猫の夫婦のおさかな釣り

猫のshinnrikoの夫婦のおさかな釣りの記録です。今日はどんなおさかなに出会えるでしょう。釣りの楽しさがお伝えできれば嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無・・・ボウズ 東扇島

 実は昨日、猫の夫婦始まって以来の貴重な体験しました。
 
 ボウズ!!!
 いつもはね、釣れなかった・・・とはいえ、shinnrikoと猫の夫のお友達のベラ君とか、クサフグ君とか、ハオコゼ君とか、巨大ボラ様とか、可愛いお友達たちが顔を見せてくれるのに・・・。

----------------------------------------


 猫の夫の休日、朝一番で歯医者の予約が入っていたので、今日は一日家に居るのかと思いきや、竿を出し始めた。
 「エっ行くの?」
 夫が家に居る日は朝、昼、晩と三食のご飯を作らなければならにでしょ。
 それって結構重労働。

 それより、おさかな釣りに行った方が良いに決まっています。

 本当はキレイな海に行きたいけれど、東京湾での釣りは引っ越してきてからまだ行っていないし・・・。 
 今日は東京の海に顔見世しておきましょうと思ったのですよ。
 
 場所は東扇島
 東京湾の昭和の埋立地、人工島です。
 shinnrikoが住んでいる杉並からは、環八をずっと南下して、川崎港海底トンネルを抜けると着きます。
 相変わらずの環八の渋滞で2時間かかりました。
 2時間だったら、三浦までは完全に行けました(後で悔やむ)。

 地図で見ると、羽田空港の西に位置するのが東扇島
 その島の西側にあるのが東扇島西公園です。扇島の工場

 真前に見えるのが、東扇島の西に位置する、扇島の工場(上の写真です)
 夜にみると工場の明かりで赤くきれいですが、昼間はどんよりとしています。

 この場所に来たのはshinnrikoは2度目ですが釣りをするのは始めてです。
 この公園ができてすぐの頃に散歩に来ました。

 東扇島はshinnrikoにとっては思い出多い場所です。
 昔、もう10年~12年ほど前になりますが、shinnrikoはまだ少年だった息子のXAMPを車に乗せて二人でよくこの島には釣りに来ていました。
 
 当然、この公園はできてなかったので、島の各所、いたるところで釣りをしている人を見かけました。
 その頃はまだ港湾全体釣り禁止とはいえ、港湾の車が回ってきているくらいで・・・。
 たぶん今(2011年)の東京湾では許されないでしょうね。
 という理由で当時のその場所はナイショにしておきますが、アジは回ってきていたし、shinnrikoは自慢のおニューのヘチ竿で30cmのメバルは何匹も釣るし、投げれば昼はキス、ワタリガニなんかも釣れましたし(地球を釣ったかな?と思ったらカニです)、夜はアナゴがニョロニョロと釣れていました。
 その頃住んでいた横浜の我が家からは渋滞もなく、すんなりと来れましたから、海が見たくなると息子をさそってよく来ていました。
 
 そんな思い出があったので、何かは釣れるだろうと高をくくって、このところハズレがないフカセ竿で撒き餌をしながら、釣りを開始しましたが、何とも釣れる気がしません。

  海の水は・・・油?
  この写真で見えますでしょうか。メラメラと光っているのは油です(中央はshinnrikoのウキ)
 渋い顔 この海ではこの釣り方は初めから適さなかったのですね、きっと。

  おさかなだって、海に潜っているでしょう。
  投げ釣りでないと、無理???。
  
  ということで、渋い顔の猫の夫(右写真、ボーゼン!!!)。
  
 しょうがないので海の写真を撮りました。
 写真中央部は浦賀水道です。
 
 記紀の時代、日本武尊様の妻の弟橘媛様が自ら命に替わって入水すると、波は凪いだと伝えられている場所です。

遠くに見える浦賀水道
 おにぎり今は巨大タンカーが行き交っています。  あんな狭い海峡でよく安全に運航できるものです。
 
 またまたしょうがないので、おにぎりを食べることにしました。
 最近のshinnriko、病の為、自ら塩分制限しているのでこのおにぎりの美味しかったこと・・・これを食しているということは制限を破っている行為なのですが、食べたからって、今すぐに、何とかなるわけでもないでしょう。
 
 しかし、この公園、前に来た時にはとてもキレイだったのに、どうしてこうゴミが落ちている? ゴミだらけ!!!
 
 地震で壊れた? 
渋い おまけにところどころ設備が壊れています。
 たぶん3月の大震災で、ここも地盤沈下がおこったのかもしれません。
 もっと先端に行くと大きく壊れた場所もあって、惨憺たるものらしいです(猫の夫が見に行きました)。
 
 ということで、このボウズのブログ記事にはお魚の写真が一枚もありません。
 
 しょうがないので、shinnrikoの顔・・・これも渋い。

真ん中東京タワー 帰りは環八を通るのはやめて、首都高を通り新宿インターから帰りました。
 渋滞が多くって、高い道路と悪名高いですが、それでも環八よりはましです。
 
 東京というのは、夜の明かりの方が綺麗なんだなあ。
 右の写真、ブレていますが真ん中が東京タワー。
 もうすぐスカイツリーにお株を奪われそうですが、やっぱりこのタワーの方が美しいのでは?
 
 今度は”釣れる釣り”をします。
 こういう日もあるさ。
 
 shinnrikoとしてはコレ↓書くのいやだったのですが。
 副作用の為に毛が抜けるのがいやだったので剃髪したのですが、だからって言って、ボウズはないわな。
 釣り用語でボウズって意味、毛がないからなんですって、shinnrikoの場合ちゃんと生えてきているので、心配御無用!
 って・・・自分で書くことないのにね。
 
 ちなみに仏教でも無というのはアルという意味ですよ

 釣りもボウズでなくなるのでまたブログを見にきてください。

 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
にほんブログ村 
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: NO TITLE

>AGAさん
 
 ご心配かけてます。

 木曜日にちょっと辛い治療受けてます。
 今は昔と違って、副作用を軽減するような薬がありますが、
 それでも寝込みます。グスン!

 どういう状態かというと、楽しい、美味しい、思いもしてないのに、ずっと二日酔いです。
 すごく損な状態です。
 

NO TITLE

元気ですか~~~~~

記事読み返して、、、、チョックラ心配やね。。。

NO TITLE

ハイ、 がんばってみます。

将来に残せるものを、、、、<(_ _)>

Re: NO TITLE

>AGAさん

 工事屋さんだったのですね。
 きっと素晴らしいものを創ってこられたのでしょうね。
 
 shinnrikoは新しい建造物も古い建造物も好きです。
 その中には人間の叡智があるからです。
 
 長い歴史の中で、今は過渡期なのではないでしょうか。
 
 化石燃料なんて野蛮なものを使う時代は一時のものでしょう。
 人間は失敗をバネにできる賢い生物です。

 皆が意識すれば、次の時代には地球が喜ぶようなものができるはずですよね。
 私は信じています。
 

NO TITLE

こんにちは、

構造物もアートですネ。

私は工事屋さんなので、海外で多くの構造物を作るお手伝いをしています。

これからも、

でも、過去に作ったものは自然破壊も起こしています。

仕方のないことかもしれませんが、

温暖化を防げるような、コストの安い物を作りたいです。

Re: NO TITLE

>AGAさん

 食えないものばっかでも釣りは釣りですよ。
 野池のバス釣りなんか、絶対に食えません!!

 ところで、AGAさんは“つばさ橋”作った人だったのですね。

 鶴見つばさ橋、横浜ベイブリッジ、shinnrikoが最も好きな景色ですよ。
 特に夜に渡るとこの世のものと思えないくらい綺麗です。

 世界中には人工的だけど、感動する景色がいっぱいあるのでしょうね。
 先日友人からドバイのビル群の写真が送られてきました。
 感動しますよね。

NO TITLE

ギャッハハハハ

そうしたら、、、(フグとか入れたら)

完全なボーズは、、、、、ないですね。。。 <(_ _)>

必ず何かはかけています。。。。食えないものばっか、、

東おぎしま。。。。翼橋

翼橋???? AGAも昔 昔 工事のお手伝いいたしました。。。

<(_ _)>

Re: 洪水時の魚

> ガキおやじさん

すみません。答えてくださって感謝してます。

そうですね。そうやって、身を護っているのでしょうね。
いつも濁流の川を見る度に、魚達はどうしているのだろう、と思っちゃうわけです。
魚達も知恵があるのでしょうから、生きる為に身につけたものがあるのでしょう。

うちのムギツクはたぶん海に流れたでしょう。
別府の川は短いですから。

それにしても、港でヘラブナ釣りですか!!?

洪水時の魚

これは魚種によっても様々でしょうね。

泳力があって、水質変化に強いものは、支流に逃げるとか、思い切って遡るとか、逆に海のほうへ一時避難するとか、漁港に逃げ込むとかでしょう。この間、河口にある漁港でヘラブナ釣りましたし(笑)

穴が掘れる魚なら穴掘って潜るでしょうし、ウナギみたいなのなら、ちょっとした割れ目なんかに隠れると思います。

しかし、大多数の魚は、水草がたくさん生えているところで草の中に身をうずめたり、沈んでいるゴミや構造物の中に入っていたりしているんでしょう。

そして、運悪く海へ流されてしまったものは、そのまま死んでしまい、他の生き物の餌になってしまうのではないでしょうか?

自然の摂理ですから、コレばっかりは仕方ありませんね。

Re: NO TITLE

> AGAさん。

だって、釣れなくっても、クサフグくらいは釣れてくれるでしょう。

生命反応がない海でした。
要は釣り方なのでしょうね。

ところで、あのクサフグのオナカ突っつくとスゴく丸く膨れるでしょう。
釣れない時にも、クサフグと遊べたのに、今回はそれすらなかったの。

お坊様は、できたら避けたいですね。

Re: タマゾン川は本当です

> ガキおやじさん

そうなのですか…。
実はshinnrikoも人のこと言えません。

別府から引っ越す前にムギツクを飼っていましたが、別府の川に放してきました。
ムギツクは日本の川や池にいる小型のお魚で、せいぜい育っても6センチくらいでしょうけど、これが熱帯魚だったら、困ったものなのかなあ。

ちょっとドキドキ。

多摩川を護る人達には脱帽ですね。

また変なこと聞いちゃいますが、例えば台風のように大洪水になった時に、お魚達は川の中で何処に非難しているのでしょうねえ。
前から不思議に思っていたの。

NO TITLE

ギャッハ、 こんちは <(_ _)>

初めてのお坊様。。。

釣りを初めて、40年。。。。で、何回有ったかな?

ボウズ。。。

1、2、、、、、、8? 回くらいですかね?

しかも、この1年では4回も有ります。。。

初めてなんて、、、立派です。

タマゾン川は本当です

多摩川は今、すごいことになっていますよ。

アロワナ、レッドテールキャット、ピラニア、スポッテッドガー、オスカー・・・ありとあらゆる熱帯魚が生息しています。

無知な人間が、熱帯魚屋で稚魚が売っているのを見て、成魚がどれくらいの大きさになるかも調べずに買って、大きくなって飼いきれなくなったらポイ。そんなのばっかりです。

縁日で売ってるミドリガメも、すぐに巨大化します。アメリカ原産で、正式名称を『ミシシッピアカミミガメ』と言うのも知らずに、子供にせがまれるがままに買ってしまう。無責任極まりないです。

多摩川に限らず、今、井の頭公園とか、上野不忍池とか、皇居のお堀とかで見られる大きなカメは、十中八九ミシシッピアカミミガメです。顔の横に赤い丸印があるのですぐに分かります。

こうした外来生物の身勝手な放流に歯止めをかけるべく、多摩川では、『おさかなポスト』が設置されています。川崎市多摩区稲田堤に、『おさかなポストの会』という任意団体があります。

山崎さんという方が会長なのですが、私財を擲って活動しています。里親募集を常時していて、学校の水槽や、最後まで飼ってくれる愛好家に無償で提供しています。

保護して預かっている間は全て山崎さんのポケットマネーで飼育しています。

今は、有料会員を集めて運営を続けていますが、経済的には大変そうです。下に山崎さんが活動しているサイトの紹介です。よろしかったらどうぞ。

おさかなポストの会 http://ameblo.jp/osakanapost/
多摩川大学おさかなポスト学部 http://homepage2.nifty.com/gasagasaaqua/

Re: 愚問です(^O^)/

>ガキおやじさん

 はっはっはー!!そうですね。

 shinnrikoは2年半ほど都内を離れて、サイトフィッシングができる海で釣りしたました。
 ちょっとブレましたネ。

 江戸前といえば、高級です。

 神田川も石神井川も近所ですが、そんな工夫がされているのですね。

 話がちょっとそれちゃいますが、多摩川が生活排水の為に水温が上がって、熱帯魚がウヨウヨでアロワナ釣りができるのですか?高く売れる?
 とうとうタマゾン川って呼ばれているの?

 

愚問です(^O^)/

shinnrikoさん:

東京湾のカレイが食べられるか否か・・・んー、それは愚問ってヤツですぜ♪ にゃはは。

何たって、江戸前って言うくらいですからねっ!! 江戸前は蘇りました!!

1960年代、東京湾は死にました。しかし、1971年の『水質汚濁防止法』施行以来、再生への道を歩み始めました。

それまでは、一般家庭からはリン分を多量に含む洗剤液が、企業からは、苛性ソーダ、カドミウム、有機水銀などの、主に表面処理液に使われる工業排水が垂れ流されていました。

しかし、同法の施行以後、これらが厳しく監視され、法律も時代に合わせ6度の法改正を経て、管理項目が増やされ、現在は2006年版の法規で厳しく規制されています。

都心を流れる神田川、石神井川などの小河川は、必ず浄水場で浄化された処理水が流されていますし、多摩川、荒川などの大河川も、周辺からの汚水の流入がなくなったおかげで確実に浄化しています。今、河川に放流できるのは、浄化処理された水だけです。

まぁ、それでも、タンカーなどの船舶があれだけ激しく往来していますので、表層は油が浮いていますが、インモラルな輩が悪さしない限り、東京湾の魚たちはもう問題ありません。

それに、魚種も魚影も絶対に東京湾が一番(だと思っているだけ?)ですから。

ボクは東京湾好きですね。ただし、釣りできるところがどんどん減っています(泣)。それに駐車場もなかなかないし、沿岸は工場だらけだし、そういう意味では『超ハイレベルな釣り』を要求されますね。

Re: 東扇島でボウズですか~

>ガキおやじさん

 東京湾の釣りは超ハイレベルですよ!!
 
 昔はそれでもアジが回ってきていたので、サビキを出せば夕方に釣れたと思うのですが。
 
 ところで、カレイが釣れたら食べられる?
 当然食べられるだろうな!でも勇気がいるな!
 
 昔はメバルも食べちゃいましたが、ちょっとドキドキしました。 

東扇島でボウズですか~

んー、残念でしたね~。

東扇島は、12月になったら本気投げでカレイを掻っ攫おうと目論んでいる候補地のひとつなんですけどね~。

それにしても、初めてのボウズとは恐れ入りました。ボクなんか、10回釣行したら1~2回は必ずスッテンテンのくそボウズですよ(笑)。

もし投げ釣りする機会がありましたら、横須賀市夏島町の『アイクル(ゴミ処理施設)』の釣り岸壁、横浜市金沢区の横浜市大ヘリポート横をオススメします。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。