猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が安心してさかな釣りするには、トイレの話

 今日は切実な問題を一つ。
 
 我が家のアウトドア歴はかなり長い。
 ブログ記事の更新がなかなかされないものだから、そんなものかと思われるかもしれないが、キャンプから川釣り、海釣り、一通りこなしてきた。
 しかしながら、ここに大きな問題がいつも立ちはだかる訳で、女性なら誰でも気にすること。
 それを気にすると、アウトドアなんか二の足を踏んでしまう。
 特に釣りとなると余計かもしれない。
 海岸は隠れるところがないですもんね。 

美しい大分の公園、釣り場があります。トイレもあります。  
shinnrikoは新しい釣り場に着くと必ずトイレの場所をチャックすることから始まる。
 これは釣行にはかなり、重要なことですぞ!
 貴婦人、スカートの下は・・・
 人間が生きていくには、食べて、飲んで、栄養分を体にいただき、あまったものや老廃物を排出する。
 当たり前のことではあるが、ここに女性ならではのデメリットがある訳で・・・。
 男性が用を足すのはとっても簡単ですよね。
 女性が服を汚さずに用を足すには、どうしてもカワイイ?お尻をださなくてはならない、悲しいかな人体の構造がそうなっている。 
 誰が見ていなくても、とっても恥ずかしい事態になってしまうのです。
 
 服をどうにか改造してくれないかと思ったこともありますが、そうなるとフランスのルイ王朝時代のようなラッカサンのようなスカートをはくことになってしまう。 

 当時のフランスはトイレがなかったということをご存知でしたか?
 絢爛豪華な美しい貴族の紳士淑女行き交うベルサイユ宮殿の中ではご他聞にもれず、宮殿の隅であの大きなスカートで隠しながら、用を足していたということで、さぞかし匂いが凄さまじかったに違いないです。
 
 美しく、用を足せるそんなお洋服で釣りはできません。
 現代、各所にトイレがあって当たり前なのに、自然一杯、風光明媚な釣り場には当然ながらトイレはない。
ここは関西の釣り場、トイレ、洗い場その向こうにはゴミ置き場。
 関東・関西近県の都会の釣り場は公衆トイレがわりとあるのですが、それでもshinnrikoはトイレまで行くために、車に載せることのできる折りたたみ自転車を活用していました。
 
 車で往復すればトイレがあるなら、面倒なようでも、トイレまで運転して行きますね。
 
 でも本当に困ったのは渡船で行く堤防。
 それも他にも釣り人がいる時。
 テトラにもぐりこんで、命がけで用を足したことがあります。これは怖かった。
 あの格好では、すべって落ち込んでも、絶対に助けを呼べませんね!意地でも呼べません!
こんなところでは二度といやです。  
 恥ずかしながら、いろいろ考えて、大人用介護オムツ何かも用意したこともありますが、どうしてもそれはできないのですよ。
 それも立ったままで、どうやったら出るのだろう・・・???
 車には一応簡易トイレは用意してありますが、よっぽど慎重にしなければ、車を汚す結果に・・・。
 子どもじゃあるまいし、粗相は困ります(;T-T)

 ということで、shinnrikoのブログで紹介している釣り場は大抵、トイレがあるか、車で数分走れば何とかなるところばかりです。
 前に紹介した、福泊ご夫婦で釣りをされる時には、安心して行けるところだと思います。
 ・・・が勇気を持ってお店に駆け込まなくてはいけない場所もあります。でも大概はこちらが恥ずかしがっているだけで、何処でも気安く貸してくれますよ。

 どなたか画期的装着物を開発してほしいものですが、shinnrikoが想像する範疇のものは、ムレそうな、爛れそうな予感のするものばかり、どなたかよろしく。

 江戸時代、名君吉宗の子将軍家重は江戸城から上野の寛永寺へ行くだけで23カ所もトイレを設けたそうで、『小便公方』とありがたくない名で揶揄されたそうです。
 女性のように尿意が近く、死因となった病名も女性特有の病気であることから、なんと、将軍女性説が飛び出すほど。
 江戸城から、上野まで23カ所というのはさすがに多いです。何らかの病気を持っていたのでしょうね。
 男性でもやんごとない方に路上や草むら・・・ということもできず、おごそかなトイレを作ったのでしょう。
男性諸君!看板をよく見ましょう!! 
 平成のやんごとない女性達の為にも公衆トイレを増やして下さい。
 特に大分県の海沿いは少ないなあ。これは切実!
 前にトイレを地元の方が掃除をしているというブログ内記事を書きましたが、日本海側のshinnrikoのよく知る場所では、釣り人から駐車料金を徴収し、トイレやゴミの清掃活動費にあてているところもありました。
 トイレが一回ごとに自動洗浄できる公衆トイレもありますが、それは都会のこと。なのかなあ。 

 それともう一点重大なお願い。
 人体構造上有利な立場にある男性諸君!釣り場の堤防では用を足さないでね。
 アンモニア臭の耐え難い匂いのする堤防が時々ありますぞ。
 地元の人が釣り人に対して顰蹙している点はこのことでは?注意書きの看板が各所にあります。
 女性のことをおもんぱかって、男性もトイレで用を足すべし!! 
 
 女性がもっと釣りをするようになると、美しい釣り場になるに違いないのです。
 もっと楽しもうよ!女性達!!

blogram投票ボタン
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
にほんブログ村 
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。