猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷物??歩こう!!釣場まで…城ヶ島

さてはて、釣りの話に入る前に悲しいお知らせが…。

まがりなりにも釣り師さん、素人釣り師でも玄人釣り師でも、悲しい釣行っていうのがあるのよ。

1、大物を逃がすこと。
2、ボーズ。
3、竿を折ること。


我が家はショッチュウです。
さて、今日はナンでしょ!!!

答え…またまたまた、3番の竿を折る、ここのところ立て続けに3度…ありえない。
我が家の釣り史上こんなに続けてはないことよ。

今回は夫が先日オークションでポチッと押した竿。
メガトップじゃないのかよ。
絶対に考えられない!! 

shinnrikoは中古車と中古の竿は信用してないですもんね。
もう中古は二度と買わせません。

はいはいはい\( ̄^ ̄)/前フリが長くなりました。
もう忘れた忘れた!今日もしまっていきましょう!!!

本日は、ホームグランド城ヶ島。
ただ、いつもの磯場ではありません。

城ヶ島の東側の公園内(県立城ヶ島公園)にある磯です。
安房崎灯台のすぐ側。

本日は南西の風が強いということ。
そういう日には島の東側ですよ。
ただ、公園内を突っ切らなければなりませんので、駐車場から少~し距離があります。
下の写真は公園の案内図。
左の隅から右の隅まで歩きます。
まあね、普通の人だったらなんてことないですね。
031fc20120528.jpg
最近は夫も中年太り、shinnrikoは抗がん剤で浮腫みが出てから、元に戻っていません。
ここらで、締めないとね。
少しでも歩く努力をしましょう。

ということで、駐車場から歩き始めた釣りバカ夫婦。
長いな~。
どこまで歩くの~。
と文句タラタラ。
033fc20120528.jpg 
久しぶりに出してきました。
釣具をまとめて運ぶキャリー。

shinnrikoさんも軽快な足取り???
103fc20120528.jpg

やっと目的地が見えてきました。
ここから石段を降ります。
トホホ…足が痛いヨ。

040fc20120528.jpg 
房総半島が見えるので安房崎灯台というのね。
大パノラマ、きれいだな。
東京から車で1時間だとは思えないほど自然が一杯。

さあ、この美しいフィールドで釣りができる喜びを噛み締め、竿を出しましょう。

横で静かにアレって沈んだ声が…。
なんと、先日購入した『銀狼パワートルク』のトップガイドが無惨にも首を垂れている。

下の写真がその時の夫の顔。 
050fc20120528.jpg 

先日の呵呵大笑の釣りの時、夫はどういう終い方をしたのだろう。

あまりにも肩を落としているので、そっと聞いてみた。
「ちゃんとしまったよね。新しい竿だもんね」
「当たり前や!!!」

アタリマエダノクラッカー(昭和ダ!!古い!!!)がどうしてそんなことになるのだ…。
たぶんね、おそらく、ぜったいに、傷物をつかまされたのよ。
だから中古はあてにならない。
館山の釣行で使っているし、コレハ文句も言えない。

夫は修理済みの竿で釣りを開始。
実はshinnrikoも前回トップガイドを折っている。
その修理済みの竿で釣りを開始する。
まあ、いいよ。
馴染みのある、少々、1センチばかり短くなった竿で本日も頑張るぞ。

051.jpg 

053.jpg 
本日はオナガのメジナが群れ成しています。
どれも手のひらくらい。
エラブタが黒いでしょ。

109fc20120528.jpg 
shinnrikoも山ほど釣りました。
数えていられません。
兎に角、コッパが釣れる。

【本日の釣果】
山ほどのコッパのオナガメジナ、山ほどのコッパのクチブトメジナ、ウミタナゴ、メバル、ネンブツダイ。
以上でした。

トイレに行こうと小山を登ると五月の陽だまりの中で戯れる人々。

めいめいが楽しいことしてます。
お弁当を食べたり、ボール投げをしたり、語り合ったり。
良い風景。
074.jpg 

海の向こうは三浦半島です。
大きい風車が回っています(宮川公園)。
相当強い風ですが、陣取った釣り座は風裏です。
風の影響は少ないですよ。
067.jpg 

真正面にうっすらと見えるのが伊豆大島です。
ここは、三浦半島の先端の島。
房総も伊豆も見わたせます。
094fc20120528.jpg 

本日夫は大ショックでした。

shinnrikoは随分体が鍛えられました。
小山を昇ったり降りたり、岩場で足を踏ん張ったり、兎に角釣れるので、右手は筋肉痛。

帰りの横横道路のパーキングエリア。
傷心の夫とコロッケ。
葉山コロッケだって。

コレ…偽者とちゃう?
デパ地下で葉山コロッケがあると必ず買っていたけど、こんなに衣がゴワゴワしてないもの。
220円もしなかったぞ。
でも中身はこんな味だったような気がする…。
 コロッケも竿も、「う~んよく判らんこと、言うけど偽者ちゃう」。

098fc20120528.jpg 099.jpg

お持ち帰りした魚達、小さいと思いましたが、23センチありますね。
コッパ達は海に帰しました。
102.jpg 
116.jpg夫が三枚におろしていると、ハピちゃんが覗きにきました。
明日は君達にもあげるからね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン

GyoNetBlog ランキングバナー
スポンサーサイト

わははの大漁in館山 外道でも

わはは、大漁だって…。
我が家にしては…ですけど。

前回の釣行が完全ボーズとなった、我が家の釣り。
おまけに夫の大事な磯竿まで折ってしまった。
熱海くんだりまで、竿を折りに行ったなんてね。
 
今回も懲りない釣り好き夫婦。
西がダメなりゃ、東へ行くさと館山まで足をのばしました。
おかげで、じゃ~ん!

尾長ですよ。
エラブタのところが、完全に黒い線が入っています。
047fc20120525.jpg 

家に帰って計ると、32センチ。
クチ太メジナに比べて細かいウロコ、少々はげてしまいましたが、りっぱに茶色の雄雄しい魚体です。
097fc20120525.jpg 

shinnrikoだって、手のひら~足裏サイズは山ほど釣りました。
子供達はみんな海にお帰り願いました。
以上が本命。
005fc20120525.jpg 

そんな太っ腹な釣りをしたのも、美味しい外道が、これもお子様は海にお帰り願うほど一杯釣れたから。
002fc20120525.jpg 

ジャーン!ウマヅラハギ
shinnrikoが今持っているサイズで30センチ強。

007fc20120525.jpg 
これは本家カワハギ
嬉しさのあまり、変な顔で笑っています。
 
そんな外道が何匹も…。
107fc20120525.jpg 

外道中の外道も何匹も…アイゴ、それも特大です。
関西特に和歌山あたりではアイゴを沖漬けにして食べる、とシロモッチ城本 尚史プロ)が言っていました。
shinnrikoは恐ろしいので、こんな下の方でしか写せません(怖いので腰が引いています)。
これは眺める間もなく速攻帰っていただきました。

009fc20120525.jpg 

ということで、スカリの中は外道だけど高級魚の獲物で一杯。
久しぶりだあ。
 
帰還させた魚を入れると、何十匹釣ったのだろう。
079fc20120525.jpg 

ここは館山、『州崎灯台下』という釣り場です。
当然地磯。
管理してくれている場所ですので、1000円の駐車料金を払いますが、綺麗なトイレもあります(これが重要なのだ)。

写っているのは、州崎灯台
053fc20120525.jpg 

こういった、岩礁のかけあがりが、あるところです。
いかにも...いそう…でしょ。
036fc20120525.jpg 

こんなに平たい岩ですので、shinnrikoでも釣ることができます。
岩肌は滑りますので、磯シューズは必要です。
手元に岩や海草がありますので、油断すると、ひっかかります、ちょっとコツはいります。
021fc20120525.jpg 

平日ですが、釣り師さん達はそこそこいました。
でも土日ではないですから…。
夫は勇んで、配合餌を混ぜています。
029fc20120525.jpg 

ここは、フカセ対象魚よりもある魚を釣る場所として有名なのかもしれません。
...イシダイです。

隣で釣っていたおじさんに、「お金のかかる釣りだよね、餌はサザエですか?」
と聞いたら、トコブシだって。

「四年に一回しか釣れないのに、餌代が一回4,000円かかるんだよ、帰って餌を食べろって言われちゃうよね」
だって。
イシダイといえば、餌はサザエにアワビにウニにイセエビ。
われわれ平民ではめったに食べられないのに。
たいした魚だなあ。

今日は上の写真方向の人がイシダイ50センチオーバーを一匹あげたらしい。
それを見たら、やめられないのかもね。
釣りなんだから、どういう釣りをしようが、その人が満足すれば良しだけどね。

031fc20120525.jpg 
そんな釣りを見ていたら、我が家は外道中の外道だな。

ところで、前回の釣りで竿の先端を折ってしまった夫。
竿を折ったのが悔しかったのか、ボーズが悔しかったのか、帰ってからYahooオークションで竿をポチリット押したのはお知らせ(別部屋のブログ→コチラ)しました 。
昨日それが届きました。
本日早々に竿おろしのDAIWA銀狼パワートルク
竿先がメガトップといって、非常に硬いカーボン。それもしなやかでねばり強いらしい。

夫の勇士???
072fc20120525.jpg 
この竿はしばらくは折らないでほしいものだ。

102fc20120525.jpg 夫が魚のやりとりするたびに、「折るなよ~」と叫ぶshinnriko。
ところがだ、こういうことは因果応報。
あまり人を責めちゃダメなんだな。

shinnrikoが自分の竿をしまおうとしたら…なんとトップがポロリっと折れてしまった。
ワオ!ナントイウコトダ
やっぱり因果応報だ。
夫を責め過ぎたぞ。
すこ~し反省がはいった。

でもですね、shinnrikoは新しい竿は買いません。
帰ってから夫に直してもらいました。
傷物になった私の磯竿…ちょっと不安ではある。
まあ、本日大漁だったからいいとするか…。

帰ってから我が家の猫達(ハピラキ)に見せてあげました。
おそるおそる、突いているのが男の子のラキ。
遠くで見守るのが女の子のハピちゃんです。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン

熱海の大堤防…<風速15m

何で、夫の休みは2週続けて、土曜日なのだろう。

おまけにポカポカと暖かい良い天気ではないですか。
こんな陽気には釣りに行きたくてしょうがなくなる夫です。

計画性があまりないものですから、起きてから場所を決めるというのも、まあいつもの通りです。

しょうがないなあ。
土日は混んでいるので家から出ないようにしたいのに。
何があってもshinnrikoは知りませんからね。

005fc20120519.jpg 「何処へ行きたいの」
と聞くと。
「諸磯(三浦)か熱海だなあ」
「熱海はメジナとアジとソウダとタイが釣れているらしいよ」
としたり顔(釣れていないのに…この顔)。
「ホント?」

何となく、熱海に行ってみたくなりました。
時刻はもうNHK朝ドラの『梅ちゃん先生』が終了した時刻です。
それでもいつもより早い時刻の出発です。

といっても、世の中そんな甘いことありませんねえ。
土日の高速道路をなめちゃいけません。
東名は東京インターから横浜町田まで渋滞です、それも自然渋滞。
道路上の車の台数が多すぎるのよ。

R246で行こうよといっても、高速から降りるのがメンドクサイ夫はそのままトロトロと長い列の一員となっています。
007fc20120519.jpg 

絶対にR246の方が早いって、言ってるのに。
shinnrikoのiPadには246の渋滞マークは出ていません。

そのままノロノロと厚木インターまで渋滞の中。
それでも、小田原厚木道路に入るとやっと車の運行はスムーズになりました。

熱海に近くなると、堤防や磯が見えるたびに夫は大騒ぎ、
「あんなに人がおるで~」 (徳島弁です)

だから、土曜日だって。

昼前にやっとのこと熱海に着きました。
長いこと車に乗っていました。

熱海でいつも餌を仕入れる、釣具屋さん。
その向こうに見えている、ロープーウェーに釘付け。
『熱海秘宝館』、当然行ったことありませんよ。

014fc20120519.jpg 

その怪しいロープーウェーの下を通り抜けると、熱海港海釣り施設の駐車場があります。
その奥に目指す堤防があります。
昔は『熱海の大堤防』と呼ばれていた所です。
016fc20120519.jpg 

熱海港海釣り施設
大きくて広い堤防です(全長290m、幅14mの防波堤) 。
shinnrikoの記憶が正しければ、事故があった後に、きっちりと管理された海釣り公園になりました。
大人も子供もライフジャケットを着けなければなりません。
オレンジ色をしているのが、無料レンタルのライフジャケットです。

我が家はいつものライフジャケットがありますので、それで、OK。
一人300円と遊魚料が安いのも良いですね。

管理等でお金を払おうとすると、「今日は風がありますけど良いですか?」
エッ風?
朝方、あんなに穏やかだったのに。
静岡の天気予報を見きませんでした。
いつものことですけど。
しょうがないですね。他に行くあてはありませんから。
 
なるほど、ちょっとした風が吹き抜けます。

堤防から真正面に熱海の温泉街が見えます。
030fc20120519.jpg 

我が家は別府に住んでいましたので、温泉地は大好きなのですよ。
昨年の8月に泊ったホテルも真前に見えます(昨年の記事はコチラから→)。

本日は急に熱海行きを決行しましたので、当然日帰りです。

さてさて、竿を出して仕掛けを作り始めた夫。
アレ~!!!と叫びます。
022fc20120519.jpg 

何事…と夫を見ると、夫の手の先に折れた竿先が…。
どうやら、仕掛けを作り始めた時に、少々竿先が出ていたらしい。
強風で煽られて、ポテッと倒れた際に、その竿先がポキッと…。

もう、この一年、何本竿を折ったら気が済むのでしょう。
夫のフカセの磯竿は一本しか持ってきていませんので、残りは、投げカゴ仕掛けの磯竿。
上の写真は悲しくカゴの中にコマセを入れているところです。

そうは言っても、ここ熱海の大堤防は投げカゴが本場。
先ほど行った釣具屋さんも、それ用の飛ばしウキが一杯あります。
全国に遠投カゴ釣りが流行りましたが、伊豆半島から広がったのだと思います。

昔は、ココはフカセをする人がみごとに少なかったのですが、今は少々多くなりましたか? 
 
我が家の両隣はフカセ師のおじさんです。

その後…。
夫の飛ばしウキは海に沈みませんネエ。
shinnrikoの0号のウキもピクリともしません。 

035use20120519.jpg

「メジナとアジとソウダとタイが釣れているらしいよ」という情報はどこで見たのか…。
夫の釣れてるらしい、という情報でまともに当たったことはありません。
信じたshinnrikoが悪いのよ。

15時を回ると、急に風が強くなってきました。
管理等からのアナウンスでは「只今風速12メートルです」
それが13メートル、14メートルとなるのは早かったですね。
早々に片付ける人たち。
034fc20120519.jpg 

我が家も撤収することにしました。
いわゆる、本日ボーズ!!

まだ初島行きのフェリーはまだ動いています。
これ以上の風になると欠航かな?
初島ではイサキが釣れているそうです。
やっぱり、初島まで行かないとだめだったか。

021fc20120519.jpg 

管理棟に行くと、もうすぐ15メートルになりそうですって、そうなるとこの施設は閉鎖。
きっちりと管理されています。

ここで切り上げて、正解だったかも。

その後、熱海まで来てこのまま帰るなんて、交通費がもったいないでしょ。
当然、温泉に入って帰ります。
それしても渋滞、竿折れ、大風、夫の災難は続きました。

このくらいで済んで良かったのかもしれませんけどね。
夫婦揃って怪我もなかったし、帰ってからも、猫達はおりこうに待っていたし、
ただ…。

続きはコチラ→

『猫の額ほどの話』「熱海、釣りは???温泉もあるし、魚もあるし
に続きます。

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー

土日に釣りに行けない理由

5月12日(土曜日)は久々に大半のサラリーマンの皆様のお休みの日に休日となりました。
夫もサラリーマンですが、シフト制の職場になった為、ありがたいことに平日に休みをいただける。
小学生ぐらいの子供がいると、お父さんが土日に休みでないと遊びに連れていってあげられないものだから、可愛そうですけどね。

サラリーマン釣り師にとってはありがたい平日の休暇ですよ。
東京近郊のどの釣り場に行っても、釣り座を争うことがなく釣りをさせていただいております(*゜▽゜)/

そんな恵まれた釣り場環境を知っているだけに、土曜日の混んでいる釣り場を想像するとちょっと臆してしまう。
ようするに自分かってに我侭な釣りを楽しみたい訳。

ということで、釣りを予定していましたが、急遽変更。
いわゆる釣りブロ友のAGAさんのおっしゃる魔界に行ってまいりました。
といっても、めったに高価なものは買えません。
我が家の買い物は釣り必需品の補充ぐらいの買い物ですヨ。

釣りブロ友のガキおやじさんが足しげく通っているであろう釣具のP店に興味しんしん。
どうもshinnrikoが住んでいる周りの釣具屋さんの熱意が感じられない(関係者の方がいたらゴメンナサイ)。
九州に本店をおく釣具のP店だったら、フカセのアイテムも多いに違いないだろうという期待がフツフツ。

出動してまいりました。
ガキおやじさんが出没する場所ではなく、もう少し東京寄りの店舗に(横浜郊外のお店)、ですけど。
 
入り口すぐに餌のコーナー。
この展示の仕方、櫓を組んで楽しそう!買う気になりますね。
010fc20120515.jpg 

餌の呼び方で地方が判ります。
ここは南関東、青イソメですよ。
これが関西に行くと、朝鮮ゴカイになる訳ですよ。
ジャリメはイシゴカイ。
ユムシなどめったにお目にかかりませんでしたが、ちゃんといますね。
011fc20120515.jpg 

釣研のウキもホレボレしますよ。
こんなに沢山のウキ、久々に見ました。
ウッホホー楽しいです。
005-2fc20120515.jpg 

おまけにコ…これは、
007fc20120515.jpg   

松田ウキではないですか。
鬼才松田稔氏のウキですよ。
我が家が一つはほしいと思う松田ウキのワンランク下ですが、一杯並んでいます。

鵜沢名人のウザワウキも並んでいます。
こちらは手が出るかな?
009fc20120515.jpg

卓也のウキがなかったのが残念ですけど・・・(平和卓也氏です)。
ウキに感動なんて久しぶりです。

我が家の購入品は安価ですけど、こんなものです。
それでも纏めるとちょっとした額になりました。
 
夫の道糸とshinnrikoのウキ
 037fc20120515.jpg 041fc20120515.jpg

釣具のP店オリジナルのウキ。
夫は絶対に使わないと言っていた。
shinnrikoはこだわりません。
でも、これが本当に使えれば安いなあ。

釣研のウキゴムとシモリダマ。
これの良い所は糸通し状になっているところ。
老眼の目でもイライラしませんワ。
スッと通るのよ。

039fc20120515.jpg 046fc20120515.jpg

それとグレバリ。
最後にshinnrikoの腰から下げるタオル。
夫はDAIWAのタオルでないとダメなんだって。
モー、変なところこだわるわね。
043fc20120515.jpg 047fc20120515.jpg

釣具屋さんに行って楽しかったのは久しぶり。
もう少し我が家から近いと良いのにね。

お昼は東京っぽいものを食べに行きました。
ははは、天ぷら。
この店は職場のお友達とよく行きました。
東京の天ぷらにしては安いのよ。

お店の張り紙を見ると、ギンポ!
これって、得体の知れない魚よね。
時々投げ釣りでかかる魚。
コレッて高級なの?
015fc20120515.jpg 

shinnrikoが食べたのはレディースコース(お手軽、お得コースです)
小鉢がちょこっと。
海老にナス。
アツアツですよ。
家ではこんなにアツアツにならないのはどうしてだろう。
021fc20120515.jpg  025fc20120515.jpg 

竹の子の天ぷら。
さつまいもとキス。
031fc20120515.jpg 032fc20120515.jpg
035fc20120515.jpg
最後にアイスクリーム 。
久しぶりに外食で天ぷらを食べました。
shinnrikoが働いていた頃は天ぷらはよく食べに行きましたが、家族で行くには、このくらいの値段が丁度良いですね。
家計にひびきますから。

夫が食べたのも写真に撮っておけばよかった。
だって、久しぶりにお外で天ぷら食べたものだからガツガツムシャムシャ、餌じゃないんだから…。
写真撮る間もなく食べちゃったの。

ということで、土日の釣りに行かない日の我が家のお楽しみでした。
今度の休みは釣りに行きますよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ

金魚分のメジナ一匹

やっと…釣りができます。
4月後半から天気が悪かったですもんね。
おまけにゴールデンウィーク。
我が家は関係ありません。
世の中の皆さんの休みが明けてから、やっと夫婦で釣りに来られました。
062fc20120509.jpg 

久しぶりの釣りですので、何を着ていけば良いのかちょっと迷いましたが、ゴールデンウィークを過ぎたら暑さ対策ですよ。
日焼け止めをたっぷり塗って。
さあ、出陣です。
042fc20120509.jpg 

いつもの城ヶ島ですが、やっぱり春の陽気です。
着いた時刻は最低の干潮。
岩にはびこったヒジキで一杯。
045fc20120509.jpg 

そうだ、ヒジキの新芽が出るのは4月、5月です(ヒジキの記事はコチラ→)。
今頃の大分の海に出掛けると、海岸には必ずヒジキが干してあったのに、このあたりでは採る事はしなさそうです。
 
でも、だれか採って商売してよ、釣りにはちょっと邪魔ダワ。
それでも、こういうところで腕の違いが出るのよね。
とにかく、海の中も春爛漫です。
いつもの釣り座も海草だらけなので、南側のワンドで竿を出すことにしました。
釣れども釣れども、この子しか釣れない。
058fc20120509.jpg 

暖かくなると、この子が海岸にはびこる、名前はネンブツダイ。
なぜタイトルが金魚かというと、このネンブツダイのことを、大分の四浦半島にいた地元のおばちゃん達が言っていたの。
「正式名は知らんけん、これは金魚やって」(記事はコチラ→)。

口がめっぽう大きいので、体は小さいのに大きい針でも一のみというのが気に入らない。
おまけに3分に一匹は釣れるとくると、とにかく、やっかいな小魚君。
ガン球を付けて、水中に早く付け餌を落とさなくてはならないけれど、この子ったらしつこいこと。
たぶん…shinnrikoで100匹は釣れたな。
数えてないけど。
 
この子ばかりを釣っても仕方がない、少々潮も満ちてきたので、いつもの西側の釣り座へ移動。
063fc20120509.jpg 

少々波がありますか。
でも、寒い季節は終わっています。
風も気持ち良い事。
そうこうしていると、夫が数あるネンブツダイの合間にメジナを釣ってくれました。
064fc20120509.jpg

shinnrikoもネンブツダイ以外も釣れていたのよ。
ウミタナゴでしょ、ウミタナゴでしょ、キタマクラでしょ。
写真…摂りませんでした(電池切れかかっていたし)。

そして、shinnrikoがまったりと自分のウキを眺めていたら、タモタモと叫ぶ夫。
今までにはない竿のアーチです。
shinnrikoもタモで参戦。
068fc20120509.jpg 

ヤッタね!!
測ったら31センチ。
南関東の地磯で、5月のこの時期にしては大きいと思う。
おまけに太っています。
後で、お腹を見たら、大きい二房の卵でパンパン。
ノッコミメジナでした。
本日のまともな釣果はこの二匹。
大きいのはshinnrikoが料理しますよ。
小さいのは我が家の二匹のネコ達のお夜食です(小さい方はshinnrikoの足裏サイズ)。
024fc20120509.jpg 

061.jpg 季節がら、釣れなくても、海に行こう!という気持ちできましたので、この二匹は大きいな。
このくらいの釣果では九州あたりの人は何? という感覚かもしれないですね。
だって、別府ではスカリに入らず、人にあげるほど釣っていましたものね。
こうして東京に来たら、この二匹はとっても貴重。

やっぱり海はいいな。
防寒を着なくても良い季節の釣りは軽やか。
このところ軽い咳が出ていやだな、と思っていましたが、釣りの間は全然出ず。
海は少々の体調不良は治してくれるのかもしれませんね。
 
不可解なタイトルは大量の金魚(ネンブツダイ)の中のメジナが一匹という意味。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

GyoNetBlog ランキングバナー  にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。