猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別府湾・・・この海で何が釣れるのだろう

夏の空
 別府に来て1年半、このブログを作り始めて1年。
 早いものです。
 そして今年も暑い夏を別府で過ごしています。

 大阪南港から、車と一緒にさんふらわー号に乗って、一晩で別府に着きます。
 引っ越してきた日に思ったのは、ここはパラレルワールド。
 一晩船で過ごして、実は起きたら数年前のどこか知らない町だったなんてことがあるかもしれない。 

  朝もやの中、別府湾はそんな雰囲気を漂わせていました。
 
 その別府湾で釣りをするようになって、別府湾のお魚を食べています。
 そして、すっかりいついています。
別府湾 全貌
 キスさて、今年は早くも夏本番。
 夏雲が出ている別府湾日出港からぐるりと一周の写真を撮ってみました。
 つぎはぎだらけなので、見にくいですか?
 素人の写真ですから許してください。

 日出港は別府の北東側に位置します。
 別府を挟んで対岸のような気がしますが、別府湾では随分別府寄りにある港です。
 
アナゴ 別府湾内の地形はどのようになっているか、詳しくは調べていませんが、こんな感じです。
 
 対岸に見える高崎山からの海に向かって、山から急深に海底が沈んでいます。
 
 海底の深さがあるため、海岸のすぐ近くでハマチなどの青物狙いの釣り船が出ています。
 
 大分側は昔は瀬の多かった場所。
 コチ鯛などが昔から生息していましたので、工業地帯になった今でも堤防から鯛が釣れるところです。

 大分の先が佐賀関になります。
 常にこの湾にはアジや鯖が回ってくるとても良い釣り場なのです。

 そして、今いる日出港。
 城下カレイのブランドが付いているように、ここでは砂地の底ものが狙えます。
 久しぶりにシーバスロッドで投げ釣りをしてみることにしました。 
ハゼ
 本日のshinnrikoの釣り魚。
 江戸前ならぬ、別府前の天麩羅材料。
   
 鱚(キス
 穴子
 鯒(コチ
 ハゼ
 
 残念ながら、カレイは釣れませんでした。
別府前天麩羅 この日出港から東、国東半島に向かっては干潟が続きます。

 本日の晩御飯は天麩羅といきましょう。
 これだけ揃ったら、東京なら5,000円以上はする天麩羅になるはず。

25センチオーバーアジ  とは思ったものの、アナゴ・・・このヘビ状のものをさばけずにリリース。
 あとのお魚達はあまりにも小さい。
 でも無理やりに天麩羅にしてみました。

 その後、アジの25センチアップのが釣れたので、アジの開きにします。
 これは肉厚で美味しそうです。

アジの開き 最後にshinnrikoの新しい竿に釣れてくれたのは、チヌチヌチヌ!!!
  「あな、うれしや!!」
チヌ
    でも夏のチヌを食べるのは遠慮しておきましょう。
 元気なうちにリリース。

 別府湾を知らない、多くの方々へ、釣りをするなら別府でしょう。
 
 おさかな天国・パラレルワールド別府へどうぞいらしてください。

 blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
にほんブログ村 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ  ☆゜・:.。. .。.:・゜ 読まれたらロゴをクリックお願いします。 

スポンサーサイト

新しい磯竿とちょっとしたチャレンジ

NISSIN波動チヌ1-450 竿の準備OK

shinnriko

 竿を久しぶりに買ってもらいました。『NISSINの「波動チヌ」』値段も手頃。「年無し」(相当大きいチヌ)にも対応できるらしい。今まで、磯竿メタルシアを使っていたの知ってる?この竿も何年も持たせるつもり。主婦だもん。 http://p.twipple.jp/D3whT
06-26 22:08

新しい竿を試す機会がやってきた。 
 
佐賀関の太平洋側の小さな堤防。
この波止は前にフカセで大きなカワハギが釣れて、楽しかった場所です。

以前に来たときよりも藻がすくなくなっているなあ。

いつもの佐賀関の波止から見る、2本のエントツ?3本?工事中のクレーンだった。 

釣研のウキ、マッチ棒 これは良い兆候なのか悪い結果となるのか。

藻が邪魔をしないのは釣り易いが、身を隠せる藻がなくなったということで、大きな魚はどこかに行ってしまったという可能性もある。

新しい竿はガイドの滑りがいいなあ!
するすると道糸が出てくれます。

夫は竿デビューのこの日は良いウキを貸してくれた。
仕掛けもウキ止めではなく、『釣研のMATCH棒』を使ってアタリが見易くしてくれた。

どうしてなんだ、夫が仕掛けまで前日に作ってくれるとチャリコの猛攻だ!! は、なんだかこの日だけ親切だ・・・?

と思ったら、新しいリールをオークションで買ったらしい。・・・そんなことだと思った。

とにかく竿デビューだ。
つまらないこと言って、気分が悪くなって、釣果が落ちても嫌だしね。
これで大きな魚がかかってくれたら、言うことなしです。

でもなんでだ?この海はチャリコしか釣れん。
君達なんでこんなに小さいのにこんなに食い気があるんだ。
もっと大きくなって戻っておいでよ。

こういう時こそ、『釣りビジョン』を見て研究しているとおり、撒き餌を活躍させるべきだ。
足元に撒き餌を撒いて、小さい魚たちを寄せて、その向こうに仕掛けを落とす。
さあ!どうだ!

来ましたよ、来ましたよ、グレの30センチオーバー。
メバルもチャリコに混じってる九州ではクロという名称がついている、このお魚。
黒くて美しい。おまけにお目目がブルー。
きれいだな。
釣り上げる時のググッていう感触が何ともいえないこの魚の釣り心地に、磯釣り師さん達は夢中になる。

せっかく釣れてくれたけど、shinnrikoの家ではこのお魚は食べないと決めている。  
 以前フライフィッシングをしていたので、リリースには抵抗ない。

が・・・前から決めていた30センチ以上の魚は食べてみようって。

でもねグレって、『寒グレ』って言ったり、『冬メジナ』ってい言ったり、冬に美味しい魚として有名です。
この夏に食べて美味しいのだろうか・・・。

30オーバー・・・食べちゃうの?

波止で、うろことエラを取り、家に帰ってから、刺身にしてみた。

メジナのお刺身 身はピンク色で鯛に似る。
味は・・・あまり旨みがないなあ。脂がのってギラギラしているが・・・。

思ったより臭くはなかったか・・・。
でもスーパーでは普通にこういうお刺身が並んでいたような気がする。

夏のグレを食す!我が家にとってはちょっとしたチャレンジ!!


shinnrikoが使っていたメタルシアって知ってます?
農作業の帽子で日焼け止め対策!リョウビが釣り部門をしていた時の竿。
いまだに使っていたなんて、奇跡的?
金色に輝くこの竿を手に入れた時はとても嬉しかった。
大事に使っていましたが、この度卒業しました。

☆゜・:.。. .。.:・゜
読まれたらロゴをクリックお願いします。

このところ、日焼け防止の為に農作業の帽子を使用しています。
恥ずかしいなんて言ってられない、お年頃です。
GyoNetBlog ランキングバナー blogram投票ボタン にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村

海峡を挟んだ愛媛県八幡浜

八幡浜の波止  
shinnriko

スーパーゼンゴ「愛媛県八幡浜で釣りをしています。この辺りでは、我が家が以前していた釣り方、投げカゴ釣りをメインでしておられます。海峡一つで釣り方は違うものですね。 @Fotolr http://img.ly/5HRt
07-01 12:11


徳島に私用+公用でしばらく過ごしていました。

徳島ではとても忙しくしていましたので、釣りはできず。
前日に八幡浜に着いたのはすでに22時を過ぎ、八幡浜で一泊することに。


大きな地図で見る
どうしても四国で釣りがしたいという夫。
しかたがないので、フェリーを待つ僅かな時間で竿を出すことにしました。

八幡浜の釣具店で情報を聞くと、こちらでは『スーパーゼンゴ』を釣るというのがメインらしい。
八幡浜名物『スーパーゼンゴ』とは?

よくよく聞いてみると、極めて小さいマメ鯵のことらしい。
波止にくるどの釣り人も小さなお魚を狙うような仕掛け。
投げサビキの仕掛けを釣り師の皆さん用意している。

こんなちいさなゼンゴなど、網ですくったらよいのに・・・と思うのは地元を知らない、浅はかな考えなのだろう。
たしかに 、ピチピチとした小鯵を釣る感触は面白いし、このサイズのアジはから揚げにすると最高に美味しい。


このあたりの山はすべてミカン山。

このあたりの山はすべてミカン山。
愛媛ミカンの産地であるので、秋頃来たら美味しいミカンが安く手にはいったことだろうが、今は青々としたミカンの木が山を覆っている。
これもまた、美しい風景。

P1003315.jpg 近くにはおさかな牧場シーロード八幡浜があります。
時間に余裕があるときに、訪れることにしましょう。

施設の方に聞くと、ゼンゴ(小鯵)が釣れるとのこと、時間がないときに、施設を利用するにはもったいない、おまけにゼンゴであれば、そのあたりでも釣れそう。
次回来るまでには、大きな鯛が回ってきていますように。

ここの良い所は水深があるということ、渡船代も安い。
渡船で渡るイカダ付近は水深40メートルはあるそうだ。
こんなに深さがあれば、思った以上のお魚にお目にかかれる可能性はあるだろう。

この船に乗るのに、まだ竿を出している。 本日は、フェリーの乗船時刻も気になるので、フェリー乗り場近くの波止で釣りをすることにしましょう。

時というものは、あっという間に過ぎ行くもの。
慌てて配合餌とオキアミを混ぜて餌を作り、釣りはじめたものの、出航30分前になってしまった。

「別府行きのフェリーが来たのに、夫は釣りをやめようとしない、どうしよう。フェリーは宇和島運輸フェリー。別府まで3時間の航路となる。@Fotolr http://img.ly/5HTr
07-01 12:25
この船にのるのに、まだ夫は竿をしまっていない。
P1003319fc.jpg
こういう時に、いつも夫は悠長に構える。
私の血液型はA型、夫は自分勝手なB型ときている。
A型人間としてはギリギリに乗船なんて、絶対に嫌な行動パターンなのに。

昼ごはんを 購入し、乗り場に着いたときには、7分前。

「出港3分前、ギリで乗船できた。
07-01 12:59

P1003336.jpg 船内は明るく、清潔。
外から見るよりも、ずっと快適。
居場所を確保すると、男子高校生の団体がいることに気付く。
うるさいと嫌だなあ、と思ったが、とてもおりこうさんにすごしていた。
脱いだ靴もきれいに揃えて、勉強をする子もいたほどだ。
なかなか良い子たちだ。

昼ごはんを食べ、ギリギリに乗船できた安堵感からか、ウトウトと眠りについた。
P1003347.jpg 目が覚めると、すでに大分の工業地帯が目に入ってきた。

甲板に出ると、船が通った軌跡が海面にくっきりと描かれていた。

この軌跡の先には四国がある。


ああ、別府はもうそこだ。

赤灯、白灯の別府一文字の堤防をすり抜けると、別府観光港に入る。

先日息子を見送った、さんふらーわー号も待ち構えている。
数日間離れただけなのに、別府湾の景色に懐かしさを覚えた。

P1003348fc.jpg 
GyoNetBlog ランキングバナー
blogram投票ボタン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。