猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の釣り納め、寒メジナを釣ろう!!

釣り好きバカ猫夫婦  2011年を良き年で終わりたい、釣り好きバカ猫夫婦!!
 
 このところ、お魚釣っていません。 

  2011年も残すところあと2日、東京都内はお仕事の車も少なく、初めて環八がスムーズに走ります。

 この日はいつもより早く出かけたのですよ。何しろ「絶対に釣るぞ!!」
 なんて意気込んでいましたから・・・。

三崎の風景

 ところが三崎に入った頃になって、大渋滞!!

三崎年末ビッグセール???  こんなところで車が混む?

 よく見ると各処にはためく旗に捨て看に、「何コレ?」

 『三崎年末ビッグセール』ですと・・・!?

 お正月のまぐろのお刺身目当てにわざわざ三崎まで買い物に来るのね。
 たしかに野菜も三崎だと生産地ですから、美味しいはず。
 shinnrikoなどは、ネットスーパーamazonで正月の買い物は済ましましたので、三崎まで食材を買いに来るのなんて、時間がもったいない・・・と思ってしまう。
 
 渋滞をおこしている皆さんは三崎港に行くはずですから、我が家とは途中で分かれるはず、裏道通って、城ヶ島まで 一気ですよ。
 「早く釣りがした~い!!」

    城ヶ島京急城ヶ島ホテル(お昼はこちらのレストランでいただきました。)の裏手の海岸はさすがにここも年末、いつもよりも人が多いのですが、ここはどこを向いてもフカセ釣り師さんのみの釣り場。

城ヶ島、フカセ釣り場
 皆さんかっこ良いですぞ。
 shinnrikoもフカセ釣りガール(おばさん???)ですもん。
 かっこよく決めてきたつもり・・・。

 ところが、・・・こういった寒い時期の大物狙いの釣りは腕がものを言うわけで・・・。

 お隣の二人組フカセ釣り師はコンスタントに釣っている。

 焦る猫夫婦。

 霊峰富士・・・見えない?

 真正面には霊峰富士です。
 上の写真の雲の上、微かに写っているのが判ります?
 shinnrikoは、やっぱり自然に囲まれた釣り場が好きです。

 もう富士山に祈るしかないですね。
 今年最後のお願い・・・。

 shinnrikoでも夫でも良いから釣らしてください。
 と願いが通じたか、寒メジナが夫の竿に釣れてくれました。

寒メジナ・・・口太君 

 30cmはあります。
 おまけに太っています。
 久しぶりのお持ち帰りのお魚になりました。

猫の夫、やってくれました。

30cmだあ   

  美しい、魚体です。
 三崎のきれいな海で釣れた寒メジナですから、美味しいはず・・・。

 次の日の大晦日のご馳走に身を薄く切って、しゃぶしゃぶにすることにしました。
 (プロではないので包丁さばきはこれが精一杯)
  
 しゃぶしゃぶでいただきます。

繊細にいただきます ハピ、、、慌てるな!!繊細な身をしゃぶしゃぶして、ポン酢でいただきました。
 鍋の中には、この後野菜が入りましたよ。
 これでは寂しいですよね(右の写真)。

 子猫のハピにもご相伴させてあげましょう。
 この美味しさが判るのか・・・キャット缶とは食べっぷりが違いますねえ・・・君!! 

  本年最後に、お魚が釣れてよかったですよ。
 

P1003257fc20120101.jpg  shinnrikoは昨年に引き続き、2年連続で病気になってしまいました。
 
 今年、日本は未曾有の災害にみまわれました。

 つらい気持ちになっておられる方が多い中、shinnrikoの病気くらいたいしたことはございません。

 来年もいっぱいお魚釣りますよ。

 とにかくですね、上を向いて歩こう
 
  年増釣りガールshinnrikoの写真ですみません。 
 
 ☆よろしかったらポチリッとお願いします。
 
GyoNetBlog ランキングバナー
blogram投票ボタン にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
スポンサーサイト

卓也~おめでとう!! シマノジャパンカップ磯釣り選手権

 第27回シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権で平和卓也選手が優勝!!

 おめでとうございます。


 大会の映像はコチラでどうぞ→ http://tv.shimano.co.jp/movie/event/2011_japancup_27iso/
 (38分あります)

 shinnrikoが前から大好きな釣り師さんですよ(・・・というかこよなく愛する方です)。

  大会番組でこんなに興奮するのはなかなかないのでは?

 前日の天候不順。せっぱ詰った場所決定。予選リーグからの激戦。

 そして最後の決勝戦では平和選手が最後の5分で50センチオーバー。

 帰港して検量、わずか475gの差で平和選手が優勝しました。
 
 ありえない勝負強さです。

 一昨年は優勝、昨年は悔しい思いをし、今大会に臨んだファイター卓也ですが、

 接戦に次接戦。

 見ていてハラハラしどうし。

 とにかくおめでとう。 白い歯がまぶしい!!

 大会レポートはコチラ→http://fishing.shimano.co.jp/event/2011/japan_cup/iso/result/index.html

 決勝戦で戦ったお二人は
 
 平和選手はご存知釣りビジョンの『磯をかける』でご出演。京都出身の方。

 対する友松選手はトーナメントで歴戦するも、もしかしたら、サラリーマン釣り師?
 こう書くと、応援したい人が多くなる?
 
 横浜F浦あたりで、見かけたというブログ記事もあるし、shinnrikoも今度F浦でフカセだあ。
 (東京湾では釣りはしないと決めたんだっけ・・・。)
 
 それにしたって、白い歯の君は卓也君です。
 豪快な笑顔は彼しか似合わない!!
 
 ☆よろしかったらポチリッとお願いします。

GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへblogram投票ボタン

いない魚をどうやって釣るんだい!

  「いない魚をどーやって釣るんだい!」
 
 こんな東京弁の勇ましい言葉はshinnrikoは言っていませんよ!

 shinnrikoのすぐ近くにいたおじさんが『本牧海釣り施設』のおねえさんに叫んでいました。

 ここは『本牧海釣り施設』古くからある横浜港近くの海釣り場です。
 入場料が大人900円・・・ずいぶん高くなった? (開所当初からこの金額だそうです)
 駐車場が一日500円。ということは我が家の今日の釣りにかかる費用2,300円也。

本牧海釣り施設、右が釣り場、左が駐車場 
 夫の真新しいBBX
 これに見合うお魚を東京湾で釣れるのだろうか・・・
 施設の入り口でおねえさんに「サバが爆釣ですよ」と言われた。

 サバねえ・・・カゴ釣り対象魚だわ。

 本当は本日外房にお泊りで釣りに行く予定だったのですが・・・。
 先日我が家にやってきた子猫のハピが気になって、昨日のお泊りをキャンセル。
夫のおさがりshinnrikoのBBX  
 千葉には他の用事で行きましたが、日帰りにしてしまいました。

 ということで、本日は近場の釣りを楽しむことにしたわけです。

 そうそう、右上の写真のリール。猫の夫はとうとう手に入れました。それも一ランク上のBBX-XGの方。
 誕生日プレゼントが半月も早いなんてね。
 右下の写真のBBXはおさがりでshinnrikoのものになりました・・・ううッなんか複雑。

 本牧海釣り施設桟橋

 我が家が土曜日に釣りなんて、久しぶりです。
 いつもはね、何処でも大抵空いている平日釣行なもので、このウヨウヨした人を見るだけで、ウンザリする。
 桟橋はまるで、混雑時の駅のホームじゃない。

横浜本牧海釣り施設桟橋-2

shinnrikoの新しいライフベスト  
 こんなに人が いるのに、何処に竿を出せっていうのよ。
 
 shinnrikoなら、臆するところですが・・・。

 猫の夫はB型。
 隙間を見つけて狭い場所に竿を置く。
 その後でshinnrikoが周りに居る人に「スミマセン、スミマセン」とお願いするわけで・・・ああしんど、気を使うわ・・・。
 
 右の写真、shinnrikoの新しい磯ライフベスト・・・J屋のRYOBIブランド・・・安い!・・・だけど機能は良さげだわ!

 猫の夫がシマノ・ダイワで揃えようと目論んでいるのだものshinnrikoだけでも「良いものを安く!」それがモットウ。
この日の昼食
 ということで、昼食も最もリーズナブルなカップヌードル。
 これって、時どきムショウに食べたくなります。海釣り施設の売店でお湯を入れてくれます。

 お腹も一杯になったのだから、釣りに集中!ですが・・・。

 ここで・・・フカセで釣れるのだろうか・・・。

 周りを見ると投げサビキですな。
 時どき、大きな声がするので、そちらを見ると、サバが釣れています。

 ここって一人竿二本までと決まっているらしいけど。もっと竿がありそうな気がする。
 そうこうしていると左隣のアベックがおまつりをしていると訴えてきた。

 とお隣の糸を見ると、我が家ではなく、我が家の右隣の親子連れの竿とおまつりをしている。

 見ると、PEライン

 それも小さいリールにPRを浅く巻いている。
 こんなもので、何が釣れるのだろう・・・。
 PEはおまつりするとやっかいなもの。

 それにどう見てもいつも釣りをしている人達ではないな。
 女の方「からんじゃって、どうしたらイイのでしょう・・・」shinnrikoに訴える?! 
 
 そこの男の方『手伝わんかい!!!』・・・なん・・・と・・・その男・・・何もしない。

 釣り場にきていちゃいちゃおしゃべりしているものだから、すぐにおまつり三昧。おまけにPE。

 こんなところにいたくないshinnriko・・・ヘ(´_`)ヘ。

 海釣り施設岸壁側

ウミタナゴ・・・こんなもの?
 こんなところにいても良いことはなさそう。
 桟橋を諦め・・・どうせ釣れていないのだし。

 岸壁側へ移動。

 やっと深呼吸ができるワ。

 これで・・・釣れればね。

 やっと釣れてくれたのがこのお魚。
 海タナゴちゃん。

 写真左に写っている付け餌を見ればその小ささが判るでしょう。
 我が家の釣りの歴史ワースト・・・何番目かなあ。

満月が昇る

 満月が昇るまで粘ってみたけど(ココは冬場17時閉門)。

 釣れませんねえ。
 釣り方のせい?

 帰りにゲートで側のおじさんが叫んでいたわ!

 「いない魚をどーやって釣るんだい!」
 
 サバを釣っている人もボチボチいたので、まるっきり釣れないとは言わないけどね。

 我が家は東京湾での釣りは止めよう!

 『フカセ』に見切りをつけて『投げ』でもやるようになったら、また来てやってもいいかな? な~んてちょっと偉そう! 
海釣り施設の外にかけてある大漁旗

 最後に大漁旗

 ココで大漁なんてことあるのかなあ。

 夕暮れになって、わけの解からん俄か釣り師がいなくなった頃・・・。

ハピです 落し込み短竿、太鼓リールイソメ桶を持った人達が現れた。
 そうよ、そうよ!このスタイルがここの釣りなのよ! 

 今もこのスタイルでやっている・・・なんか嬉しいな。
 これでスズキを狙う。

 それが東京湾風だな。

 shinnrikoもこの東京湾三種の神祇を持ってはいますが、今はフカセに夢中。

 今度はフカセのできるところに行きます・・・・トホホ(ToT)/~~~  
 
 最後におまけの写真・・・我が家のハピ・・・カワイイ!!

 我が家は釣れませんでしたが、ボチボチ釣れているようです。
 海釣り施設はコチラからhttp://honmoku.yokohama-fishingpiers.jp/
 
 ☆読まれましたら、どれかにポチリッと押してくださいますか?


GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
  blogram投票ボタン

琵琶湖のデカバス釣り・・・猫の家の釣りの思い出

 我が家は2年前は琵琶湖のほとりに住んでいました。
 琵琶湖の湖西、堅田という地名です。

 有名な堅田水軍の町です。
 堅田水軍って?という人はじっくりと歴史を勉強してくださいネ。

琵琶湖 湖西 真の浜
 簡単にいうと全盛は室町時代、発祥はもっと以前の古代からから、琵琶湖西岸で漁師兼、運送業兼、武士兼を行っていた集団。
 織田信長や豊臣秀吉が重用した武装集団ですね。

真野浜水泳場看板  琵琶湖というのは、言わなくても判りますでしょうが、とってもとっても大きい。
 風の強い日には海のようにドボ~ンドボ~ンと波が押し寄せます。
 
 shinnrikoの家はその琵琶湖のとっく利がキュっと絞ったような地域、琵琶湖大橋近くのマンションに住んでいました。

 毎日朝日は琵琶湖から昇ります。
 その光景はそれはそれは美しいにつきます。
 
 本年のNHK大河ドラマは『』でしたが、琵琶湖の美しい映像が何度も出てきましたね。
 
 shinnrikoは小さい頃を京都で過ごしましたので、夏になって泳ぎに行くといえば琵琶湖でした。
 当然、海水浴とは言わずに湖水浴です。

 今でもね、琵琶湖の砂浜の各所には水泳場があります。
 当然夏は大混雑です。
 泳ぐとね、海水よりも浮力がないので、一生懸命に泳がないといけないのですよ。

 琵琶湖は美しくって、大きくって・・・でも淡水なの。

 海釣りを趣味にしていた我が家にとって、毎朝お日様が昇る度に、「なんで海水やないんや・・・」「なにとぞ塩分補給してください」と祈っていました。

 それでも目の前の水を見ると、釣りには行きたくなるものです。

琵琶湖キャラクターかいつぶり、小さくて判らない

 ということで、我が家のバス釣りが始まる。

 琵琶湖のバスはその湖の大きさに見合って大きい。

 

 ココで履くなよ! XAMPいざ出陣

 釣り方?

 上の写真のXAMPのようにウェーダーを履いてね、湖岸からウェーディングをして釣ります。

 もちろん一番上の写真のような橋げたを利用する手もあります。

  オイオイ!ウェーディングシューズを家の中で履くなよ!
  しょうがないですなあ。

 家からこんな恰好で竿持って出られるところが、永遠のオカッパリバス少年!羨ましいでしょう。!
50オーバー  
 琵琶湖は関東の湖とちがって、ワームでOK!

 琵琶湖では先住魚保護の為、バス、ギルは持ち帰るという、お達しがあるし、できれば食べれば!!というお達しもある。(禁止事項は滋賀県のHPを見てください)

 お腹の中にワームがゴッソリでもバスは可哀相だけど・・・良いのですよ。

 ヌルヌルのゲーリーヤマモト。 塩漬けのゲーリヤマモト

40オーバー 
 腕?関係あるのかなあ。

 なにせ貪食の琵琶湖のデカバス。

 普通に釣れてくれます。
 
 圧倒的数の多さを誇るブルーギルにいたっては、河口でウドンやソーセージで釣れるので、これは釣りの対象魚ではありませんねえ。

 このデカバス君が琵琶湖の在来種を食べてくれるのです。

稚鮎釣り  
こんな鮎が釣れる  琵琶湖の在来種のお魚で高級魚といえば、やっぱり鮎。
 
 ココは(上の写真)真野川、春になると、お弁当を食べながらお花見のすぐ近くで、竿を出している人が一杯出現します。

 稚鮎(小鮎)を釣っているのですよ。
 これって釣りをして良いの?と思ってはいるのですが、どうやら良いらしい?(詳しいことは滋賀県のHPを見てくださいね)
 我が家の家の前でしたので、小鮎サビキを使えばすぐに6~10センチの鮎が釣れるのですが、shinnrikoの味覚異常かなあ。
 ちょっと泥臭いのですよ。
 やっぱりshinnrikoは海のお魚が良いな。
  もちろんちゃんと料理をしたらOKに違いありません。

謎のクニマス  もうひとつ面白い写真を載せますね。
 御存知ですか?
 田沢湖で生息していたという『クニマス』です。

 近頃話題になりましたよね。
 おさかな博士のさかなクンが西湖で見つけられたマスをクニマスではないかと個体調査を依頼したという話題。

 右の写真は琵琶湖博物館に展示されている『クニマス』の標本もしくはレプリカ?
 
 次回の『猫の家の釣りの思い出』は田沢湖近辺です。

 琵琶湖の釣りのルールはこちらで確認してください。
 滋賀県水産課http://www.pref.shiga.jp/g/suisan/index.html

 shinnrikoが住んでいたマンションから見える風景。

 大きな観覧車は昔、遊園地があった為。
 この観覧車はいつ解体されるのだろう。
 左には琵琶湖大橋 。
我が家から

 ☆読まれましたら、どれかにポチリッと押してくださいますか?
GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
blogram投票ボタン

猫の額ほどの話 shinnrikoの近況12/7

『猫の額ほどの話』がん患者の普通の生活
 更新しました。

『 猫を飼おう!!です。

  「はじめましてハピです」

 お暇な時に読んでみてください。

ハピ!初めて抱かれる今日からわが子 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。