猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜鯛を釣らねば…安戸池

釣り猫のshinnrikoです。
今日もよろしくお付き合いください。
昨日(2013年4月22日)釣りに行ってきました。

先週大風邪を引いてしまったshinnrikoではありますが、今週こそは釣りだな…と勇んで二週間前に行った鳴門の筏に電話をしたところ…満員らしい…トホホ幸先悪し!
ですが…コチラを見てね!実は…きゃーははは!釣れてます!釣れてます!
009fc20130422_20130423145508.jpg

それならば、しばらく食べていない鯛を釣ろうではないかと、新年早々に訪れた安戸池へ行くことにしました(新年の記事は→コチラ)。
香川県東かがわ市の安戸池は海釣り施設なのですが、海上釣堀のイケスのように限られた空間ではなく(それでも今の季節はムチャ釣るのは難しい)、海上筏のように自然の魚でもありません。
大きいワンドを堰き止めて、そこを池にし、魚を放流しているというわけです。
まあ言ってみれば、良いとこ取り?
鯛やカンパチ、ブリなども放流してくれているので、鯛を釣る確立はとても高い。
でも見てください。
078.jpg 
こんな広いところなのに、その中で大物はshinnrikoの竿に寄ってきてくれるのかしらん。
前方の堤防の向こうが海です。

そこを堰き止めて池にしたのですね。
018fc20130422.jpg 
050_20130423145330.jpg上の写真のように水門で池の海水を管理しています。
ここはハマチ養殖の発祥の地らしいです。
右の銅像が苦労の果てに、ハマチ養殖を成功させた野網和三郎翁。

上の写真の水門には何人か人がいますね。楽しそうな笑い声が聞こえてきます。
コノシロを引っかけ釣りしている小父さん達です。

我が家は今日は大物で狙い…鯛ですよ鯛!

春なのに夫の防寒着は真冬ですね。
そうなのです、とっても寒い。
shinnrikoも真冬の防寒着を着て、おまけにカイロを張りまくりです。
実は病み上がりですもんね。
咳もコンコンなら可愛いのですが、ゴホゴホ出ています。

081fc20130422.jpg 
はやる気持ちを抑え、準備をする夫です。
新年早々、夫はここで鯛を釣ることができず、悲しい思いをしています。
ハイ!shinnrikoはめでたい鯛を釣って超ゴキゲンでした。

でも心配するなかれ、夫は前回の汚名を晴らすべく、まず一匹。
007fc20130422_20130423145506.jpg  
綺麗な鯛ですね。
ブルーのアイシャドウ、ピンクの衣をまとった素晴らしい鯛です。

次はshinnrikoが釣る番ですが…これがなかなか釣れない。
023_20130423145242.jpg 

今回はshinnriko得意の丸ウキではなく、前の日に夫が3号の棒ウキを買ってきてくれたものを使っています。
これだけ重い錘を付けていますので、すぐにエサが棚に着いて良いのですが、こう釣れないと、丸ウキに代えてしまいたくなるのをじっと堪え。
何だか時間ばかりが過ぎていく。

こういう施設は退場時間があります。
それまでに釣らなくては…。
020_20130423145241.jpg
鳥達もけたたましく鳴いています。
何だかバカにされているみたいです。

こんな長い筏をつないで通路にしています。
016.jpg
こんなに長くて遠いと管理棟までトイレに行くのも大変です。

夫も二匹目を釣ろうと頑張っていますが…どうもいつもの釣れないパターンに落ち込んでいるようで、ちょっといけないムードが…。
013fc20130422_20130423145509.jpg

何だかこう釣れないとshinnrikoの今の病状と重なり合って嫌な気分がしてきます。
膠着状態…これは嫌だな。
太陽は西に傾き、終了時刻まであと30分。
そんな時、ウキをつつくかすかな当りがあります。
こういうのを前当りといいますね。

竿をあげてエサを見てみると、案の定かじった跡があります。
2投目。
またウキがちょっと沈みます。
ガマンガマン…。
ウキが動かなくなってから、竿を上げてみると、やっぱりかじられた跡が…。
3投目。
しばらくしてまたコツコツ。
ウキがちょっと沈みます。
夫が横から、「まだやで、まだやで」と…賑やか。
尚のことウキは沈みます。
まだまだ。
そしてぐぐぐーっと長いウキは海の底へ。
ヤッター。
象のように動かなかったshinnrikoなのに、おもむろに立ち上がり、すばやくリールを巻くと、確かな手ごたえがあります。
キャー、浮腫の右手なんてくそ喰らえ(ちょっとはしたない)。
巻くよ巻くよ。
白い魚体が見えてきます。
鯛ですよタイ!!

夫がタモで参戦しますが、2回も取り込むのに失敗。
ありえないけど、とにかく上がった鯛がコレ。
093_20130423145404.jpg 
ちょっとボケてる?夫が写しましたので…ボケていますね。

028fc20130422.jpg 
大きな鯛!
先ほど夫が釣り上げた鯛よりも精悍な顔をしています。
なるほど力強いはずです。

shinnrikoの感想としてはグレは釣ってからググーっと引きこみますが、鯛はそれに比べて素直に力強いだけなので、釣り上げ安いです。
それでもこの大きさになると相当な力です。

ちょうど終了時刻10分前の放送がありました。
聴いてないし、大興奮してるし…この夫婦。

それでも周りの人たちが帰り支度を始めたので、竿をしまうことにしました。

管理棟へ寄ると、釣り上げた魚の下処理をしてくれます。
そのついでに測ると、41㎝。
038.jpg  
充分なサイズです。

お願いして、三枚におろしてもらうことにしました。
048.jpg 044_20130423145327.jpg 
ちゃんとした板前さんがここにはおられるので(管理棟の上で料理を食べられます)、見事なさばきであっというまに切り身です。
明日以降、しばらく鯛料理が食べられます。

右の写真はアラのおこぼれにありつきたくて寄って来たトンビの群れです。
判りますか?ずっとずっと先に先ほどまで釣っていた筏があります。

最後の最後に釣り上げた魚というのは、とてもとても感慨深い。
サッカーで言えば、ロスタイムの間で逆転しちゃうとか、野球の延長さよならホームランとか?
エッそんなに大きい話?
…もう、素直にウレシイ!

もういちど写真のっけちゃいましょう。
096fc20130422.jpg
何とも…ニッとしています。

ア・・・それから忘れるところでした。
この日は22日…夫婦の日ということで、釣場からプレゼントをもらいました。
099_20130423145407.jpg 写真 
開けたら、ハンディーモップ?
ふふふ可愛いです。

ゴキゲンなshinnrikoです。
帰りにセブンイレブンに寄って帰りました。
057_20130423145331.jpg 101.jpg 
何で、たかがコンビニ、そんなことまで、載せるんだと思うでしょ。
四国には今までセブンイレブンが一軒もありませんでした。
4月になってサンクスの一部がセブンイレブンに代わって、店舗がどんどん増えています。
今までなかったというのがとっても不思議です。
たぶん淡路島(兵庫県なので四国ではない)のサービスエリアが最後でそれまでなかったのですよ。
セブンイレブンが進出してくると、他の店に人が来なくなる…というのが理由?(ホント?)と聞きましたが、セブンイレブンだからといって、他のコンビニよりも優れているなんてことは、ないのですが。
優れていれば尚のこと進出してくれればありがたい話し…なのですが…。
理由は判りませんが、兎に角、安くて好きだった、セブンプレミアムのアイスバーを買い込みました。

気分良し!

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタンGyoNetBlog ランキングバナー

スポンサーサイト

春の鳴門筏釣り

息子が帰省した4月8日(2013年4月8日)満を持して…。
夫が騒いでいます。
「筏釣りに行くよ~、釣れてるってよ~」

夫が騒ぐ時に限って釣れないのが我が家のジンクスみたいになっているので、そ知らぬ振りをしていましたが、まあ、息子も帰省していることだし。
っていっても夫の休みがとれす、子供が帰省する、その日に釣りに行くという何だかとってもハードな日。

息子は鳴門の高速乗り場から京都にバスで帰ります。
バスの発車時刻は17時40分、渡船の最終お迎え時刻が16時半ですので、1時間くらい余裕はあります。
我が家にしては早い時刻の8時から16時半まで楽しむことにしました。

さあ渡船に乗り込みます。コレ息子です。
だいぶおっさんになりました。
001_20130412201346.jpg

親子で仲良く乗り込みます。
006fc20130408.jpg

船の行く先が筏のあるウチノ海です。
010.jpg

さあ、筏に着きました。
子供の小さい時には徳島に住んでいたおじいちゃんに連れられて何回か来たものです。
その時には鯵がバケツに何杯も釣れました。
026fc20130408.jpg

さあ、第一投目、ちょっと決まったかな!
035fc20130408.jpg

なんとキスが一荷?
027fc20130408.jpg
ちがいました。
下についているのは真ハゼ君です。

筏の良いところは、ちゃんとトイレが付いているところですね。
とても綺麗なトイレです。
025fc20130408.jpg
shinnrikoの後ろがトイレになっています。

お向かいさんの筏は3人のお客さん。
何だか釣れているようです。
楽しい笑い声が聞こえます。
020.jpg

我が家は?…厳しいなあ。

と思っていたら、夫がセイゴ(スズキの幼魚)を釣りました。
徳島ではハネと呼びます。
045fc20130408.jpg

貴重なお魚ですぞ。
実は今年になってやっと一枚をあげた夫です。
内心はたぶん「がッははッ!」

きれいなお魚です。
049.jpg

この鳴門のウチノ海は鳴門海峡の内側にあたりますので、まるで池のような海です。
波も穏やかです。
子供でも安心して遊べますね。
032_20130412201432.jpg
こんな風に筏が点在しています。

もう一度夫の竿にセイゴがかかってくれました。
これも綺麗なお魚です。
062.jpg

shinnrikoといったら何が釣れたって?
実はこの子だけ。
196.jpg
ありえない事実だなあ。
実はこのところ筏ではサヨリが爆釣なんだそうです。
1グループで200匹くらい釣れているらしいです。

だけど我が家の筏の周りにはサヨリのぴょんぴょん跳ねる姿は最後まで見れませんでした。
それでもまあ、やっと暖かくなってきた鳴門の海のこんな姿とか。
060_20130412201453.jpg

こんな姿とか海の上から堪能できるなんてうれしい限りです。
186.jpg

帰りの船の中でちょっと寂しい夫です。
何故なら、横の筏のおじさん達があまりにもサヨリを釣っていたから。
船長さんにも、サヨリ釣れなかったの?
なんて聞かれるし、おじさん達にも、「何釣りにきたんや?」って聞かれるしね。
063fc20130408
まあ、近いんだし、何べんも来ればいいじゃない。
徳島の海は逃げないよ。

船着きはこんな感じのところです。
071_20130412201511.jpg

息子の帰りのバスの時刻まで、近くのカフェに行ってお茶を飲むことにしました。
徳島にもお洒落なカフェがあるのですよ。
さっそくたのんでしまった、パンケーキ。
224.jpg
おいしそうでしょ。
ワインのボトルの間から見える橋は小鳴門橋です。
大鳴門橋は淡路島から鳴門にかけて高速道路に架かっている橋ですね。
こちらは昔からある小さい橋です。
223.jpg

さあ、息子が乗る高速バスの時刻になりました。
バス乗り場まで送って行きました。
何だかちょっと寂しいです。

徳島から息子が居る京都まで高速バスで3時間半。
近いと言ったら、まあ近いでしょう。

さあ釣ったお魚は美味しく食べるのが我が家の鉄則。
キスと真ハゼは天ぷらにしました。
256.jpg
季節の山菜と一緒に食しましたが、山菜の量の方がずっと多い。
山菜はたらの芽、こごみ、竹の子、葉にんじんです。
前にちょろっとあるのがキスとハゼです。

セイゴはイタリアンに。
キレイなお魚でしたので美味しかったですよ。
013_20130412201348.jpg
スズキの香草焼きです。
香草はフェンネルです。

さあ、やっと徳島の釣りを楽しめる季節になりました。
これからどんどん釣りに行きますよ。
040fc20130408.jpg
この夫婦やっぱりちょっとお太り気味ですネ。
着膨ればかりではありません。
実は良い天気なのですが、海の中も海上も少しまだ寒いです。
たぶん水温15度はまだまだです。

実はこの前々週にも釣りに行きましたが、まったくお寒い結果で…。
その内に記事にする…かな?

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。