猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバ料理 釣れたら作って!

 027fc20120716.jpg先日から房総半島館山でサバを爆釣した夫と私shinnriko。
7月4日から食べ続け、もちろん毎日ではないですよ。
昨日冷凍庫のサバも完食しました。

釣りに行った日は7月4日と7月16日。
釣りの記事も見てくださいね(7月4日の記事はコチラ)(7月16日の記事はコチラ)。

サバは大衆魚というだけあって、いろいろな料理で楽しめます。
大衆魚は値段が安いだけでは大衆魚にならないのですよ。
美味しいから多くの人に愛されて大衆魚になったのですよ。
下の写真は釣りあげたサバです。
どれも40cmオーバーです。
ホンサバゴマサバです。
062fc20120716.jpg 095fc20120705.jpg

サバはとっても美味しい魚。
サバは大衆魚といっても最近は高価なサバがデパートに並んでいます ね。
有名なサバのブランドは大分の佐賀関の関サバ、神奈川三浦の松輪サバです。
でも自分で丸々と太ったサバを釣り上げたなら、これこそ極上サバですね。

本日はドド~んと並べますので、目で食してくださいね。

一番シンプル、そして間違いなく美味しい『サバの塩焼き』です。
002cook20120705.jpg 
これだけ太って脂が乗っていると、グリルの中でバチバチいいます。
それはそれは美味しい音です。

たぶん、一番美味しい料理。
『シメサバ』
釣ってから一日経ちましたので、生ではなく、さっと酢水にくぐらせました。
ほとんど締めてはいませんので、舌の上で甘さがひきたちます。
030cook20120717.jpg 
皮をあせってむきました、ちょっと剥げたのが残念。
酢と水を半々にしたものに、生のサバを10分ほど漬けました。
ほとんど、お刺身感覚です。

世の頑張っているサラリーマンのみんなが好きな、『サバの味噌煮』。
味噌がトロトロです。
魚の身もトロトロです。
隠し味に生姜をたっぷり、白髪ネギとカイワレを添えています。
049cook20120707.jpg 

大分で覚えた料理、『サバの琉球』。
サバの切り身を甘い醤油に漬けて、すりゴマを振ります。
ヅケ丼とは根本的に違う料理です。
021cook20120717.jpg 
この料理、何故『琉球』というのか…。
琉球の漁師さんが船の上で食べていた?
諸説あるようです。
関サバの代表的な料理です。

『サバの干物』です。
自家製干物は一晩夜露で乾かし、朝日を浴びています。
それだけでおいしそうでしょ。
皮の部分が香ばしいです。丸かじりしたいほど美味しいです。
海水と同じ、3%の塩水に一時間漬け、外に干します。
035cook20120718.jpg   
 
これも定番料理。
『サバの竜田揚げ』
ポン酢をかけていただきます。
これを食べると鶏のから揚げが空しくなりますよ。
008cook20120711.jpg  
付け合せはズッキーニとピーマン、パプリカ。
一緒に揚げると簡単です。

これを知っていると本当のグルメ。
『船場汁』です。
三枚におろした残りのアラを使います。
塩を振った中骨の部分を熱湯にくぐらせ、臭みを取り、大根と煮ただけです。
サバの匂いを大根が取ってくれます。
味付けはコショウのみ。
物足りなさを感じたら、薄口醤油を足してください。
あまりに濃厚な出汁にビックリします。
上にかかっているのは、引きたてのコショウです。
026cook20120717.jpg 
我が家にある懐石料理『辻留』の辻嘉一さん(1907年~ 1988年)の料理の本にありました。
サバの骨と大根のみ、何も足してはいけない料理です。
 
最後にサバの蒲焼です。
今年は連日ウナギの高騰の話題です。
なら、蒲焼をサバで作ってしまいましょう。
トッピングに九条ネギと糸唐辛子を載せました。
サバの身と甘いタレがウナギとは違った美味しさを感じさせてくれます。
005cook20120721.jpg 

いかがでしたか?サバ料理。
釣り魚でこれだけできました。
我が家にお招きできなかったのが残念です。
ゴメンナサイ!全部食べちゃいました。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン
GyoNetBlog ランキングバナー にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ
スポンサーサイト

海の日の大サバと極小イワシ

009fc20120716.jpg本日は日本全国が休みの日。
海の日』です。

関東地方は海の日にふさわしいような晴天。
少々風があるので、釣りにはよろしくないですけど。
風速8メートルだって。

海の日には海に行こうなんていう酔狂な人は…我が家にとっては極力少ない方が良いのですよ。
夫さ~ん、何で、平日休みの人が祝日に休みになるの?
釣場が混んでいるじゃない。

あれやこれや考えて、三浦は観光客で混んでいるだろうから、少し遠いけれど館山まで足を伸ばすことにしました。
先日、40オーバーのサバが爆釣でしたから、気分の良い釣場、自衛隊堤防に行くことにしました。
途中の釣具屋で館山近辺の釣果を聞くと、富浦漁港でアジが釣れているということです。
夫の目がキラリ
こんな目をした時には気をつけなくてはいけない。
夫の血液型はB型、変なところで意地になるのよ。
最近は年をとったのでしょう。
それでも、少しはまともになってきましたけどね。

010fc20120716.jpgさあ、自衛隊堤防に行きましょう。
この間と違って、風がありますから、水面がザワメイテいます。 
それに、三連休の最後の日、混んでいますよ。 

我が家は混んでいる釣場は苦手。
変なところを気にするものですから、周りの方々にご挨拶。
横に入ってもよいかお聞きして、釣りを始めます。
要するに、小心者です。

仕掛けを準備して竿を出してみますが、先日とは違います。
なかなかウキは沈みません。
それでも夫のウキが先に沈みました。
グイーっと横に引っ張るこの引きは…。
013fc20120716.jpg 
サバですよ。
タモで上げると、なかなか立派なサバです。
これはホンサバ、美味しい方のサバです。
023fc20120716.jpg 

綺麗な空と海です。
入道雲が遠くに出ています。
夏の海です。
でも関東地方はまだ梅雨明けをしていません。
九州では大雨であんなに被害が出たのに、こちらはこんなに良い天気で申し訳ないです。
017fc20120716.jpg 

と物思いにふけっていたら、shinnrikoのウキもズボッと沈みます。
夫ったら、shinnrikoの魚とやり取りしている場面を撮ってくれないものですから、しょうがない、タモで上げたサバの写真しかありません。
でも、夫のサバより数段大きいホンサバです。
027fc20120716.jpg 
おみごと、shinnrikoさん(自分で言っています)。

大きなサバを二匹ゲットしましたので、食べる分はこれで良しと夫は思ったのでしょう。
実は先日釣ったサバがまだ冷凍室に残っています。

場所を変えたいと言い出した。
ホラね。
 
返事をする前に、またshinnrikoのウキが沈みます。
やったッ。
ドラグがギーギー鳴ります。
緩めては巻いて、緩めては巻いて。
やっと魚体が…。
なんだ?あのウロコは…。
大きなボラ。気分消失した瞬間に、ボラの勝ち。仕掛けごと切って、サヨナラです。
切られたのが運のツキかな?ここで、仕掛けを作リ直すより、場所を変えてみるのも一興です。
別に自衛隊堤防に拘る理由もないです。
アジ釣れるだろうと言われた富浦漁港まで行くことにしました。 

自衛隊堤防から北へ車を走らせると富浦漁港です。
なかなか美しい漁港です。 堤防でも何か釣れそうですね。
 035fc20120716.jpg

堤防そばに筏があります。
釣堀があります(わかりずらいですが、写真の中央あたりが釣堀です)。
釣りブロ友のネクラさんが行ったのはここのことでしょうか(ブログはコチラ)。
042fc20120716.jpg 

041fc20120716.jpg堤防ではチヌ狙いの団子釣り師が数名います。
団子釣りかあ。
この釣り方だと、絶対に何か釣れそうですが、少し勇気がいります。
だって、手で団子を握らないといけないでしょ。
私はアレルギー体質、絶対に手がアミかぶれになりますよ。
真横の団子釣り師のおじさんの竿が曲がります。
何だと思ったら、ヘダイを釣り上げましたよ。
ヘダイがいるんだ。
ということはマダイもいるにちがいありません。
俄然やる気が…shinnrikoはタナをグーッと深くします。
先ほどの自衛隊堤防ではカゴ釣り仕掛けでしたが、ここではフカセで勝負です。

右の写真の夫のお尻あたりに見えているビキニの女性が判ります?
ビキニで釣りですかあ。

こっちは焼けてはなるものかと長袖に長ズボン、顔にはホッカムリしているのに、今時の 若い者は大胆だな。
将来恐るべし。
全身シミお化けになるわよ~ン!!
それにね、こんな綺麗な海にはブヨがいるのよ。
おへその中ブヨに噛まれちゃうから。
…とおばさんが妬っかみ半分でツブヤク。 
038fc20120716.jpg
こんなにいい場所なのに、釣れませんねえ。
西日がまともに顔に当たる時間になっても、我が家はマダイどころか、ヘダイも黒鯛もメジナもウミタナゴもスズメダイさえも釣れません。
アレ…ココはアジが釣れるんじゃなかったっけ?

フカセだと、大概魚が寄ってくるのに、珍しい日だなあ。
来るのは、小さな小さな極小イワシだけ。
あまりに寄ってくるので夫がタモですくいだした。
恐れを知らない大胆行動に周りの人はビックリ、大笑いしていた。
よかった…怒る人がいなくて。
釣れないと、何するか判らないB型夫。

右隣で釣っていたおじさんがジャリメを持ってきてくれた。
「イワシはジャリメで釣れますよ」だって。
イワシ釣りにきたんじゃないのだけど…。
おまけに団子釣りのおじさんまで、ハリにスレガカリしたイワシを持ってきてくれる。
ホントに久しぶりに恥ずかしい釣りだわ。
釣れないと意地になる夫、こういう日はなかなか帰るって言わないのよね。
西の端に日が沈んでくれて、ようやく諦めてくれた。

帰り道の首都高環状線で、青く光るものがあると思ったら、いつもは赤い東京タワーが『海の日』の特別ライトアップ。
青い東京タワー。
053_20120717145830.jpg 
惜しいかな、デジカメで撮っていませんので(iPhonで撮りました)、手振れをおこしていますが、走っている車の中からよく撮れました。

帰ってから自衛隊堤防で釣ったサバを測ると、43センチ。
062fc20120716.jpg 
下の立派なサバがshinnrikoの釣ったサバ。
釣りブロ友のガキおやじさんがサバの刺身がウマイとおっしゃるので、明日は生で食べますか(ブログはコチラ)。

夫の釣った小さい方のサバは干物にすることにしました。
071fc20120716.jpg 069fc20120716.jpg
朝になって、できあがりを見てみると、美味しそうなテカリが出ています。
右側が意地になってすくっていたイワシです。
本当はメザシにするのですが、手抜きをしました。
アミの上に載せて干しました。
イワシの干物の完成です。
我が家の猫達の大好物です。
075fc20120717.jpg 
干しアミを風呂場で洗おうと思ってバスタブの中にいれておいたら、我が家のハピとラキが愛しそうにクンクン匂いを嗅いでいます。
君達にもイワシの一夜干をプレゼントするからね。
意地になって採った貴重なイワシよ~。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー 

普通にスーパーサバです

朝から良いお天気です。
西日本は大雨で困っているというのに、こちらは快晴。
釣りに行こうとする時刻はとうに過ぎていましたが、こんな良い天気に家の中で蒸し暑いといってエアコンをつけているよりましです。
さあ出かけましょう。

030fc20120705.jpg 本日は房総方面。
もう、三浦は釣れない!今回は見切りを付けちゃいました。
釣ブロ友のbambooさんの言うとおり、千葉はやっぱり魚影が濃いかな?
諦めて、足を伸ばしました。
でもきっと、三浦も負けない時期は来るわよ。

相変わらず、首都高は混んでいます。
もう少し早かったら、こんな渋滞はなかったかもしれません。
首都高4号をトロトロ走ります。
ちょうど三宅坂にさしかかっとき、前の車が急ブレーキ。
夫は判断力よろしくブレーキを踏んだのですが、後ろの車がボーっとしていたらしい。
ガシャッだって…。

事故の話は長くなるので、『猫の額ほどの話』のブログに書き込むことにします(記事はコチラです)。

とにかく、shinnrikoも夫も無事ですよ。
さっさと釣りに行くことにします。
東京湾ベイブリッジの木更津方面。
青空に雲、すっかり夏ですねえ。
さっきの事故なんて吹き飛ばそう。
010fc20120705.jpg 

途中のハイウェイオアシス富楽里に植わっているパッションフルーツです。
もう実がなっていました。
 パッションフルーツは南国の果物。
日本では沖縄や鹿児島が有名ですが、房総だって暖かい、ちゃんと実がなるのですね。
013fc20120705.jpg 017fc20120705.jpg
我が家の種から育っているパッションフルーツはまだ50センチくらいなのに…。
我が家はなりそうにありません。
昨年、鹿児島の鹿屋でいただいたパッションフルーツの種から芽がでました。
花は時計草の種類ですので、写真のようにこんな感じ?
真正面から撮ればイエス様の受難の花がよくわかるのに、shinnrikoの背が足りなかった。

富津館山道路の最終地点の富浦インターから高速を出て海岸沿いを車で走ると、空中が賑やかになってきます。
ヘリコプターがひっきりなしに離着陸しています。
自衛隊が近くなったせいですね。

その自衛隊の前の堤防が自衛隊堤防と呼ばれていて、このあたりでは有名な釣場です。
020fc20120705.jpg 
途中の釣具屋さんで「一日座っていればサバが釣れるよ」と聞きましたので、我が家の夕ご飯の食材の調達をすることにしました。
釣り師さん達がいっぱい並んでいますね。

今日はココデ釣りをしましょう。
サバですので、フカセではありません。
カゴ釣り仕掛けを用意します。
023fc20120705.jpg 
shinnrikoのウキです(半手作り品)。
左側にチョコットあるのが夫のウキ。

こんな体制で待ちます。
033fc20120705.jpg 
ですが…のんびりしている暇はなかった。

すぐに当たりが…大きいサバです。
これだけ大きいと力が強い。
久しぶりにドラグがギーギーなります。
今日はいつもの竿ではなく、2号の飛ばせる磯竿です。
リールもshinnrikoには重い4000番。
021fc20120705.jpg 
仕掛けは先日作ったはげ皮サビキの下に餌用の針を付けたものを仕様しています(ハゲ皮サビキの作り方はコチラ)。
とにかくサバ君ったら、一生懸命泳ぐなあ。

釣れましたよ、マサバです。
重いはずですよ。
040fc20120705.jpg 

shinnrikoが使っているカゴはコレ。
夫がカゴの下にハンダで錘を付けてくれました。
そして、臭いコマセを触らずにカゴに入れるのはこの注射器状?スポイド状?のものは必須です。
大概女性で釣りが嫌いなのはコマセが臭いから。
これなら、手に付かずに入れられますよ。
049fc20120705.jpg 

購入時はこういうパッケージです。
525円はこんなものでは高いのですが、私にはなくてはならないものですねえ。
P1001158.jpg 

ボーっとする間もなく、またもや釣れます。
このサバは点々があるので、ゴマサバかな?
それでも大きい。
057fc20120705.jpg 

海の様子はこんな感じ?
やっぱり夫の方が飛ばせるのですよ。
夫が50メートル、shinnrikoが30メートルくらい?
035fc20120705.jpg 

解説している暇はないですよ。
またもや竿がしなります。
062fc20120705.jpg 

これも大きいサバです。
061fc20120705.jpg 

サバは釣れたら、すぐにサバ折にします。
我が家はエラと内臓をその場で取ります。
ですので、夫は今日は大忙し。
shinnrikoは手が臭くなるので、そんな野蛮なことはしません。
釣るのと写真撮るのみに徹するのであります。
065fc20120705.jpg 
ばたばたと暴れるサバ君です。

ひさびさにクーラーが満タンですよ。
これ以上釣ったら、我が家は食べ切れません。
ここらで止めておきましょう。

取り過ぎないのもまっとうな釣り師ですよ。
shinnrikoが4尾、夫が3尾。
本日shinnrikoの勝ちですよ~♪
067fc20120705.jpg 

夕飯のおかずが釣れたので、自衛隊堤防を後にすることにしました。
それでも、まだ日は高いままです。

自衛隊堤防から沖ノ島方向へ行ってフカセ釣りをすることにしました。
076fc20120705.jpg 
釣り座から見た風景です。
真正面が三浦ですね。
右側には帆船が浮かんでいます。
船の名称?調べていないので判りません。

ここはコッパグレしかいません。
ですが、こんなにウキグレだと、フカセ釣りの練習にはなりそうです。
072fc20120705.jpg 

こんなにのんびりとした釣場です。
車を横付けできる関東では珍しい釣場です。
この右横が自衛隊です。
このくらいの石の堤防だとshinnrikoでも足場に恐怖を感ぜず釣りができます。
最近は足腰を鍛えていますからね。
写真に写っているのは投げ釣りの人です。
キス釣りでしょうか。
077fc20120705.jpg 

海辺のどこにでもいる可哀相なノラの猫ちゃんがやってきました。
083fc20120705.jpg 
この子は毛並みがいいですね。
大きな(猫から見たら)メジナをもらえて大喜びです。

1日早かったのでよかったのですが、次の日からトライアスロンの大会があるみたい。

087fc20120705.jpg 

日暮れ前に帰ることにしました。
ここからは、首都高が混んでいなければ2時間で帰れます。

帰ると、このお魚達をどうにかしなければ、三枚におろして、明日食べる分を残して、冷凍にすることにしました。
もう少し保存状態が良ければスジメにしましたが、ゴマサバが多いので煮炊きする方がよさそうです。
料理をしたら、またご紹介します。
090fc20120705.jpg 

大きいのを計ると40cmオーバーです。
095fc20120705.jpg 
やったね。
これでしばらく晩御飯のおかずはゲットです。

スーパーに並ぶぐらいのサイズのサバということで、スーパーサバ。
すごいという意味じゃないのよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン 
GyoNetBlog ランキングバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。