が家の受難はいつも大潮ですから、たぶん何処で釣っても同じだろうと、場所は動かず。
 そうこうしている間に、夫猫が鯛を釣り、shinnrikoも鯛を釣り、チヌも釣れ、贅沢は言いません。
 そんなものでよろしいのですよ。
 と・・・思っていたら、相変わらずshinnrikoの竿が大きく曲がり、やっぱり大きなボラ君が来なすった。
 
 ボラをタモですくいあげていると、大物の気配がするのか、周りで釣りをしている人はみんな寄ってくる。
 「ボラですよ」「ボラですよ」とまるで、交通整理をしているみたいにお伝えすると、皆さん早々に引き上げられるのですが、最後まで行く末を見守る少年がひとり。
 「まさか・・・ボラ、いるの?」と聞いてみると、こっくりと頷く。
 「そやけど、お父さんもお母さんも、ボラなんていらへんて言わはるよ」
 少年は「いいの、いいの」とにっこりと可愛い笑顔で言うものだから、「どうぞ」と言うと、やすやすとボラを片手で握り、持って行った。

 お父さんと少年二人で大在埠頭に釣りに来ているようです。
 何メーターか先の彼らのいる場所では、お父さんは車の中でたぶんお昼寝中。
 子ども達二人はバケツを囲み、何やらしています。 
 バケツに入れたボラの観察でもしているのだろうかと、何とはなく思ったものの、shinnrikoは自分の釣りに夢中になっていると、先ほどの少年が、何やら掴んでやってきます。

五目釣りを始めた少年 「見て!!」というので手元を見ると、ボラの切り身。
 頭も内臓もきれいに取り去り、薄ピンク色の美しい身になっています。
 「驚いた~。君ら二人でお魚おろしたん?」と聞くと「そー」と短く答える。
 そんなことができる子どもがいるのか・・・。と改めて驚く。
 
 興味を持ったshinnrikoは二人としばらくの間、おしゃべりを楽しむことに決めた。
 少年二人は兄弟だという。
 先ほどボラを持ち去った少年は弟。
 大在埠頭に太刀魚釣りをしに来たと言っていた。
 彼らの役目は、太刀魚釣りの生き餌にするゼンゴ(小鯵)を釣ること。
 二人はshinnrikoの横にやってきて、彼らに合った短い竿を出し始めた。
 五目釣りを始めた兄もshinnrikoに興味を持ったらしい。
 「おばちゃん、どこからきたん?」
 「どこからって、別府やで」
 「ここと違う。言葉が違うもん」
 「エッ判るの?」
 関西弁の変な標準語なまりのshinnrikoの言葉をよくぞ見破ったり。
 
本命の鯛です。 「おばちゃんらが釣ったチヌをよかったら持って帰ってくれる?ただ鯛を一枚だけおいといてね、鯛ソーメンにするさかいに」
 と言うと彼らは“鯛ソーメン”に関心をもった。
 さかんに作り方を聞いてくる。
 「君ら、料理もできるの?」
 「ウン、できる」
 そりゃ、そうだ。ボラをあんなに見事にさばけるのだから、作り方さえ判ったら、やりこなすことくらい簡単だろう。

 shinnrikoは小学生の塾講師をしていた時期もあって、いろいろな子ども達と接する機会があった。
 しかしながら、ボラをさばけるとか、料理をレシピを聞いて作れると言った子ども達とは初めて出会った。
 我が家の息子のXAMP君も自然を相手にしたフィールドで育った、と思う。
 が、この子たちのようではなかった。
 将来が楽しみな子らだ。たくましく成長してほしい。と僭越ながら思う。
 
 鯛ソーメンです。 彼らの為に、鯛ソーメンのレシピを『猫の家の料理』で紹介する予定です。

 にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ  にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
にほんブログ村   にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー

 blogram投票ボタン
よろしかったらクリックをしてください。
neco-cook - mini 猫の家の料理はこちらからどうぞ。レシピを紹介しています。
サヨリ、高級魚です。 

形の良いサヨリが釣れました。
次回、『猫の家の料理』でサヨリの料理を紹介します。
にほんブログ村 トラコミュ みんなの釣り日記へ
みんなの釣り日記
 
 
 
スポンサーサイト

イシダイもキビレもチヌも暑さに負けず日吉原埠頭

 イシダイキビレも釣れた笑いが止まらん猫の夫!!
 
 夏休み二日目の8月18日。
 こんな暑い日に、ましてやお昼からの釣行なんて考えられないでしょう。
 でも釣りをやっているバカ夫婦。
永遠の貴公子、イシダイ君 
 満潮を狙わないと大物は釣れないと言い切る夫猫。
 さて8月18日の満潮は午後2時。真夏、それも酷暑の真昼間!! 

すごい恰好です。これでも釣り糸垂れてます。  それでも夫唱婦随、行きましたとも日吉原公共埠頭
 こんな暑い真昼間、釣りをする人がいるのかと思いきや、何人かは釣り糸を垂れていました。
 
 猫夫婦も竿を出し始めましたが、なんせ暑い!!あり得ない暑さ。
 皮膚を出した所は、たぶん火傷になるに違いないと、shinnrikoの外見はまるで冬篭りしているみたいな恰好に、おまけに雨傘をさして、大量の紫外線から身を護るようにしましたが、気の狂わんばかりの灼熱地獄(◎-◎;) (右写真)

その恰好!何?  おまけに、この日吉原埠頭、西向きなの?いつまでたっても僅かな影すらできません。
 先日来た時には、雨交じりでしたので、西向きのこんなに暑い場所とは予想していませんでした。

 それでも耐えましたとも。
 先日ベテラン釣り師さんに教えてもらったように、餌はボイル、ハリスは3ヒロ、ハリは太く。
 
 サバっ子コッパグレの猛襲をやり過ごし、待つこと数時間。
 大物を予感する竿の重量感と共に現れたのは、チヌ、それも大きいの。
 次に喰いついてくれたのは、ナッなんとキビレ。チヌより数段美しいそのお姿。感動しましたとも。
美しいキビレです。初めて釣れました。  
 ここでshinnrikoは完全にダウン・・・(_ _ |||)。
 車に戻り、エアコン最大にして、水分補給して、目を瞑る。この時に休んでいなかったらたぶん救急車だったろう、と思う。
チヌ、猫の夫婦の釣りもタモが登場するようになりました  
 その後も猫の夫は釣り続け、更なる大物チヌを釣り上げ、やっとお日様が雲に隠れ、立てるようになったshinnrikoが釣り道具を片づけ始めた、その刹那
 夫猫が叫ぶ、その釣り糸の先には、今までのお魚とはちょっと体型が違う。
 黒白模様の凛々しいお姿。イシダイ君が・・・。
 フラフラする頭も何のその、shinnrikoもタモを持って参戦。
 刺身にできるサイズですぞ。
 大喜びで帰路についた猫夫婦。
 

夕闇がせまる日吉原埠頭。やっと風が・・・  
 帰宅したのは、すでに暗くなってから。
 さて、次の日の休日3日目、猫の夫はとうとう熱中症になってしまったのか、頭痛と吐き気。
 まるで二日酔い状態ではないですか。
石鯛のカルパッチョ  せっかく作った石鯛のカルパッチョも僅かばかり口にするばかり、自業自得だろうな。
 それでも熱戦に勝利した夫は頭をさすりながらも嬉しそうではありました。

 「熱中症!!無謀な釣りは命取り(標語です)」



大きな地図で見る

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分 その他の街情報へ
にほんブログ村   にほんブログ村  にほんブログ村 

blogram投票ボタン 

GyoNetBlog ランキングバナー  参考になりましたらクリックしてください。
 
 

大在埠頭・・・海を汚さないで

 お盆が過ぎた。
 猫の夫の休みはお仕事の都合上少しずれます。
 ということで、お盆の喧騒が済んでからの、のんびりとした夏の休日です。
 相変わらず夫婦揃っての釣り三昧に休みを費やすことになります。

 お盆休みが去った海辺は相変わらず汚いです。(以前にも千葉の海で少々怒っていました)
 波止目にチョークで下記のように書かれてしまいました。
 埠頭の関係者の方が書いたのだろうと思います。(でも、汚した人はもう帰っちゃった後なのよ・・・ヘ(´_`)ヘ)
岸壁を汚すな!! ゴミは自分で持ち帰れ  
 「たしかに書かれるはずだなあ」と思う。
 周りにはコーヒー缶やジュースのペットボトルが散乱し、タバコの吸殻や、スーパーの袋やら、出来合いのサビキ仕掛けの包装の紙やらビニールやらがあちこちに散らばり、最悪に汚い堤防です。
 もともと美観の埠頭ではありませんが、それでも普段はこんなにもあからさまにゴミを捨てる人はいません。
 出来合いのサビキ仕掛けから、普段釣りをしない人が汚しっぱなしで帰った思われます。
 いつも釣りをしている人はハリスは自分で作りますもんね。
 誰がこんなに汚くしたのかはわかりませんが、そのゴミの散らかし具合から、グループで来て、ワイワイと騒ぎながら、サビキでゼンゴ(小鯵)釣りをしながら、飲んで、食って、海を汚して帰った様子がありありと判ります。

こちらに向かって歩いて来るのが蛸テンヤのおじさん  「誰だ~!!こんなに汚したのは」と嘆いていたら、側にテンヤ蛸釣りをしていたオジさんが寄ってきました。

 「汚いやろ~!!あっちにも、こっちにも書かれてしもた。こんな事が続くようやったら、もう埠頭から締め出されてしまうわ・・・。」
 と悲しそうな声でつぶやきながら、ゴミを拾って歩かれていました。

 ホント、マナー悪いです。
 たまに来る、俄か釣り師さんたちの置き土産、何とかしてほしいものです。
 
 そしてタコテンヤのおじさんありがとうございます。
 
 さて、周りをある程度きれいにしてから、釣行開始。 
可愛いボラ   まずshinnrikoの竿が重くて折れそうになるほどの大物は相変わらずこの子、ボラ君です。
 
 釣り師さん達の嫌われ者。
 タモを登場させたものだから、近くで釣りをしていた人達が寄ってきたものの、「ボラか・・・」と去っていく。
 今回はちゃんと写真に写してあげました。
 何とも可愛らしいお顔です。お目目もクリクリしています。
 食べてあげたいけどこれは『猫またぎ』。我が家にも無用でございます。
 海にお帰りになってもらいました。

 その後、鯛が釣れ、チヌが釣れ、大物の気配!!にタモですくい上げると、なんと大きなカワハギ。 
大きいけれど、薄いカワハギ君  

 久しぶりの大きなカワハギに大喜び。
もう、暑さに勝てず、おばさんファッションです。  でもね、この時期のカワハギって肝がないのよ。我が家に帰ってから、さばいてみると、肝どころか身もわずか・・・。ガックリです。
 
 でも、大きなカワハギって皮の部分でハゲ皮が作れます。
 釣具屋さんのパーツ売り場ではこのハゲ皮、結構いい値段がするでしょ。
 我が家では猫の夫が皮を薄く磨いて、shinnrikoの大アジ狙いのサビキを作ってくれています。
 このサビキ仕掛けを我が家では『パパサビキ』と呼んでいます。
 「パパサビキがなくなったので作って」というとこのハゲ皮をハリに巻いてハリスを作ってくれています。
 今度、作り方をご披露しますね。
 
 本日の釣果は以下です。
 どうです。だんだん研究と修行の成果が上がってきました?だいぶ大物が釣れるようになってきました。

8月17日の釣果 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分 その他の街情報へ にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
にほんブログ村   にほんブログ村

blogram投票ボタン 
GyoNetBlog ランキングバナー   参考になりましたら、ロゴをクリックしてくださいね。


 

日吉原埠頭・・・釣れない夫婦の訳?

大分市日吉原公共埠頭 猫の夫【マダイ狙いカゴ釣り仕掛け】妻【大アジ狙いカゴ釣り仕掛け】

 台風が近づく、雨交じりのこの日、
 猫の夫がネットで知った情報を元に、「今日は大在ではなく、日吉原に行こう」と言い出した。
 別に抵抗する理由もないので朝3時半に出動。
得たいの知れないどんよりした雲・・・  
 晴天続きでshinnrikoは半分熱中症になりながら存在しているという今日この頃。
 この日は小雨、時々大雨、太陽ジリジリ、とよく判らない天気でしたが、釣行には良い気候でしたね。
 波もなかったし、大潮でしたが、穏やかな海でした。 
大きな地図で見る
  
 ところで大潮
 大潮といえば、我が家には「大潮は釣れないという」世の中の釣り人とは真逆のジンクスがありまして・・・。
 案の定、“浮き”は優雅に波間にただよいっていましたよ。一向に沈みません。 
  
釣れた釣れた、メイタ?(カイズ)です 猫の夫が「釣れた釣れた」というので、見ると小さいチヌ。
 そういえば、こちら(九州)では小さい『カイズサイズ』のチヌを『メイタ』と呼ぶのですね。
 よく堤防でおじさん達が「メイタメイタ」と言うので、すっかり『メイタガレイ』のことだと思っていましたよ(`/∀´)ホホホ。
 魚の地方名はいろいろあって難しいでございますー。

 その“メイタ”を釣って嬉しそうにしています。
 shinnrikoは心から良かったと胸を撫で下ろしましたよ。
 猫の夫はshinnrikoが先に釣ると粘着性格が出て、とっても意地にナラハルノドス(急に京都弁)。
 とにかく、「釣りはサラサラと爽やかに楽しもうよ!!」が本望のshinnrikoなのに、傍らでメラメラされては嫌なものです。
 ということで、今日はこれで安心だ。と思ったのにもかかわらず、それっきりピタッと釣れなくなった。
 
食べごろサイズの鯛です。・・・うらやましい  と、横を見ると、お隣のお二人連れ、さっきから鯛や鯛やチヌやチヌや鯛や・・・ああ何匹釣っているのだろう!!
 我が家が釣れないので、写真を撮らせてもらいました。
 それにしてもよく釣っておられますなあ。
 我が家の横に陣取られる方はとってもベテランばかり、まあそこは謙虚に学ぶチャンスとshinnrikoはおばさん根性を出して、お伺いに参上!
 「どうして釣れるの??」といつものように聞くと、丁寧に教えてくださいました。

ベテランお二人のお手手  「ハリスは三ヒロやで」「エッ、そんなに」
 「エサはボイルやで」「エッ、ジャンボじゃあかんの?」
 「ハリは鯛8号やで」「エッ、それは大きい」
  
 ということで、猫の夫婦が用意した仕掛けではアカンということになった。
 のにかかわらず、あまりに横で釣っておられたもので、猫の夫のとうとう悪い癖がでた。
 お日様はとうに真上に来て、斜めに傾き始めても、この仕掛けでは難しいと判っていても、猫の夫は帰ると言わない。
 執着満開の猫の夫朝3時から起きているのに、もう体力の限界じゃない。 
 それでも止めようとしない夫に、shinnrikoの『我慢のボルテージ』はレッドゾーンに突入。
 怒り心頭、血圧が上がっているのが判らんのかいな、ホンマニ!!

 やっと片づけ始めた猫の夫。帰りの車の運転は眠さでメロメロに。
 だから言わんこっちゃない。

 しかしながら諦め切れない猫の夫は、情報源のブログサイトの『誠太郎釣り道楽』さんにおじゃまをして、釣り方の質問していつの日か、我が家のハリに喰いついてちょうだいましたよ。 
 もしお気づきでしたら、『shinigstudio』が猫の夫です。
  
 この執着心、本道に発揮してくれれば、“がまの釣具”が手に入るようになるのかもね。
 毎日カタログを見ながら、ヨダレを流しています。

shinnrikoの悔しそうな横顔 shinnrikoの釣果は・・・。一度だけ、ドラグがキキキキ鳴るほどの大物がかかったものの、「タモッタモッ」と叫んでいるうちにバレてしまいました。
 はてさて何者だったのでしょう。大アジだったら嬉しいのに・・・いや悲しいのに。
 たぶんボラだな・・・(;_ _)/|ガックリ 

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分 その他の街情報へ  blogram投票ボタン  
 にほんブログ村   にほんブログ村
GyoNetBlog ランキングバナー 


大きな地図で見る

この魚はなんじゃろ・・・たぶんカマボコ

 釣れた場所:四浦半島、落ノ浦【ショアジギング

 暑い!とにかく暑い!! こんな暑い中、釣りに行こうなんて、バカである。
 とは思うものの、じっとしていられない猫夫婦。
 狙うは朝まずめ、昼間は灼熱地獄になるはず・・・。
大物の予感・・・。カールのおじさんみたいな格好です。 
 
 ということで、めずらしいことに早朝津久見市内にある『ほごたん屋釣具店』に朝一番のお客となって、目指すは、いつものように落ノ浦
 しかしですね、着いた頃にはすっかり夜が明けていました。ジワジワと蒸し暑さが身にこたえるなあ。
 とshinnrikoがカゴ釣り仕掛けを作っている間に、シーバスロッドジグを投げ始めた夫猫が叫びます。
 「ヤッタ!ヤッタ!!大物や!!!」
 あんたヤッターマンじゃないんだから、朝から叫ぶなよ。低血圧のshinnrikoは朝は朦朧としているのだから・・・。

 ふと夫猫の方を見ると、本当に大物らしい。
 コリャ!!久しぶりに刺身が食べられるぞ。と喜び勇んでラインの先を凝視。
 でも何か変だぞ???
 魚の色が茶色だもん。なんじゃコレ・・・???

エソ???  
 はっきりと判りましたね。
 釣れてはいけない魚君ですよ。
 夫猫がションボリと言います。「エソや・・・」
 何それ?「エサ?」
 ジグに喰らいついた獰猛な口、蛇のような魚体。暴れる姿がこの世のものとは思えません。
 
 一刻も早く海にお帰りになって、と願いつつ・・・。
 恐る恐る眺めると、すでにジグにオモイッきり喰らいついていましたので、損傷激しく海に放した時には、仰向けになっていました。
 やっぱり食べてあげる方が良かったか・・・。
 しかし、どう料理するのだろう。

 帰ってから調べると、蒲鉾の原料になるらしいです。
 shinnrikoの調理意欲が少々出てまいりました。
 さつま揚げはよく作りますが、蒲鉾は作ったことがありません。
 ちょっと海に返したのが惜しい気がしてまいりましたが、
 いや待てよ、あの怖いお顔を見ながら、自分は料理ができるだろうか・・・。
 今、思案してもしょうがない。
 次回釣れたら考えることにしましょう。

サバっ子  この日の他の釣果は相変わらず、サバっ子が一杯(これはリリース)。
 カワハギが何匹か釣れてくれました。でも夏のカワハギってが少ないのよね。

ハゲちゃん ちょっと大きめ と考えつつ、竿を出していると、汗は滝のように流れるし、そのうちに心臓の鼓動がバクバクと早くなるのが判ります。
 これはヤ・バ・イです。
 ここで熱中症でニュースに出るわけにはいきません。
 釣り道具をそのままにして、車に避難。
 エアコンを最強にして体を冷やしましたが、本当に危ないですゾ、今年の暑さは。
  
youra-map.jpg 帰り道、コンビニに立ち寄り、『ガリガリ君』を頬張りました。やっぱり夏は『ガリガリ君』です。
 shinnrikoがいくら手作りアイス(『猫の家の料理』掲載アイス菓子)にこだわったとしても、『ガリガリ君』のあのシンプルなキーンとした冷たさには敵いません。
 『ガリガリ君』は子どものアイスだと思っていたでしょう。大人だってガリガリ君は食べます。
 現在『ガリガリ君』はこの猛暑で需要が多すぎて品薄なんですって。(ちょっと釣りから話題がずれました) 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村

blogram投票ボタン 

GyoNetBlog ランキングバナー    neco-cook - mini shinnrikoの料理レシピはこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。