猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館山の釣りとリゾート・・・その2

 昨日から千葉房総半島最南端の館山に来ています。
 
コテージが並ぶホテルです。
 バブルの時代に建てられたホテルは少し老朽化が目立ちましたが、リゾートホテルのゆったりした空間はとても癒しです。

 昨日はエステもしていただいて、温泉も入って、朝目が覚めてから、時間を追うごとに昨日までの曇り空がだんだん晴れてゆきます。
朝食メニュー  
 ゆっくりとホテルの朝食をいただくことにします。
 丁寧に焼いたプレーンオムレツが嬉しいですね。
 ウワッ!フレンチトーストもついています・・・大好きです。
 
 気分上々!今日はご機嫌な釣りを満喫しましょう。

 州崎灯台
 釣り場は昨日海岸べりを気分が悪くなるほど回りましたので、探索する必要はありません。
   
釣れるベストポイント・・・流れ速し  


大きな地図で見る 
 本日の目的地は州崎灯台下。
 上の写真中央に灯台がありますね。
 白くてとても美しい灯台です。

 ここは有名な釣り場ですよ。
 平たい岩が連なる磯です。
 
 昨日は日曜日でしたので、釣り人が何人かいましたが、本日は独占状態。
 
 夫が居る場所にフジツボの巨大化したような人工的構造物はなんでしょうね。
 イワシなどを入れておく場所(房総半島東側の勝浦ではもっと大きいプールみたいなイワシの保管場がありました)?もしくは砲台の基礎部分?不明です。
  
shinnrikoの磯シューズ  こんな日の為に買っておいた磯シューズ。
 靴底にはピンが埋め込まれていて、磯でも滑りません(スパイクシューズです)。
 有名メーカー品ではありませんよ。
 女性アングラーにとって最低限の条件・・・サイズが合うこと。
 この用件を満たしています。
 これがなかなか難しいの。
 釣具店に並ぶものはほとんどが男性用。
 SSからSのサイズになると見つけたら即履き、即買いしないと今度自分に合う釣りウェアーは無いと思っても良いくらい。
 もちろんインターネットではありますが、靴って履いてみないと判らないでしょ。
 特に外国メーカーのものは小さいか大きいかどちらかですから。
 ということで、何処の釣具屋さんで買ったかも忘れるくらい、突然即買いした磯シューズです。
 (こういう買い物は衝動買いとは違います・・・と自分に言い聞かせましょう)

 さっそくシューズを履いて岩場に下りると、良いではないですか、shinnrikoでも岩場の磯釣りができそうです。
 
 ですが・・・この場所流れが速い。
 夫が静かな流れの場所に移動しようと言い始めた。
 しょうがないので、百メートルほど場所を移動。

 ところがですよ。
 磯の難しいところは小さいエサ取り君達がワンサといること。
 ベラにクサフグ・・・この二種類しかこの磯にはいないのか・・・。
 
 先ほどの場所に戻ろうとしたら、もう釣り人がその場所を占拠。
 割り込むには足場が悪いです。

 猫の夫の焦りが始まった。
 昨日は竿を折るし、場所が決まらずに来るまでグルグル回るし。
 
 どうやら本日も諦めが早いらしい。
 shinnrikoは昨日から夫唱婦随でついて回っているものだから、あっさりと移動を認めてしまった。
 それが良かったのか悪かったのか・・・。

透き通る海  
 館山湾に入るあたりの小さな堤防。
 水の色を見てください。
水族館ダ!!! 
釣れない・・・  まるで水族館の水槽みたいでしょ。
 熱帯魚がうようよいます。


大きな地図で見る
ここは千葉の最南端。
 館山湾沖ノ島付近には小さな珊瑚礁群があるほど。
 暖かい地域なのですね。

 こんなに透明な水ですもん。
 お魚達はshinnrikoのことをずっと見ているに決まっています。
 針は加えてくれず、餌だけ上手に食べてくれます。

 呆然とする猫の夫。
 本日はお魚の写真は載せられません。
 だって釣れなかったのですもん・・・。

 海に美味しい撒き餌を撒いてきてあげました。
こんにちは!! 今頃はお魚達、喜んで食べてくれているでしょう。

 しばらく釣りができなかった日々がつづきましたので、少~し焦りましたか。
 まあ良いのです。
 癒しのリゾートとプラス釣りの旅だったのですから。 

 お魚の写真がないので、しょうがないのでshinnrikoの顔、載せときます。

釣具店で撮影  そうだ・・・今回の釣行前にクーラーボックスを買い換えました。
  ダイワの新しいタイプ。
 エコノミータイプですけど。
 とても性能がよかったです。
 だって二日たっても氷が半分以上解けていなかったのですよ。
 今までどんなボロの使っていのって言われそうですけど。

 さすが・・・ダイワだなあ。
 
次回の釣行こそ釣れますように。
 でもいつ行けるのだろう。

 宿泊したリゾートホテル、バリエステ
 ホテルアクシオン勝浦 http://www.accion.co.jp/index.html

 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?
GyoNetBlog ランキングバナー blogram投票ボタンにほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村 
スポンサーサイト

館山の釣りとリゾート・・・その1

 秋です!
 釣り本番!!
 やっと猫の夫婦の釣行日がやってきました。

 おまけに今回は2日かけて千葉県房総半島最南端、太平洋での釣りです。
 気合入れて準備した・・・かな?

 リゾートホテルにも泊りますよ。
 ひさびさの釣りで腕が鈍ってなければ良いのですが。

州崎灯台下・・・有名釣り場 
 東京からは車で東京湾アクアラインを抜け、木更津から富津館山道を通り、1時間半~2時間で房総半島の最南端に着きます。
 ひと昔前のようにアクアラインの料金の高さにビビルことはないですよ。
 ETCを付けた割引料金は800円。
 
 これは平成26年までの社会実験らしいのです。
 将来料金が上がるかどうかはshinnrikoには判りません。
 ですが、1,000円以下の通行料だと、千葉に行こうかなという気になりますねえ。
 
 富津館山道の富楽里(とみやま)パーキングエリアで意外なものを発見。
 下の写真です。何か判りますか?
SAのパッションフルーツ 

いただきものパッションフルーツ  パッションフルーツが生っているのですよ。
 パッションフルーツって、南国しか育たないと思っていました。
 
 shinnrikoは6月下旬に鹿児島の佐多のお友達から甘酸っぱく芳しいパッションフルーツをいただき、大いに喜びましたが、なんと・・・千葉でも育つのですね。
 (右の写真はその時にいただいた、鹿児島産パッションフルーツ)
 でも千葉のパッションフルーツはまだ青くてちょっと寒そうです。

 館山のインターを抜け、もうすぐ釣り場です。
 秋といえば青物の釣りですよ。
 猫の夫はワカシ、イナダを釣りたいものだから、先日行けなかった自衛隊堤防に直行です。
 ここはまだ太平洋ではなく東京湾ですけどね。
 
 自衛隊堤防は日曜日とあって、非常に大勢の釣り人。
 日曜日に釣りをすることの少ない猫夫婦にとって、釣り場の人口密度が高いところでは、ちょっと臆し気味。
 気を取り直し、仕掛けの準備。
 仕掛けを作る時のあの何ともいえない、ワクワク感はたまりませんねえ。
わわわ・・・折れたシーバスロッド
 と・・・猫の夫の叫び声。
 「ギャー!!!
 
 ド・・・どうしたのだ・・・と振り向くと・・・。
 穂先の折れたシーバスロッドを持って涙目になっている。

 なんとまあ・・・。
 さい先の悪いこと。
 しばらくの間、釣り場に行けなかったもので、毎日抱えてテレビを見ていたものだから、どこかに当ててしまったのだろうか・・・。

 私・・・踏んでないからね

 自衛隊堤防入り口 
 
 でも、そんなことで青物を諦める訳のない猫の夫。
 かかんに先っぽの折れた竿を抱えて込み合った堤防の人と人の間に入り込みます。

 右横には青物狙いのルアーマン。 左横にはカゴ釣り師さん。
 
 それにしてもさすが首都圏です。
 た・か・だ・か?(関東では今やメイン?)カゴ釣りなのに…がまのロッド、Abuのリール。


大きな地図で見る
 それも高そうです。
 う~んブランドで釣果が上がるのか?
 飛ばしウキをビュンビュン飛ばしていました。
 よく飛びますねえと言ったら、嬉しそうに「道具が良いのですよ」だっ・・・て
 
 夫に見せびらかさないでね。
 それにしたって、我が家のシーバスロッド、去年買ったのではなかったか? 
 
 なぶらは少々立っても、青物は釣れていなさそうでしたので、込み合った堤防を早々に後にすることにしました。
 二週間くらい前には青物(カンパチらしい)が釣れていたらしいのですが、来るのが遅すぎましたね。
 先日あれほど釣れていたソウダカツオも姿を消してしまいました。

 気を取り直して場所移動。
 車はなおも房総半島を南下。

伊勢海老海鮮丼  本日宿泊するホテルの近くまで行って釣りをすることにしました。
 たしかに、道々良い堤防が各所にあります。
 その度に車を堤防近くで止め、猫の夫は下見をします。
 こんなにきれいな所なんだから、どこでも釣れるでしょうにと思うのだけど、とっても念入り。
 とうとうshinnrikoは疲れきっちゃいました。

 右の写真は昼食で食べた伊勢海老海鮮丼。
 伊勢海老が載って豪華でしょ。
 でも美味しかったのは、豪華な伊勢海老の下にあった、鯵の『なめろう』控えめだけど旨み凝縮の千葉の名産です。
 (もちろん伊勢海老も千葉の名産ですけどね)
 昔書いたHPを見てくださいね
 ホテル近くの堤防に到着しましたが、shinnrikoは疲れきっちゃって、車の中で仮眠することにしました。
メジナ釣れた  
 その間に猫の夫は九州で培ったフカセ釣りでコンスタントにメジナを釣り続けていたらしい。
 かなり大きいですよ。


静かな漁港

ここは、あまり大きな堤防ではありませんが、とても釣り易そうです。

ひとりで釣りする猫の夫


大きな地図で見る
 夫は外側の岩場に向かって釣っていました。
 車の中で寝ていたshinnrikoですが、夫の仕事場から電話があり起きてしまいました。
 (携帯を車の中におきっぱなしだったのネ)
 東京に来てから何だか忙しそうですねえ、ご主人さん。

 この日のshinnrikoは結局釣りをせず。
 まあいいわ!ホテルに行ったらエステだもん。

 ホテルの夕食は下の写真。
 リーズナブルな宿泊費のわりに食事がしっかりとしていて、shinnrikoは充分に満足させていただきました。
夕食メニュー 

シェフの本 本日のメニューはプチフランス。
 魚介グリルの前菜、フォカッチャに似たフランスパン、ニンジンのポタージュ、ホタテのクリームソース、ビーフシチュー、洋梨のタルト、これだけ食べれば明日は元気になりますよ(ちょっとカロリー採り過ぎか)。

 エステはバリのエステらしい。
 優しいオイルマッサージで生き返りました。

 右の写真は本日のシェフの料理本です。
 ナント・・・『釣魚料理のレシピ集』
 この本がほしくてね、帰ってからamazonで購入しようと検索してもなかったの・・・残念。
 
 おやすみなさい ちゃんと見ておけばよかった。
 ここのシェフ、釣り師さんなのね。
 shinnrikoの釣り魚料理の幅が広がったかもしれないのに、もしかしたら、一期一会の機会を逃した?
 
 この日の締め括りは貸切風呂。
 今のshinnrikoは大浴場は無理ですから。
 夫婦仲良く入らせていただきました。

 二日目の釣行をお楽しみに。 

 パッションフルーツのあるパーキング
 ハイウェイオアシス富楽里 道の駅富楽里とみやま  http://furari.awa.or.jp/index.html 

 伊勢海老の海鮮丼
 海の駅伊戸だいぼ工房 http://www.awa.or.jp/home/daibo/
 
 宿泊したリゾートホテル、バリエステ
 ホテルアクシオン勝浦 http://www.accion.co.jp/index.html

 GyoNetBlog ランキングバナー  blogram投票ボタンにほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村 

読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

釣りにいけない休日

 P1003232_20111015205330.jpg釣りに行けないshinnrikoです。

 猫の夫もこのとおり、ソファーでダラーとしてます。
 (汚い足でごめんなさい、夫の足です)
 

 愛おしそうに釣り竿二本抱えてね。

 ちょっと可愛いそう。

 しょうがないですね。
 shinnrikoは昨日病院で一生懸命直すべく、点滴を受けてきました。
 ひと昔のように吐き気で寝込むことはなくなった(今は良い薬があります)とはいえ、昨日の今日におさかな釣りには行けませんねえ。

 朝からずっと『釣りビジョン』見続けています。
 現在放送している番組や、撮り貯めた番組とか、朝からずっとね。

 猫の夫:「あーあ、別府だったら、すぐに海だったのに」

 shinnriko:「言ってもしょうがないじゃん、ココは東京!」

 猫の夫:「環八混んでるし、首都高、高いしなあ」

 しょうがないので、諦めて『釣りビジョン』を観続けます。

  最近のshinnrikoのお気に入りは、たくや!!ですよ!!

 たくやが出ると「きゃー!たくや!O(≧▽≦)O」と叫ぶものだから猫の夫は面白くない?
 そんな歳でもないか・・・。

 『磯を駆ける』の平和卓也君です。(リンクしているので、大きいお顔で見てね)

 釣りを始める前に、海に向かって一礼するの。礼儀正しいのだわ!
 おまけに、京都出身らしいの。shinnrikoと同郷ですワ。
 若い、カッコイイ、磯釣り、フカセ、同郷。当然応援!!

 猫の夫は『伝心伝承』鬼才 松田稔氏のファンなのよ。
 
 鬼才って、ちょっと言葉が悪い?徳島弁だからそんなものか。
 
 やっぱり同郷なので夫は応援する?

 そろそろ釣りに行かねば・・・。ちょっと腐れ気味。
 次回の釣りは月末に一泊で予定しています。 
 にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村blogram投票ボタン
GyoNetBlog ランキングバナー 
読まれましたらポチリッと押してくださいますか?



 

猫の額ほどの話 shinnrikoの近況10/13

『猫の額ほどの話』がん患者の普通の生活
 更新しました。

静脈注射が入らない  』です。

 お暇な時に読んでみてください。

無・・・ボウズ 東扇島

 実は昨日、猫の夫婦始まって以来の貴重な体験しました。
 
 ボウズ!!!
 いつもはね、釣れなかった・・・とはいえ、shinnrikoと猫の夫のお友達のベラ君とか、クサフグ君とか、ハオコゼ君とか、巨大ボラ様とか、可愛いお友達たちが顔を見せてくれるのに・・・。

----------------------------------------


 猫の夫の休日、朝一番で歯医者の予約が入っていたので、今日は一日家に居るのかと思いきや、竿を出し始めた。
 「エっ行くの?」
 夫が家に居る日は朝、昼、晩と三食のご飯を作らなければならにでしょ。
 それって結構重労働。

 それより、おさかな釣りに行った方が良いに決まっています。

 本当はキレイな海に行きたいけれど、東京湾での釣りは引っ越してきてからまだ行っていないし・・・。 
 今日は東京の海に顔見世しておきましょうと思ったのですよ。
 
 場所は東扇島
 東京湾の昭和の埋立地、人工島です。
 shinnrikoが住んでいる杉並からは、環八をずっと南下して、川崎港海底トンネルを抜けると着きます。
 相変わらずの環八の渋滞で2時間かかりました。
 2時間だったら、三浦までは完全に行けました(後で悔やむ)。

 地図で見ると、羽田空港の西に位置するのが東扇島
 その島の西側にあるのが東扇島西公園です。扇島の工場

 真前に見えるのが、東扇島の西に位置する、扇島の工場(上の写真です)
 夜にみると工場の明かりで赤くきれいですが、昼間はどんよりとしています。

 この場所に来たのはshinnrikoは2度目ですが釣りをするのは始めてです。
 この公園ができてすぐの頃に散歩に来ました。

 東扇島はshinnrikoにとっては思い出多い場所です。
 昔、もう10年~12年ほど前になりますが、shinnrikoはまだ少年だった息子のXAMPを車に乗せて二人でよくこの島には釣りに来ていました。
 
 当然、この公園はできてなかったので、島の各所、いたるところで釣りをしている人を見かけました。
 その頃はまだ港湾全体釣り禁止とはいえ、港湾の車が回ってきているくらいで・・・。
 たぶん今(2011年)の東京湾では許されないでしょうね。
 という理由で当時のその場所はナイショにしておきますが、アジは回ってきていたし、shinnrikoは自慢のおニューのヘチ竿で30cmのメバルは何匹も釣るし、投げれば昼はキス、ワタリガニなんかも釣れましたし(地球を釣ったかな?と思ったらカニです)、夜はアナゴがニョロニョロと釣れていました。
 その頃住んでいた横浜の我が家からは渋滞もなく、すんなりと来れましたから、海が見たくなると息子をさそってよく来ていました。
 
 そんな思い出があったので、何かは釣れるだろうと高をくくって、このところハズレがないフカセ竿で撒き餌をしながら、釣りを開始しましたが、何とも釣れる気がしません。

  海の水は・・・油?
  この写真で見えますでしょうか。メラメラと光っているのは油です(中央はshinnrikoのウキ)
 渋い顔 この海ではこの釣り方は初めから適さなかったのですね、きっと。

  おさかなだって、海に潜っているでしょう。
  投げ釣りでないと、無理???。
  
  ということで、渋い顔の猫の夫(右写真、ボーゼン!!!)。
  
 しょうがないので海の写真を撮りました。
 写真中央部は浦賀水道です。
 
 記紀の時代、日本武尊様の妻の弟橘媛様が自ら命に替わって入水すると、波は凪いだと伝えられている場所です。

遠くに見える浦賀水道
 おにぎり今は巨大タンカーが行き交っています。  あんな狭い海峡でよく安全に運航できるものです。
 
 またまたしょうがないので、おにぎりを食べることにしました。
 最近のshinnriko、病の為、自ら塩分制限しているのでこのおにぎりの美味しかったこと・・・これを食しているということは制限を破っている行為なのですが、食べたからって、今すぐに、何とかなるわけでもないでしょう。
 
 しかし、この公園、前に来た時にはとてもキレイだったのに、どうしてこうゴミが落ちている? ゴミだらけ!!!
 
 地震で壊れた? 
渋い おまけにところどころ設備が壊れています。
 たぶん3月の大震災で、ここも地盤沈下がおこったのかもしれません。
 もっと先端に行くと大きく壊れた場所もあって、惨憺たるものらしいです(猫の夫が見に行きました)。
 
 ということで、このボウズのブログ記事にはお魚の写真が一枚もありません。
 
 しょうがないので、shinnrikoの顔・・・これも渋い。

真ん中東京タワー 帰りは環八を通るのはやめて、首都高を通り新宿インターから帰りました。
 渋滞が多くって、高い道路と悪名高いですが、それでも環八よりはましです。
 
 東京というのは、夜の明かりの方が綺麗なんだなあ。
 右の写真、ブレていますが真ん中が東京タワー。
 もうすぐスカイツリーにお株を奪われそうですが、やっぱりこのタワーの方が美しいのでは?
 
 今度は”釣れる釣り”をします。
 こういう日もあるさ。
 
 shinnrikoとしてはコレ↓書くのいやだったのですが。
 副作用の為に毛が抜けるのがいやだったので剃髪したのですが、だからって言って、ボウズはないわな。
 釣り用語でボウズって意味、毛がないからなんですって、shinnrikoの場合ちゃんと生えてきているので、心配御無用!
 って・・・自分で書くことないのにね。
 
 ちなみに仏教でも無というのはアルという意味ですよ

 釣りもボウズでなくなるのでまたブログを見にきてください。

 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
にほんブログ村 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。