猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日吉原埠頭、ちょっとしぶい

ちょっと混んでいます  寒くなりました。
 大分の魚釣り師さん!釣っていますか?
 
 さて猫の夫婦の休日も、お魚釣りに直行です。
 最近は遠出をしないで、地元に根付いて釣りをしています。
 近場で釣れるなら、それに超したことはない訳で、本日も日吉原に行ってきました。
 今年の夏の猛暑の中、ここで汗だくになりながら釣り糸を垂れていたのに、すっかり寒くなってしまいました。 
 本日は週の中日、平日にしては、釣り人が多いですぞ!!
 人が多いということは、さては大漁の予感・・・。
 仕掛けを作る前に、周りのおじさん達にリサーチ、リサーチと・・・。
 でも周りのどの人に聞いても、渋い顔。いえ機嫌が悪いのではありません。
 釣れていないのですよ。
 でも、今日は『日吉原』と決め、腰を落ち着かせることにしました。
 それでも、周りの人が釣れていなければ、釣れる見込みはなさそうなのにね。

 と猫の夫婦も渋い顔になっていたところ、右となりのサビキで釣っていたおじさんが、騒ぎ始めた。
 波止にいた人たちは皆そのおじさんを凝視します。

 やっとこさ釣り上げた魚は茶色い物体。
おじさんが釣り上げたヒラメ  
 なんとヒラメです。否?カレイか?否?ヒラメだ。(右にお目目が向いている)
 となりのおじさんは大喜びです。なんとも嬉しそうな笑顔。
 ホント、釣れると誰でもこんな素敵な笑顔になるんですよ。
 
 しかしながら、ふと考えると、サビキでヒラメが釣れるというのはまず考えられない。
 物好きなヒラメなのかもしれないが、あまりないことだろう。
 たぶんキビナゴのような小魚が釣れていて、それに食いついたのだろうと思われます。

以前某所でサビキで釣り上げたホゴちゃん  そういえばshinnrikoも昔サビキで有り得ない大物を釣り上げたことがあります。
 40センチ弱くらいのカサゴ(九州ではホゴといいます)。これは嬉しかった。大穴を当てるみたいな感じ?(我が家はギャンブルはしませんが・・・)

 その後、左となりのおじさんがカンダイ(こぶちゃん)の子どもを釣り上げていましたっけ。
 子どもなのでおでこは出ていませんでしたが。
 
夕方から一尺屋で釣ったアジ。30センチ弱です。 猫の夫婦の浮きは相変わらずピクリともせず。
 今日は『日吉原』で釣ろうと決めていたにもかかわらず、猫の夫が我慢ができなくなった。
 「場所を変えよう」と、何度も言うものだから、仕方がないです。
 釣れそうな一尺屋まで足を延ばすことにしました。
 最初から一尺屋で釣りをすればよかったのではないの?
  
 夕方からの一尺屋は小鯵(九州ではゼンゴといいます)が湧いて五月蝿いほどです。
 我が家はshinnrikoの手よりも小さいサイズのゼンゴはリリースすることに最近は決めていますが、そうするとただ忙しいだけ、釣っては逃がし、釣っては逃がし。
 でも日暮れと共に、小さなゼンゴたちは姿を消し、しばらくすると猫の夫に大アジがかかり出しました。
 何匹か釣ったものの、あまりの寒さにshinnrikoの体調が最悪に・・・そうだ病み上がりだった。
 
 無理はだめですね。
 夕方になれば、日吉原でも釣れたのではないかと思うのですが・・・。

blogram投票ボタン にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへにほんブログ村
GyoNetBlog ランキングバナー読まれましたら、ロゴをクリックしてくださいね<(_ _*)>
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。